米国発行のクレジットカードを取得して一流ホテルの最上級会員になる方法【最新版】

米国発行のクレジットカードを取得して一流ホテルの最上級会員になる方法【最新版】

こんにちは、ヒロと申します。

私はヒルトンやマリオット、ハイアットなど世界有数のハイブランドホテルグループでお値打ちに宿泊する方法、一流レストランでリーズナブルに美味しい食事を楽しむ方法などの情報を発信しています。

私がこんな生活を実現させるきっかけになった出来事があります。

それは「このクレジットカードを取得」したこと。

これはHilton Aspire ヒルトンアスパイア カードと言うアメリカで発行されているクレジットカードです。

このクレジットカードは取得するだけでヒルトンの最上級会員資格であるダイヤモンドステータスを自動的にゲットできます。

そして毎年クレジットカード更新のたびにヒルトンやコンラッド、LXRと言ったヒルトンブランドのホテルに無料宿泊することが出来ると言うスーパークレジットカードです。

私は、この特典を使って家族と毎年のように無料でコンラッドやLXRなどの高級ホテルに宿泊しています。

そのほか、ヒルトン東京やお台場、福岡シーホーク、沖縄瀬底リゾートや北谷、北海道のニセコビレッジなど日本国内のヒルトンブランドホテルは、ほぼ全て制覇していると思います。

それも、ほぼ全て無料での宿泊。

そんな夢のような旅行を実現してくれるHilton Aspire ヒルトンアスパイアカードの魅力については、この動画で詳しく説明してますのでよろしければどうぞ。

Youtube再生

こんな風に米国のクレジットカードを取得すると、このように日本のクレジットカードとは比較にならない様々な恩恵を得ることができます。

✔︎アメリカ発行のクレジットカードの付帯特典の数々

  1. スタートアップボーナスで日欧間をファーストクラスで往復できるマイル獲得
  2. 発行するだけで一流ホテルの最上級会員資格がゲットできる
  3. 利用カテゴリーに合わせて100円で最大6マイル以上が貯まる
  4. 普段使いで全ての買い物に100円で3マイルが貯まる
  5. 日本発行と同等のプラチナカードが年会費半額で手に入る
  6. 日本では発行されていないような付帯特典のついたカードが手に入る
  7. その他もろもろ

発行するだけでヨーロッパまでファーストクラスで往復できるマイルが貰える入会特典や、保有するだけでホテルの最上級会員をキープできる付帯特典。

100円で6マイル獲得できる日本とは段違いのマイル還元率カードなど。

マニアであれば垂涎もののクレジットカードがアメリカにはいくらでもあります。

米国発行のクレジットカードを取得すれば米国でのクレジットヒストリーが貯まり、米国市場のほとんどのクレジットカードを取得できるようになります。

日本国内でのホテルやレストランだけでなく、世界を旅するにも米国のクレジットカードは最強。

毎年のようにビジネスクラスやファーストクラスでヨーロッパやアメリカに飛ぶことができて、超高級ホテルに最上級会員待遇で無料ステイもできます。

金銭価値にしたら数百万円クラスの旅行が、毎年のように無料で出来てしまうわけです。

聞いただけでも夢のような話だと思いませんか?

アメリカでは、このようにクレジットカードの入会特典やボーナス特典を使って超お得に旅行や食事を楽しむなんていうことが流行っていたります。

これを「クレジットカードゲーム」って呼んだりしますね。

日本にもクレジットカードの入会ボーナスや付帯特典を楽しむという情報は結構ありますよね。

マリオットアメックス(旧SPGアメックス)の紹介なんて特に乱立してますよね。(笑)

でも、アメリカのクレジットカード特典からすれば、日本のカード特典なんて正直相当しょぼい。。。

米国クレジットカードの威力を知ってしまったら、日本のクレジットカード特典など全く問題になりません。

「でもアメリカのクレジットカードなんて日本では簡単には手に入らないんでしょ?」

はい、もちろんそんなに簡単ではありません。

でも準備をして、正しい手続きに則っていけば、誰でも高い確率で米国発行のクレジットカードをゲットすることは可能です。

基本的な考え方は日本のクレジットカード取得とまったく同じ。

あなたが1枚でも日本でクレジットカードが発行できたのなら、あなたにも米国発行のクレジットカード取得のチャンスはあります。

今回は私が実践した日本からアメリカのクレジットカードを取得する方法をお伝えします。

✔︎この情報をゲットすることで得られるメリット

  1. 日本在住者がアメリカのクレジットカードを取得することができる。
  2. 一流ホテルの最上級会員ステータスを一撃でゲットできる。
  3. 完全初心者に対応。動画なども使って1から順次説明します。
  4. 様々なアメリカ発行のクレジットカードに応用可。

