【30部突破】『2021.11.19確認済み』【Tinder垢BAN者必見】これまでと同じスマホ端末で新たにアカウント登録する方法

【30部突破】『2021.11.19確認済み』【Tinder垢BAN者必見】これまでと同じスマホ端末で新たにアカウント登録する方法

(2021年11月19日アカウント作成実行&確認済み)

ついにTinderアカウントが復活しました!!!

それまで彼女ゼロで女性との出会いには全く無縁だった大学生が、Tinderというアプリを使って数多くの女性とマッチしてきた制裁として垢BANを喰らったが、そこから再度脱却した方法を公開します。


『意味もなくTinderが垢BANした』
このように感じている方は多いと思います。

私の考察では、可能性は以下がメインとは思いますが無限に考えられます。

  • ◎有名人の写真をプロフィールに登録した
  • ◎明らかに直接的な卑猥な言葉を大量に使っていた
  • ◎女性側から通報されすぎた
  • ◎ネカマがバレてしまった
  • ◎一時期流行った女性で登録→男性に変更で一時的にマッチを量産していた
  • ◎犯罪、ネットワーク、他ビジネスなど勧誘を促す言葉を使用していた
  • ◎自動スワイプ、業者に間違えられるような使い方をしていた
  • ◎アカウント削除→再登録を繰り返し行なった


ざっと思い付くところを挙げてみましたが、他にも理由はあると思います。
みなさんも一つや二つ思い当たる節があるのではないでしょうか?

絶対はありませんが、上記行動は垢BAN対象となるので今後復活した際には、控えることをお勧めします。
せっかく復活したところで、再度垢BANになっては勿体無いです。



〜私のTinder人生〜

私の人生、というかモテ人生はTinderに支えられたと言っても過言ではありません。

初めてTinderアプリをダウンロードしたのは、2016年の事でした。
当時『ぎゃるる』や『ひまトーク』など、不特定多数の人とチャットが出来るアプリが横行していた中で、彗星の如く現れたTinderと呼ばれるアプリ。

『ハッピーメール』や『ワクワクメール』のようないわゆる出会い系サイト的な特徴を持ちながら、無課金で出来るという衝撃を当時受けたのを覚えています。

その当時はまだユーザーもほとんど居らず、都心部にも関わらずに10人スワイプしたらユーザーがいないと表示されたりで、100名スワイプなんて到底叶わないことでした。
以前は電話番号認証もありませんでしたので、Facebookアカウントを使用してTinderアカウントを4つ作り、その全てで効率よく回していくというまさに無敵のようなTinder生活を約3年ほどしていました。

話は逸れましたが、私はそれほど長年Tinderを使用しているので、セキュリティ強化や規制が厳しくなる様も目の前で見てきました。
一つの電話番号しか持たずにアカウント4つを自由に操るという異例のユーザーとして、長期間Tinderと共存してきたのも事実です。

しかし、そんな私も徐々にTinderの規制強化の餌食になっていきます。
最大4つのアカウントを持っていた私は、ついにアカウントを全て失ってしましました。

ブラウザ版もこの通りです。



この画面を見て、絶望に駆られた方も多いと思います。
今までのモテ人生が嘘のように、一気に女性との新規出会いを絶たれたような気分になりました。。。

そしてTinderの歯痒いところは、異議申し立てを一切受け付けていないと言うところ。


自分に非がなくとも、どんな行動が悪かったのかを確認しようとしても、それは後の祭り。
諦めて『タップル』や『with』をやろうと気持ちを切り替えてみました。

しかし、私のネトナン人生はTinder無くては一向に前に進みません。
今の時代、ネトナンも主流になってきましたがその中でも最も代表的なのがTinderだと思います。

理由は、

①無課金で出会える
②貞操観念の低い子が多く他アプリと比べられない程スムーズ
③可愛い子が多い

やはり理由を挙げるとTinderがいかに最強かが良く分かります。

こんなあからさまなテキストを拝めるのは、どんなに探し回ってもTinderだけでした。

僕も年間100名以上の女の子とTinderを通して出会い、楽しい関係を築いてきたのでこのTinder垢BANが我々の人生にどれ程の影響を与えるのかは痛いほど良く分かります。


そこで私は約2ヶ月もの間、海外サイトを漁り、多数の電話番号と資金を無駄にしながら何度も試行錯誤を繰り返し、これまでの傾向や複数アカウントを保持していた時の事を冷静に分析することを続けた結果、ようやく、やっとの想いでアカウント復活を成し遂げることが出来ました。



