パッケージデザインをする際にポイントになること

パッケージデザインは商品によって異なっています。なぜなら、それぞれの品物に合ったデザインにする必要があるからです。一般的にパッケージのデザインは、商品を魅力的に見せるために作られています。色やデザイン・素材などが、それぞれの商品に合っているのはもちろんのこと、実用性も考えて作られているのが特徴です。見た目の良さも大切なポイントとなりますが、商品を保護することも重要です。さらに扱いやすさも考える必要があります。パッケージは身近な食品や飲み物、日用品など様々な商品に合わせてデザインされています。実用性というと商品の品質を保つため、と思われがちかも知れません。確かに商品を保護して、品質を保てるようにすることは大切です。しかしそれだけでは十分であるとはいえないでしょう。というのもパッケージそのものが、扱いやすいように作られている必要もあるからです。外見の良さに関しても、単に見た目がよいだけでなく商品のコンセプトに合っているか、陳列されたときの見栄えが良いか考えることが求められます。


この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

この記事のライター

島村富優子(しまむらふゆこ)がTips始めました!note⇒https://note.com/shimamurafuyuko アメブロ⇒https://ameblo.jp/shimamurafuyuko 公式⇒https://www.cautionbrewingco.com/ https://www.tootyunggallery.com/

このライターが書いた他の記事

  • 生き急いでしまった若かりし頃があったが今では時間に余裕がある

  • 古事記と日本書紀って違うの?作成意図の違い

  • 中国のドラマ「ラブ・デザイナー 〜恋のお仕立てはじめます〜」

関連のおすすめ記事

  • 『 壊れるほど好きだった”君”へ 』《 GOLD BLOSSOM版 》 ー金色に波打つ涙― Full Volume VER.

    ¥6,00060ポイント獲得
    SYU-YA 69

    SYU-YA 69