ドイツの名窯・フッチェンロイターの陶磁器の歴史と特徴

フッチェンロイターは、ドイツの名窯として知られている陶磁器のメーカーです。バイエルン地方にあり、この地域のシンボルとなっている「ライオンマーク」が付いているのが特徴です。エレガントで繊細な印象の食器が多く、純白の素地と細かなレリーフが多くの人を惹きつけています。広く知られる代表的なデザインには「ブルーオニオン・プレミアム」や「アマリエンブルク」などが挙げられます。フッチェンロイターの歴史は長く、創業したのは1814年のことでした。創業者はカルル・フッチェンロイターという人物で、バイエルン地方で白磁の原料を発見したことから工房が開かれたという歴史があります。当初は王立の窯がすでにあったことから、民間の窯は認められませんでした。しかし窯を開くことを熱心に頼み続け、1822年になってようやく政府から認可されたのだそうです。この窯で作られる陶磁器の特徴といえば、手作業による絵付けが挙げられます。創業以来の伝統を受け継ぎ、手作業を重んじているところにこのブランドならではの拘りが感じられます。


この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

この記事のライター

島村富優子(しまむらふゆこ)がTips始めました!note⇒https://note.com/shimamurafuyuko アメブロ⇒https://ameblo.jp/shimamurafuyuko 公式⇒https://www.cautionbrewingco.com/ https://www.tootyunggallery.com/

このライターが書いた他の記事

  • 生き急いでしまった若かりし頃があったが今では時間に余裕がある

  • 古事記と日本書紀って違うの?作成意図の違い

  • 中国のドラマ「ラブ・デザイナー 〜恋のお仕立てはじめます〜」

関連のおすすめ記事

  • 「一緒にいると癒される」と言われたら好意があると期待していいの?

    街コンまとめ

    街コンまとめ