今回は「Hilton Aspire ヒルトンアスパイア カード」というクレジットカードを取得する方法を解説していきます。

このカードは取得するだけでヒルトンの最上級会員であるダイヤモンドステータスをゲットできるバケモノ級のカードです。

今回お伝えする方法はHilton Aspire ヒルトンアスパイア以外のアメリカ発行クレジットカードも取得できます。

例えば、マリオットボンヴォイのプラチナステータスが付帯されているMarriott Bonvoy Brilliant Card マリオットボンヴォイブリリアントカード。

その他、さまざまな米国クレジットカードがゲットできます。

その中でも私がおすすめしている米国発行のクレジットカードを色々と動画にしていますのでよろしければどうぞ。

Youtube再生
Youtube再生
Youtube再生
Youtube再生

この教材では、米国発行のクレジットカードを取得するまでの手順をかなり細かく説明しています。

そして実際に私がカードを申請した際の動画や、カード会社から受け取ったメールの画像なども公開しています。

この教材の値段

✔︎お値段は99,800円です

私自身、この金額はかなり安いと思っています。

この値段にした理由はいたってシンプルです。

私がアメリカのクレジットカードを取得したいと思ったきっかけは、ヒルトンのダイヤモンドステータスを取得したいと思ったことでした。

多分、米国発行のクレジットカードを取得したいと思っている人の大半は、私と同じような理由だと思います。

ホテルステータス獲得、ファーストクラスでの旅行etc。

例えばホテル修行に必要な金額は、通常20〜30万円はかかりますよね。

ヒルトンダイヤモンド修行はステータスマッチで最短取得目指しても18泊必要なわけです。

それなら、どれほど安いヒルトンブランドホテルに宿泊しても最安で15〜20万程度はかかるわけです。

2年目以降は通常通り30滞在が必要なわけですから、宿泊費など諸々考えたら40〜50万円以上は必要になると思います。

それがHilton Aspire ヒルトンアスパイアカードをゲットしてしまえば、カードを毎年更新するだけでダイヤモンドステータス維持が可能。

さらに現在、Hilton Aspire ヒルトンアスパイアカードはスタートアップボーナスとして15万ヒルトンポイントがゲットできるキャンペーンを実施中です。

アメリカンエクスプレスUS

15万ヒルトンポイントっていうと結構すごいポイント数です。

ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resortsに1泊分(9.5万ポイント)

ヒルトン東京に1泊分(4.9万ポイント)

ROKU KYOTO, LXRやヒルトン東京みたいな高級ホテルでも2泊分無料で泊まれちゃうくらいですね。金額でいえば12万円くらいの価値になります。

それからHilton Aspire ヒルトンアスパイアカードには週末無料宿泊券がついてきます。

ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resortsのオンシーズンで使えばこんな金額分の価値になりますね。

17万3,460円の宿泊料金が無料です。

更に、それだけでは無いです。

Hilton Aspire ヒルトンアスパイアカードには、毎年もらえるリゾートホテルクレジットが250ドル分ついています。

日本円でざっと2万8,000円くらいが、カード更新時に毎年もらえるわけですね。

このホテルクレジットはリゾートカテゴリに分類されるヒルトン系列ホテルの宿泊料金としても使えます。

日本だとヒルトン沖縄北谷リゾートとかヒルトン小田原リゾート&スパとかですね。

2万8,000円あればヒルトン沖縄北谷リゾートに無料で1泊できちゃいます。

つまりHilton Aspire ヒルトンアスパイアカードを取得できるようになるということは

  1. スタートアップボーナス   約12万円分
  2. 週末無料宿泊特典      約17万3千円分
  3. リゾートホテルクレジット  約2万8千円分

最低でも合計32万1000円分くらいのキャッシュバックがあるようなものです。

しかも毎年年会費を払って保持し続けるだけで

  • カードを保有し続ける限りヒルトンダイヤモンド維持
  • 毎年カード更新時に週末無料宿泊特典とリゾートホテルクレジット獲得
  • それ以外にも特典わんさか

これと同じことを毎年しようと思ったら、普通は40〜50万円くらいの金額がかかり続けるわけです。

それを10年続けたら400〜500万円って。。。

これだけの特典が得られるノウハウに99,800円って言う値段が高いと思います?

