『Tメソッド(2021年版)』~行政書士試験に爆速で短期合格する極意~

『Tメソッド(2021年版)』~行政書士試験に爆速で短期合格する極意~

❖この記事自体は「Tメソッド」の魅力を伝えるための記事なので「全て無料」でお読み頂けます

✓自己紹介

私のプロフィールは以下の通りです。(2021.11時点)

年齢:アラサー 講師歴:約11年

経歴:19歳で大学受験生指導開始。25歳頃、行政書士試験一発合格。その後、大学受験生指導から行政書士試験受験生指導に転向。Youtubeチャンネル登録者9,000名無料LINEコミュニティ600名以上参加。趣味はビリヤードと音楽鑑賞の個人事業主。

私が行政書士試験験生に届けたい想いは次の通りです。

  • 試験は戦略が「全て」です。
  • 私自身、大学受験を独学で挑み、大失敗。泣く泣く浪人の末、なんとか同志社大学に進学しました。その経験を踏まえて、日々、全力で受験生指導を行っています。
  • 独学に過度に拘らずに、もっと早くプロに合格ノウハウを学べば良かったと激しく後悔しています。この記事を見ている人にはお金をケチって時間を無駄にして欲しくはありません。
  • 必要な投資を行い、試験に短期で合格し、実務で投資費用を回収すること。これこそが最も正しい試験戦略です。
  • どうぞ私が提供する最速合格Tメソッドをご活用ください。

✓「Tメソッド」について

初学者が法律知識、学習経験ゼロから最速で試験合格を勝ち取る知識習得を目指すのが「Tメソッド」です。初学者にも優しい表現を心掛けていますので、安心してご活用ください。

  • 「民法」攻略パック

実は、行政書士試験攻略のカギは「民法」です。民法を学ぶことで合格に欠かせない法的思考力の基礎を養うことができます。民法は条文数が1000以上もあって大変ですが、Tメソッドでは、基礎知識の定着に必要な部分だけコンパクトにまとめています。

  • 「民法以外」攻略パック(=行政法、会社法、憲法)

行政書士試験で出題される民法以外の科目、つまり、行政法、会社法、憲法をコンパクトに学べます。また、試験直前期に重宝する「裏技」講座もセットでご活用頂けます。

法律科目(=民法、行政法、会社法、憲法)、また、裏技講座Tメソッドのセット販売も行っています。個別購入されると100,280円のところセット価格88,000円と12,280円もお得です。

  • 記述式対策講座

行政書士試験では記述式の配点が60点と全体の5分の1を占めています。上記講座で基礎知識を学び、さらに実力を養成したい方にオススメの講座です。*なお、この講座はセット販売には含まれていませんので個別購入して頂く必要があります。

✓「Tメソッド」に掛ける想い

まず結論からお伝えします。私がTメソッドを作成しようと考えたのは、受験生の方々に、試験合格を勝ち取るうえで、無駄な勉強をして欲しくないからです。

しかし、受験生の相談を聞いていると、本当に無駄な勉強をしている人が多いです。しかも、本人が気付かないうちに、資格試験の「泥沼」にハマってるケースが多数。

その「泥沼」の原因を考えたところ、原因は、市販のテキストや予備校の構造にあるのだとの思考に至りました。もちろん、市販テキスト等を批判する意図は全くありませんが、構造上、もったいない側面があるのは事実であると考えています。

まず、市販テキストの構造上の問題は、ページ数の水増しが行われることです。書籍として発行するためには、一定数のページ数が要求されます。そのため本来、試験最速合格を目指す上で、必要ではないことも記載する必要性が生じます。その結果、「必要な部分」と「必要ではない部分」が混ざっているのが現在の市販テキストの構造上の問題です。

一方、予備校は、価格競争上、受験生を長期に囲おうという傾向があります。昨今では、数多くの新規予備校が登場し、市場競争の激化によって、価格競争が起こっています。その一因として、受験生を長期的に予備校に通わせようという傾向にあります。

ある予備校は、まず憲法から講義を組んでいると耳にしたことがあります。これは憲法から学習させ、民法、行政法などメイン科目の講義を先延ばしにすることで、受験生に長期的に予備校に通わせようという側面もあります。*そもそも法律学習は「民法」から取り組むのが王道の学習パターンです。

