アロマテラピーなどに利用する精油の働きを知ろう

たくさんの化学物質が集まってできた有機化合物である精油は、私達の心とカラダに様々な働きをします。精油の成分には、いったいどんな働きがあるのか、精油のもつ様々な働きについても学びましょう。

古くから身近にある植物を利用してきて、病を癒してきましたが、精油成分の作用は大きく分けると3つに分類できます。

生理作用は呼吸や体温調節になりますが、何かとストレスが多い現代社会では日常生活で上手に精油を利用することで、心身のダメージを軽減できるのです。

次に心理作用です。ある香りを嗅いだときに忘れていた記憶を取り戻したり、懐かしい思いを抱くことがあります。これを利用してアロマテラピーを心理療法に応用し、サイコアロマテラピーという分野にも期待が高まっています。

さらに生体リズム調節作用にも働きかけます。私達のカラダは心臓の脈拍、呼吸、女性の月経周期など、絶え間なくリズムを刻んでいます。しかし、不規則な生活でリズム障害とよばれる症状を招くと、時差ボケしたような生活を強いられます。精油は現代人のリズムの回復にも大いに役立っています。


この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
銀行振込・コンビニ決済にも対応。
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

島村富優子(しまむらふゆこ)がTips始めました!note⇒https://note.com/shimamurafuyuko アメブロ⇒https://ameblo.jp/shimamurafuyuko 公式⇒https://www.cautionbrewingco.com/ https://www.tootyunggallery.com/

このライターが書いた他の記事

  • 韓国ドラマ「夜食男女」料理がメインで登場する

  • 中国のドラマ「ラブ・デザイナー 〜恋のお仕立てはじめます〜」

  • ドラッグアンドドロップだけで簡単にできる無料ホームページ作成サービス”Wix”のご紹介

関連のおすすめ記事

  • パワーマジックフライヤーXLのレビュー…唯一悪いところはココ!

    R-Style編集部

    R-Style編集部