むしろ教材の値段は上げていく予定です

おかげさまで、この教材は販売開始から既に多くの方にご購入いただいています。

ただ今後、購入者の方が更に増えていったらタイミングを見て値段を少しづつ上げていく予定です。

理由は単純に、このノウハウの実践者が増えてしまってホテルのラウンジが混雑してくるのが嫌だからです。

それなりに上級会員への敷居が高いからこそ、ある程度の均衡が保たれているわけですので。

アメリカのようにヒルトンブランドのホテル数が多い国であれば良いのでしょうが、日本のように十数か所程度では上級会員が増えすぎてしまうと、かなりの影響がありますからね。

このHilton Aspire ヒルトンアスパイアカードは、その均衡を破壊してしまうほどのパワーがあるカード。

だから日本のヒルトンプレミアムカードはHilton Aspire ヒルトンアスパイアレベルの特典がつかず、200万円決済などの条件がついたのでしょうね。

そんなわけなので、ご興味がある方はお早めにどうぞ。

教材を購入する前の注意点

注意点があります。以下の3つです。

  1. 教材を買っただけでは意味がありません。
  2. クレジットカード取得を100%保証するものではありません。
  3. カードの取得にはある程度の時間がかかります。

言われなくてもわかっとるワ!と怒られそうなほど当たり前の話ですが、念のためです。

まず教材を買っただけで、クレジットカード会社があなたにカードをくれるわけではありません。

手順に則ってやるべきことをキチッとやるのはあなたです。

次にクレジットカード取得を100%保証するものではありません。それはアメリカのクレジットカードに限らず、日本のクレジットカードだって同じです。

それから取得にかかる時間は人によって様々です。

米国発行のクレジットカードを取得するためには準備するものがいくつかあります。それをすでに持っている人であれば取得までの時間は早いでしょう。

私が初めて米国クレジットカードを取得した時はざっくり2ヶ月程度かかりました。

逆にまったく下地の無い人は最低でも6ヶ月〜1年くらいの期間はかかると思ってください。

とは言え、たかだか1年程度で「米国発行のクレジットカード」が作れるのなら、その後に待っているメリットは計り知れませんよね。

内容を部分的に「無料公開」します。

前半部分は無料公開します。

内容の質が気になる方もいると思いますので前半部分は無料公開します。実際に読んでみて「これはガチだな」と思ったら、購入をご検討頂ければと思います。

なお核心的な要素はこの前半部分で書いちゃっています。勘の良い人であればこの内容だけで行けちゃうかもしれません。

実際のところ、米国発行のクレジットカードを発行するために必要なことは日本で発行する場合とほとんど変わりませんので。

日本で生活していれば当たり前のことを、アメリカに置き換えてやるだけですから。

それでは早速、内容に入っていきましょう。

米国発行のクレジットカードを取得するというパラダイムシフトが世界を変える

これは何もクレジットカード取得に限らず全てのことに言えることです。

自分の中で、いかに既存の考えから脱却してパラダイムシフトを起こすか。

これだけで目の前に広がる世界がまったくの別次元に変わります。

ちょっと昔話をさせてください。

上にも書きましたが、私が米国発行のクレジットカードを取得したいと思ったきっかけはホテルの上級会員になりたいと思ったことです。

あるホテルの上級会員待遇を受けたことがきっかけで、それまで私が持っていたホテルというものに対する価値観が完全に変わったのです。

やっぱり高級ホテルと言ったらラウンジでしょ。

ある時、友人と飲むことになったのですが連れて行かれたのがコンラッド東京のエグゼクティブラウンジ。

彼はヒルトンのダイヤモンドなので頻繁にコンラッドには宿泊していたんですね。