これは、Tinder垢BAN者にとっては希望の光だと思います。
あのとびきり可愛い子や、めちゃめちゃシコい子と簡単にマッチするあの感覚を知っている人は、是が非でも取り返したいと思うはずです。
と同時に、私自身にとってはライバルを増やす事になるので過度の流出は避けたいのも事実です。

友人でもTinderの垢BANを喰らい、なんとかして復活させたいと思っている人は何人もいます。
しかし、彼らには私の手法は伝えていません。
長い時間と多額のお金を投じて復活させた方法を、そう易々と他の人に譲る気は無いのです。

ではなぜ、今このような文章を書いているのか。
それは、同じTinder攻略の仲間を今後増やしていきたいからです。

私自身Tinderには非常に助けて貰ったし、大切なことは全てTinderが教えてくれたと思っています。
このTinderとともにあるネトナン生活を生業にする人たちと繋がり、もっと楽しいことを熱く語れる日を夢見て現在執筆に勤しんでいます。

むしろ、こんなマイナーなnoteを読んでくださるあなたはむしろ同種、仲間意識さえ感じてしまうのです。
だからこそ、今の絶望感を払拭し、元のTinderを使ったイージー生活を歩んでほしいという想いからこのnoteを執筆しています。

これを最後まで読んだあなたは、夢と希望に満ちて以前のような下心と期待感を胸に画面に映る美女を厳選しながらスワイプをしている事でしょう。

それでは、早速Tinderアカウント再登録の手法をお伝えしてきます。

【Tinder垢BAN者必見】
〜これまでと同じスマホ端末で、
さらにSIM契約も不要でアカウントを再度登録する方法〜

前提として、こちらの手法は同じスマホ端末でアカウントを再登録する手法を伝授しています。

みなさんもご存知かとは思いますが、Tinderアプリはスマホ端末&電話番号からアカウントを登録することが出来ます。
と言うことは、新しい番号、新しい端末があればアカウント登録は余裕と言うことです。

しかし、それには金銭的負担が大きいことは重々承知です。
これを読んでいるあなたも、それはご存知だと思います。

例えば、メルカリやフリマアプリで新しい端末を購入するのに約1万円、そして2つ目の電話番号契約に最低でも3,000円がかかります。

金銭的余裕がある方はこの手法でも登録が出来るかとは思いますが、それが出来る人はこんな記事は探さずにとっくにアカウント登録している事と思います。

しかしそこには大きな落とし穴がありました

何を隠そうもっぱら私は、いわゆるTinder依存症の為、出勤中や移動中などありとあらゆる隙間時間にもTinderのメッセージを確認したいタイプです。
そんな私がTinder専用のスマホを持ち歩くのは非常に面倒だと思い、同じ端末で新しい番号を使って復活を試みたのです。

結果は………

相も変わらずの見覚えのあるページ⁉︎
新しい電話番号が一瞬で無駄になってしまったのでした。

理由としては、垢BAN時のTinder側に記憶される情報を把握しきれていなかった為です。
今後その電話番号はTinderでは一切使用できなくなるので、このような無駄な事は絶対にしないことを強くオススメします。


なので、皆さんには同じような過ちは犯して欲しくありません
同じように無駄な出費はして欲しくありません

なので、私は同じ端末の継続使用&新規電話回線契約不要に拘って復活を試みてきました。
同じような不安を抱えていた方は、安心してこの手法を試してほしいです。
この手法はiphone、Android共に使用できるので安心してご使用ください。

それでは、実際にアカウント復活の手法を伝えていきます。


それでは、実際に復活させていきます。


この続きを見るには記事の購入が必要です

この続きは2,403文字 / 画像4枚 / ファイル0個
【30部突破】『2021.11.19確認済み』【Tinder垢BAN者必見】これまでと同じスマホ端末で新たにアカウント登録する方法

【30部突破】『2021.11.19確認済み』【Tinder垢BAN者必見】これまでと同じスマホ端末で新たにアカウント登録する方法

shougo_08

15ポイント獲得 ¥1,500

記事を購入する

すでに購入済の方は、ログイン後に続きを見ることができます。 ログインする


あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

関連のおすすめ記事

  • 誰でも明日から撮れてしまう!女子ウケ&インスタ映えするカフェ写真の型!

    ¥1,98019ポイント獲得
    半蔵@マッチングアプリ用カメラマン

    半蔵@マッチングアプリ用カメラマン