生き急いでしまった若かりし頃があったが今では時間に余裕がある

なぜ若い人は急いで生きてしまうのか?今になって思えば謎でしたが、お金や時間に余裕がなかったからだと思っています。

急いで生きていてもいいことなど全然ありませんでした。

何歳までに何かをしなければならない決まりはありません。

年を取ってからでも、いくらでもできることに気づきました。

若くして成功したい気持ちがあると、後の人生が苦しくなります。

人生は年を取ってからの方が長いからです。

自分が20代後半の時、悩みを抱えて生きていたことがあります。

先が見えない不安や、年を取るスピードが早くなってしまったことです。

時間は待ってくれないと思うと、自分は何がしたいのか迷いがありました。

これが自分の生きる道がなかったので、生きづらさを痛感していました。

年を取るのは誰でも嫌なので、できることなら戻りたいですが、戻っても同じことです。

自分は自分なので変わることはありません。

同じミスをして、何度も繰り返すのが人間です。

自分と向き合うことで何かが見えてきます。

マイペースで生きるのが自分には合っていました。


この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

この記事のライター

島村富優子(しまむらふゆこ)がTips始めました!note⇒https://note.com/shimamurafuyuko アメブロ⇒https://ameblo.jp/shimamurafuyuko 公式⇒https://www.cautionbrewingco.com/ https://www.tootyunggallery.com/

このライターが書いた他の記事

  • 古事記と日本書紀って違うの?作成意図の違い

  • 中国のドラマ「ラブ・デザイナー 〜恋のお仕立てはじめます〜」

  • パッケージデザインをする際にポイントになること

関連のおすすめ記事

  • スピリチュアルチャネリング鑑定は怪しい?口コミで話題の占いサイトを調査してみた!

    占いレシピ

    占いレシピ