その点、Tメソッドでは、市販テキストのように無駄な記載は一切せず、また、予備校のように長期的に時間を割いて頂くことも意図しておりません初学者であっても約3カ月あれば、十分、合格に必要な基礎学力が身に付くことを狙って作成しています。大学受験で基礎学力がある場合、1~2カ月で十分な可能性もあります。

ぜひ短期間で合格に必要な基礎学力を養いたい方は「Tメソッド」をご活用ください。一緒に人生を変えましょう。

✓「Tメソッド」に寄せられた感想(一部)

「Tメソッド」は受験生から愛されている最高のテキストです。ほんの一部ではありますが、受験生の方々から寄せられた感想を掲載させて頂きます。

✓「Tメソッド」の特徴

  • 他にはない「コンパクトさ」

第1に、端的に言って、非常にコンパクトです。試験合格に必要な部分しか掲載していないので、受験生は安心してご利用頂けます。仮に過去問演習で「分からない問題」があっても、Tメソッドに書いてあるかどうかで必要かどうか判断できます。

  • 読むだけで自然と覚えちゃう

第2に、読むだけで自然と頭に入ってきます。市販テキストは読むだけでも体力を使います。その点、Tメソッドでは、11年の講師歴を存分に活かして、細部まで、「伝わりやすい表現」に拘りました。行政書士試験合格に必須のバイブルとなるはずです。

  • 無駄な部分が全くない

第3に、無駄な部分が一切ない一方、書くべきところはしっかり書いています。ここまで「合格に必要な知識」に全力で拘りぬいたテキストは他にはないと自信をもってお伝えさせて頂きます。

✓「Tメソッド」のデメリット

  • 分かりやす過ぎる

Tメソッドのデメリットもあります。まず第1に、分かりやす過ぎることです。できるだけ分かりやすい表現で作成することに拘りぬいたので、読む分には分かりやすいです。ただ、実際に「分かること」と「出来ること」は別物です。「分かった気持ち」にさせてしまう可能性があるので、そうならないようにも、しっかり過去問演習をするようにしてください。

  • 無駄な勉強ができない

第2に、無駄な勉強ができません。例えば、民法の細かい学説だったり、行政法の細かい理論部分など、学習する分には面白いのですが、試験で点数を取る上で必要ない無駄な部分は一切書いていません。そのため、色々と深く勉強したい人にとっては、試験合格に必要な部分しか書いていないテキストは物足りなく感じる可能性があります。

✓「Tメソッド」をオススメするひと

  • 人生を変えたいひと
  • 短期で受かりたいひと
  • 早く結果を出したひと
  • 法的思考力を養いたいひと
  • 無駄な勉強をしたくないひと
  • 行政書士試験に合格したいひと
  • 法律科目の点数を上げたいひと
  • 試験で出るところだけ学びたいひと

✓さいごに

「Tメソッド」は、私の講師経験の全てを詰め込んだといっても過言ではありません。

「Tメソッド」は受験生の希望です。コンパクトに合格するために身に付けるべき部分だけを教えてくれます。

資格試験は、正しい勉強方法に、正しい勉強時間を費やせば、必ず結果が出ます。そして、正しい勉強方法はTメソッドが全て教えてくれます。

ぜひTメソッドを活用し、効率良く受験勉強を進めていきましょう。


この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
銀行振込・コンビニ決済にも対応。
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

行政書士試験講師YouTuber(登録者9,000名)■ 「Youtubeメンバーシップ」に参加されている方に対し「特別に」note講座等ディスカウント販売しています *1 商品の性質上、返品交換はお受け出来ません *2 講座内容は予告なく変更することがあります

このライターが書いた他の記事

  • Tメソッド リベンジ 編 ~次こそ合格を勝ち取れ!あなたへ贈る“最恐”戦略~

    ¥27,800 278ポイント獲得
  • 【直前期・記述式対策】出題可能性が高い超重要論点「66選」

    ¥34,800 348ポイント獲得
  • 【Tips限定】Tメソッド 憲法編

    ¥12,800 128ポイント獲得

関連のおすすめ記事

  • 【やればできる!】副業で月10万円安定的に稼ぐ方法

    ¥4,98049ポイント獲得
    ディック

    ディック