そこで経験した上級会員としての待遇とホテルのホスピタリティにとてつもなく感動したんです。

もともとホテルなんて寝れれば十分と思っていた私でしたが、こんな世界があったのかと大きな衝撃を受けました。

上級会員になれば、普通の会社員である私でもこんな待遇を得られると知って「自分も上級会員になってホテルステイを満喫したい」と資格取得の方法を調べ始めました。

調べてみるとヒルトンだけでなく、マリオットやハイアット、シャングリラなど色々なホテルが独自の会員プログラムを展開しているんですよね。

そんな情報を貪り漁っていた時に、あっちこちで溢れていた情報がこれ。

当時はSPGアメックスというクレジットカード(今はマリオットカード)がありまして、このカードを取得するとマリオットボンヴォイのゴールドエリートになれたんですね。

年会費が3万円以上しますが、年度更新毎にマリオット系列ホテルに一泊無料で宿泊できるという特典つき。

よしっ、と思い早速入会したのが私のホテル沼が始まったきっかけです。

まあ、所詮はゴールドですわ。

ただ、このSPGアメックスはマリオットのゴールドエリートが付帯するだけ。これだと正直ホテル待遇にほとんどメリットは感じませんでした。

もともと私がホテルの上級会員に関心を持ったのはラウンジアクセス権がもらえること。

魅力的な空間で好きなお酒を心ゆくまで楽しめるというメリットを享受したいと思ったからです。

なんとか、もっとホテル会員のメリットを享受できる方法が無いものか。

そこで見つけたのがステータスマッチという方法でした。

ステータスマッチという近道

色々と調べていた時に知ったのが、マリオットに限らず有名なホテルにはそれぞれ会員プログラムがありランクも様々であると言うこと。

そして会員ランクによってはラウンジに入ることが出来ないと言う事実。

まぁ、友人もヒルトンダイヤモンドだったし、考えてみれば当たり前ですよね。

ラウンジアクセスが可能になるのはマリオットボンヴォイであればプラチナエリート、ヒルトンであればダイヤモンドステータスからです。

それなら、それぞれのホテル会員の中で一番簡単にラウンジアクセスができるステータスを獲得する方法はなんだろうと思って情報を探しました。

そこで見つけた情報が「ステータスマッチ」。

私はSPGアメックス特典であるマリオットのゴールドエリートだったので、これを使ってまずはヒルトンのゴールドステータスにステータスマッチ。

その後、3ヶ月以内に所定数の宿泊をすればダイヤモンドにもなれる。

これは簡単だと、早速申し込みをしてホテル修行。

2ヶ月ほどで、めでたくヒルトンダイヤモンドになることができました。

よし、これで好きなだけラウンジでお酒が飲めるぞ〜。

ステータスマッチの限界

それからはヒルトンやコンラッドに足繁く通いラウンジを楽しむ日々となりました。

ただ、そんな楽しい日々を過ごすうちに気づいたのが「これずっと継続するには毎年ヒルトンに30滞在60泊しなきゃいけないんだよね」というゲンナリする事実。

ステータスマッチは基本的に1度しか利用することができません。

つまり次年度以降にステータスを維持するためには普通に宿泊実績を積む修行が必要になるわけです。

例えばヒルトン系列の安いプロパティに宿泊するにしても60泊ともなれば交通費諸々なども考えれば普通に50万くらいにはなります。

50万円あればちょっといいお店でも相当回数通えますよね。

あれ?本末転倒じゃね??

なんか違う・・・。

私がやりたかったのはお値打ちに最高の空間で好きなお酒を飲むこと。

そのために始めたホテル利用だったのに。

いつの間にかホテルステータスを維持するために大金を払い労力を使うことになってしまう。

「これは違う」

そう我に返った私は、もう一度ホテルステータスに対する原点に立ち返りました。

お値打ちに好きなタイミングでお酒を飲むためにホテルステータスをゲットする方法はないだろうか?

