この記事は、バカラで使える「14の法則」というロジックになります。

とても自信のある内容となっております。

この攻略法に向いている人は、こんな人です。

・確実なBET法を知りたい人
・コツコツ資金を増やしたい人
・勝てるタイミングが来るまで待てる人
・無裁量でBETしたい人

逆にこの方法に向いていない人は、こんな人です。

・すでに自分のロジックがあり、勝っている人
・じっと待てない人
・裁量判断でBETしたい人
・単発でドカンと勝ちたい人

このロジックを使うにあたり、最も重要な素養は、

「待つことができる人」になります。

なぜならこの方法は、BETするタイミングが

多くても1時間に6,7回くらいなので、

待つことができなければ成立しない方法だからです。


このタイミングを待つために、

画面をじっと見続ける必要はありませんが、

何か作業や動画を見ながら、横目でたまに確認するくらいで大丈夫です。

条件が揃った時に、BETして勝利するといった内容です。

条件が揃わなければBETしない。それだけです。

最強のベットシステム

ベットシステムは「マーチンゲール法」を採用します。

「え!?マーチン?危険だよ!」

と思われますが、

「連続して負けても、たった1回の勝利で挽回できる」

という仕組みがやはり「最強」であると言わざるを得ません。

正直言ってマーチンは使い方次第です。

マーチンで破産してしまう理由は、「何回マーチンするのか」を決めていない場合がほとんどです。

事前にマーチン回数を設定していないからこそ、総資金のリミットまで最終的にBETし、結果的に資金を溶かしてしまいます。

こうなったら一発で退場です。

「マーチンは危険」

こんなふうに思うでしょう。誰でも1度はありますよね。

マーチンは回数を決めておく。これが重要です。


「14の法則」とは

みなさんは、ルーレットの攻略法なんかで使う、

「7の法則」というものをご存知でしょうか?

・「黒」が7回連続で出現した場合、次は「赤」に賭ける
・「奇数」が7回連続して出現した場合、次は「偶数」に賭ける
・「High」が7回連続して出現した場合、次は「Low」に賭ける

「7」という数字が一つの区切りになる、という考え方です。


この「7」という数字がどこから来るのかというと、

・虹は7色
・太陽系は7曜日
・放射線の7の法則
・紙を7回以上折りたたむのは不可能

などの自然界からきているという点です。

「7」という数字は自然界から見ても

「何かが切り替わる」「何か特別な数字」

とされています。

また、プロの投資家が参入するFXの世界ですら「7」という数字を使った投資応用術などが用いられて、すでに使われていたりします。


本記事の「14の法則」は、

この「7」を2倍にした数字「14」を使った攻略法になります。

「14の法則」ロジック

それではこのロジックの具体的な使い方について解説していきます。

その使い方は、


この続きを見るには記事の購入が必要です

この続きは1,954文字 / 画像6枚 / ファイル0個
【独自理論】超合理的なバカラロジック「14の法則」

【独自理論】超合理的なバカラロジック「14の法則」

MAEDA@バカラの旅人

19ポイント獲得 ¥1,980

記事を購入する

バカラ全記事セット

MAEDA@バカラの旅人

49ポイント獲得¥4,980

セットを見る

すでに購入済の方は、ログイン後に続きを見ることができます。 ログインする


この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
銀行振込・コンビニ決済にも対応。
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

投資・経営などをしています。 このtipsでは主にオンカジの記事を書いています。 よろしくお願いします。

このライターが書いた他の記事

  • 借金140万円のどん底からオンラインカジノのバカラで復活した方法

    ¥2,980 29ポイント獲得
  • 単純すぎて馬鹿らしいバカラ「%逆張り法」

    ¥1,980 19ポイント獲得
  • ギャンブルで作った借金140万円をたった1ヶ月で完済したバカラの話

関連のおすすめ記事

  • バカラの新しいロジックを思いついたので検証したら勝率が59%を超えた

    ダイス|オンカジで飯を食う

    ダイス|オンカジで飯を食う