小技-152- 出会える仕組みができると楽

世の中にはいろいろと便利な仕組みがあります。その仕組みを使うことによっていちいち自分がやらないといけないことを代行してくれます。

例えば

  自動で積み立て貯金

  自動で光熱費の引き落とし

などです。そういう仕組みを使っていない人なんていないでしょう。

では、

  自動で女の子と出会わせてくれる

という仕組みがあったら使ってみたいですか? そもそもそんな仕組みなんてあるのでしょうか?

そういう仕組みは確かに存在しています。ただし売ってはいないんですよ。そういう仕組みを欲しい場合には、自分でその仕組みを作るしかありません。裏技としては、そういう仕組みを持っている人に売ってもらうというのもありますが、なかなか売りに出てこないので、結局は自分で作ってしまうのが一番手っ取り早いです。

その仕組みはツイッター上に作るので基本的にお金はかかりません。自動化するために有料のアプリを使う人もいますが、私は無料のウエブアプリを使っているので、お金はいっさい使っていません。でも毎月数人の20代前半の女の子と出会えています。そしてその仕組みの仕上がり次第では、自分が会いたいタイプの女の子に絞って出会えます。

私の例で言うと、私は若い女の子が大好きなので、18歳から25歳に絞って出会えるような仕組みにしています。それでも時には40歳の女性と出会えてしまうこともあるのですが、嫌なら断ればいいだけの話です。熟女の場合には、写メの交換をして美人なら会うことにしています。

お金儲けで例を出しますが、お金が欲しい時、あなたはどうしますか? 必要な金額とか決められた期日とかでいろいろな選択肢がありますが、普通の人であれば、短期的にできるバイトを探そうとするでしょう。

バイトって時給いくら、っていう稼ぎ方ですよね。安いところなら千円、高くても数千円でしょう。時給一万円を超えるなんて、風俗くらいじゃないでしょうか。時給の高い低いはありますが、バイトでの制約は

  働くのをやめたらお金が入ってこない

ということです。バイトじゃなくても、例えばタクシーの運転手、歯医者さん、弁護士、といえども、働かなければお金は入りません。それが当たり前だと思ってますか?

でも世の中には、働いてないのにお金が入ってくる方法なんて腐るほどあります。それをやれるかどうかは別ですけど。例えば株式の配当、例えばアパートの大家さん、例えば作家の印税、たくさんありますが、実際にそれで生活できるほどの収入を得ている人は一握りです。でも実際にそういう人もいるわけです。昼間はいつもドトールでコーヒー飲んでプラプラして働かず、それなのに毎週のように高級ソープに行ってる人もいるわけですよ。

ちょっとキツいこじつけでしたが、出会いという遊びも全く同じ図式があります。つまり

  作業をやめちゃうと出会えなくなる方法

  何もしなくても出会えちゃう方法

があるわけです。

マッチングアプリで女の子と出会うのは、もちろん作業をやめちゃうと出会えなくなる方法です。会いたい女の子を狙い撃ちでき会話のスキルが高ければ女の子と出会うのは割と簡単な方法ですが、女の子を口説くのをやめてしまえば出会えなくなります。当たり前ですね。

でも何もしなくても出会える方法もあるわけです。そういう方法のひとつが私の 平塚メソッド です。


この続きを見るには記事の購入が必要です

この続きは2,258文字 / 画像0枚 / ファイル0個
小技-152- 出会える仕組みができると楽

小技-152- 出会える仕組みができると楽

SKJ 平塚

3ポイント獲得 ¥300

記事を購入する

すでに購入済の方は、ログイン後に続きを見ることができます。 ログインする


この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
銀行振込・コンビニ決済にも対応。
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

こんにちは、皆さんのナイトライフにお役に立てるノウハウを公開しています。

このライターが書いた他の記事

  • 小技-153- 性欲ある女の子を見つける方法

    ¥1,200 12ポイント獲得
  • 文章には瞬発力はいらない、会話との違い

    ¥700 7ポイント獲得
  • クンニ-001

    ¥800 8ポイント獲得

関連のおすすめ記事

  • ヨシの自分語りその③「マッチングアプリを始めてみたよ」

    ¥3003ポイント獲得
    ヨシ【7つの習慣×モテの発信者】

    ヨシ【7つの習慣×モテの発信者】