米国発行のクレジットカードを取得すると言うパラダイムシフトが世界を変えた

それからはひたすらホテルステータスをゲットするための情報を貪りあさりました。

でも、YouTubeやブログなどに出てくるのは、ありきたりで聞いたことある情報ばかり。

これではダメだ。

やっぱり王道にホテルステイを繰り返すしか無いのかなぁ。

そんな気落ちした時に思い出したのが、コンラッド東京のラウンジで見た光景。

「そう言えばラウンジには外国人がいっぱいいるよなぁ。海外でも60泊とかしてホテルステータスをゲットしているのだろうか。」

もちろん如何にもっていう人もいましたけど、私がホテルラウンジで見てきた海外の人たちの大多数はホテルステイにそこまでお金かけていそうな金持ち風の方々ばかりではなかったんです。

そんな風景を思い出してから、なんとなく海外の情報に目を向けると目に飛び込んできたのが「Hilton Aspire ヒルトンアスパイアカード」。

「えっ、なにこれ?!これ取得しただけでヒルトンダイヤモンドになれるの??」

青天の霹靂とはまさにこのことでしたね。

パラダイムシフトという言葉の意味が本気で腹に落ちた瞬間でした。

アメリカのクレジットカードの魅力

そのあとは貪るようにアメリカのクレジットカード情報を漁りました。

そしてアメリカではクレジットカードを戦略的に発行することで様々なメリットを得ることができることを知りました。

これを「クレジットカードゲーム」と言います。

米国のクレジットカードは、ホテルのエリートステータスや空港ラウンジへのアクセスなど、国内外を問わず大きなメリットをもたらします。

Hilton Aspire ヒルトンアスパイアカードも然り。

このカードは取得しただけでヒルトンダイヤモンドステータスを即座に得ることができます。

ご存知の通り、ヒルトンダイヤモンドステータスを普通に獲得するには、ヒルトンで年間60泊する必要がある。

それをクレジットカード1枚取得するだけで一撃ゲットですよ。

断言できますが、世界レベルで旅行や食事、その他のアクティビティを盛り上げることを真剣に考えているのであれば。

あなたも、この米国クレジットカードゲームには絶対参加する必要があります。

私は完全に遠回りしていました。

私はホテル上級会員のステータスゲットについて完全に遠回りしていましたが、その理由は単純に世の中にある情報を鵜呑みにして思考停止状態だったことです。

日本で出回っているホテルの上級会員になるための方法は結局3つしかありません。

  1. ステータスマッチ
  2. ヒルトンプレミアムとか日本発行のクレジットカードを取得
  3. コツコツと宿泊実績を貯める

これらは本当に誰でもできる方法ですけど、結局は1年限定とか、付帯作業(ヒルトンプレミアムカなら年間200万円以上の決済が必須)するとか。

結局、かなりのお金と労力が必要だったり、過不足のあるものばかり。

でも私が求めていたのは

「ほとんどお金や労力をかけずにホテル会員になり、最高の空間で好きなお酒を好きな時に飲むこと」

いつの間にかホテルの上級会員になることが目的になってしまってホテル修行などと言う本末転倒なことにならないこと。

好きな時に好きなホテルラウンジで好きなお酒を思う存分楽しむ最高のホテルライフですね。

ここをストレートに実現してくれる情報が無い。

それなら私が発信します。

そんなわけでいよいよ取得に向けた具体的なステップに入っていきたいと思います。

米国発行のクレジットカードを取得する前に知っておきたい事実

さて、これからアメリカのクレジットカード取得までの話をしていきます。

ただ、その前に大前提としてあなたが知っておかなければならない大切なことがあるんです。

それは「アメリカでクレジットカードを発行するのはアメリカ人でも簡単ではない」ということです。

アメリカにはクレジットスコアと呼ばれる全ての人の信用力を数値化する制度が採用されています。

そのスコアがある程度ないとクレジットカードを発行することができないのです。

クレジットスコアについては、この動画で説明しています。

Youtube再生

アメリカ国籍を持つ生粋のアメリカ人でも、このクレジットスコアを上げるのは結構大変。

クレジットカード履歴や利用期間、支払い状況など様々な要素を積み上げて、少しづつクレジットスコアを上げていきます。

これがアメリカ国籍を持たない外国人なるとさらに難易度は上がります。

当然、米国のクレジットスコアはアメリカ国内で発行されたクレジットカードの利用を前提にスコアを決めていきます。

そのためアメリカのクレジットカードを持っていない外国人がクレジットスコアを上げることは基本できないわけです。

あれ?おかしく無い??って思ったあなたは鋭い!!

