今度はきっと大切に育てるからね、新たに迎えた観葉植物たち

もともと、植物を育てることが好きでした。幼い頃に祖父が庭でたくさんの花々を育てていたからだと思います。

学生の頃に植物に関する授業を選択し、その縁で自宅に観葉植物を迎えることになりました。しかし、日当たりと温度、水やりなどの環境が悪く、ドラセナは枯れてしまいました。十年以上経った今も健在なのは観葉植物の代表格であるポトスだけです。

ポトスを育てているうちに、もっと他にも観葉植物を育ててみたいと思うようになり、縁あってホヤという植物やカラテアを最寄りの直売所で購入しました。どちらも珍しい部類の観葉植物です。ホヤは日光と水やりなどの環境が整うと花を咲かせてくれる植物で、カラテアはどんどん葉を茂らせる植物です。数ある中から自分好みの子を選んだので愛着がわき、毎日、霧吹きを欠かさず行っています。

また、先日は100均で昔、枯らしてしまったドラセナと出合い、好みの子がいたのでうちに迎えることにしました。パープルコンパクタという品種でクラシックな葉の色に太陽光が当たると紫色に見える、かわいらしい子です。まずは今の鉢いっぱいに大きく育てて、株分けで増やしていけたらいいなと思っています。


この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

この記事のライター

島村富優子(しまむらふゆこ)がTips始めました!note⇒https://note.com/shimamurafuyuko アメブロ⇒https://ameblo.jp/shimamurafuyuko 公式⇒https://www.cautionbrewingco.com/ https://www.tootyunggallery.com/

このライターが書いた他の記事

  • 生き急いでしまった若かりし頃があったが今では時間に余裕がある

  • 古事記と日本書紀って違うの?作成意図の違い

  • 中国のドラマ「ラブ・デザイナー 〜恋のお仕立てはじめます〜」

関連のおすすめ記事

  • 『 壊れるほど好きだった”君”へ 』《 GOLD BLOSSOM版 》 ー金色に波打つ涙― Full Volume VER.

    ¥6,00060ポイント獲得
    SYU-YA 69

    SYU-YA 69