それなら普通のアメリカ人だって学生とか若者はクレジットカードを最初は持っていないですよね。

彼らはどうやってクレジットスコアを上げるの?と疑問を持つと思います。

実はこれにはいくつか方法があります。

クレジットスコアを上げていく一般的な手順

一般的なのはアメリカの銀行が口座開設者に発行してくれるカード。

セキュアード・クレジットカード(Secured Credit Card)と呼ばれる、預金口座とリンクしたクレジットカードを取得することです。

これは与信枠が定められたクレジットカードではなく銀行口座内の金額まで使えるカード。

まぁ、デビットカードみたいなものですね。

これで利用履歴、返済履歴をしっかりと積んで、その実績に基づいて正規のクレジットカードを発行する流れになります。

これならクレジットヒストリーの無い人でも比較的簡単にカードを作ることができます。

ただ、これも我々のような日本に在住している人間には難しい。

基本的にアメリカの銀行は、口座開設をする際にSSN(ソーシャルセキュリティナンバー)と呼ばれる社会保障番号が必要となります。

これはアメリカ版のマイナンバーみたいなもので、個人を特定するために使われる番号です。

アメリカで生まれた人、アメリカで働いて税金払っている人(駐在員とか)はこのSSNを取得できます。

そして、このSSNに個人の信用情報はすべて結びついてきます。

ただ我々のようなアメリカ国外に在住する人は、基本的にSSNを取得することができません。

つまり銀行口座を開設するためのSSNが、そもそも手に入らないわけです。

そして、クレジットカードを取得する時にも申請の際にSSNが必要になってくる。

「もう八方塞がりじゃんっ」て思うかもしれませんね。

でも、ご安心ください。

その状況を打開する方法はちゃんとあるんです。

アメリカ人でさえ敷居の高いアメリカのクレジットカードを、我々のような日本に住む外国人が発行する方法があります。

それが今回、あなたにお伝えする内容です。

それではこれから順を追って説明していきますね。

米国発行のクレジットカード取得に必要なものはこれだけ

米国発行のクレジットカードを取得する上で必要なものってなんでしょう。

  1. アメリカの住所
  2. アメリカの銀行口座
  3. アメリカでのクレジットヒストリー

結局必要なのはこの3つの要素だけなんですよ。

他にも細かいものは諸々あるんですけど、とにかくこの3つさえなんとか出来ればアメリカのクレジットカードを取得することができます。

これって日本でクレジットカードを発行する際も一緒ですよね。

クレジットカードに登録する現住所と引き落とし用の銀行口座。

そして日本でのクレジットヒストリー(信用履歴)。

これだけあれば日本のクレジットカードって取得できるじゃないですか。

それはアメリカでも全く同じなんです。

ただ、これが国を跨いで外国のクレジットカードを取得しようと思った瞬間に敷居がとてつもなく高くなる。

結局、この3つをどう切り開くかが勝負なわけです。

ぶっちゃけ、これを自分でどうにか解決できた人は、この先を読む必要はありません。

あとはアメリカのクレジットカードゲームを思う存分楽しんでください。

それでは、アメリカのクレジットカードを取得するために必要な3つの要素の解決方法について解説していきます。

ここから先は有料です😌

ここまでご覧頂きありがとうございました。


この続きを見るには記事の購入が必要です

この続きは15,120文字 / 画像40枚 / ファイル0個
米国発行のクレジットカードを取得して一流ホテルの最上級会員になる方法【最新版】

米国発行のクレジットカードを取得して一流ホテルの最上級会員になる方法【最新版】

ヒロ

998ポイント獲得 ¥99,800

記事を購入する

すでに購入済の方は、ログイン後に続きを見ることができます。 ログインする


あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

このライターが書いた他の記事

  • 米国発行のクレジットカードを取得して一流ホテルの最上級会員になる方法

    ¥99,800 998ポイント獲得

関連のおすすめ記事

  • 【3500円以下限定】【超格安】【駅近】短時間で安く休憩できるコスパ最強のおすすめラブホテル、レンタルルーム(渋谷、新宿、池袋、上野、錦糸町、五反田)

    たぴさん@ハプニングバー観光大使

    たぴさん@ハプニングバー観光大使