恋愛会話の教典【序章】

恋愛会話の教典【序章】

こんにちは。シンです。

今回お伝えをするのは、プレイベートとレンタル彼氏の仕事を合わせて100人以上の女性とデートをし、営業職の仕事で20万人以上のお客様と会話をしてきた私の経験を元にした、これからの時代で恋愛を女性から好かれるための最重要スキルについてです。

また、恋愛の教典でお話しする内容は、一部の売れっ子ホストだけが知っている会話術です。

今から、非常に大事なことをお話しますので、このページはお気に入りなどに入れて、ぜひ何度も読んでいただけたらと思います。

「女性の心を鷲掴みにする会話術」の全体像を公開していきます。

また、恋愛会話の教典を読了された方からも感想を頂いています。

「細かいことはいいからさっさと読んでみたい!」という場合は、一番最後から読むことができますが、一応読んでおいて下さい。

なぜ二度と連絡が来ないのか?

女性から好かれるために絶対に欠かせない「会話」。この会話が上手くいけば、恋愛無双の達人になれるといっても過言ではありません。

しかし、なかなか女性の心を鷲掴みにする会話って難しいですよね。

  • 気になる子と電話しても、数分で気まずくなる。
  • いつもこちらから質問ばかり。
  • なぜか2回目のデートに繋がらない。
  • 外見で興味を持たれた女性はいけるが、そうでない子は難しい。
  • 共通点がなければ、関係が発展しない。
  • 深い話をしてくれない。
  • 結局いい人どまりで、男女の関係にならない。
  • 価値観や考え方が違う人を口説けない

あなたはこんな悩みはありませんか?

なぜ、女性とデートまでありつくことができるのに、それ以降発展することがないのか?

告白したらフラれてしまうし、初デートの後にLINEを送っても、一向に返信は来ない。デート中、こちらが話しかけても女性は上の空。

話をするとすればこちらからの質問ばかりで、女性の質問は一切ない。

話す内容といえば「何の仕事してるの?」などの表面的な話題ばかりで、女性の心の奥底を呼び起こすような会話は全然出来ない。

1軒目に手応えを感じたので2軒目を誘ったのに、「ごめん、明日早いから」と言われ、何も関係が発展せぬまま駅の改札まで見送って終わってしまう。

恋愛初心者あるあるです。いや、中級者であっても、このような状況は珍しくありません。

なぜ、女性と上手く話せず、結果的にこちらに一切振り向くことなく、あなたの元から去ってしまうのか?

それは、会話のステージを知らないからです。

私は典型的なコミュ障でした

私はこれまで100人以上の女性とデートをしてきました。マッチングアプリを使ったネットナンパ歴は、2020年で8年になろうとしています。

私はマッチングアプリで大きく人生が変わりました。

女性と遊びたいなと思えばマッチングアプリを使ってメッセージをし、デートをしたいなと思えば、アポを組んでデートをします。夜の運動会をしたいと思えば家に連れ込み、朝晩共に一回ずつはベッドの上で夜の運動会をします。

モテるという定義は人それぞれですが、私は「女性関係を思い通りに自由自在にコントロールできる状態」を、モテる男だと考えています。ありがたいことに、現在は自由自在にコントロールできるようになりました。

しかし、私はもともと典型的な恋愛弱者でした。

私をYoutubeやTwitterなどで知ってくれている方なら周知の事実ですが、中学、高校時代に女性とメールすらしたことがありません。

初めてテキスト形式で女性と連絡を取り合ったのは、大学生になってからです。

当時、極度の人見知りが原因で、女性どころか人と上手く話すことができない人間でした。いわゆるコミュ障です。

本来であれば、席が隣や前後になった異性とは楽しそうに話すかもしれませんが、残念ながら私はそういう青春を全く謳歌することなく、6年間を過ごしました。

そして、コミュ障のコンプレックスをなんとかしたいと思い、高校の同級生がいないであろう大学に進学し、一から人間関係を作ることにしました。今まで絡んだことがない人にも積極的にコミュニケーションを取り、話が上手そうな人の会話術を観察して、自分にも応用できるかどうか何度も試しました。

その甲斐あってか、高校生の時は10人にも満たないアドレスの登録数が、4年間でおよそ20倍に増えました。さらに3人の女性とお付き合いをさせて頂きました。

しかし、大学を卒業してから始めたマッチングアプリで、私は大きな壁にぶち当たります。

それは、初対面の女性と上手く話すことができない壁です。

マッチングアプリはアプリ内でメッセージをした後、LINEを交換。
そしてLINEでやり取りして、後日デートを組みます。

必要に応じてLINE通話もするのですが、いかんせん女性と上手く話すことができません。

今までであれば同じ大学やサークルなどの共通点があったのですが、マッチングアプリでは分かりやすい共通点はありません。自分から共通点を探し出して、深掘りしていく必要があるのです。

このままではダメだと思い、自分の会話について一から見直すことにしました。女性との電話を録音して後で聞いたり、デート中の会話も録音をして、翌日に振り返りで何度も聞きました。

幸いなことに電話営業の仕事をしていたので、仕事中にどのような会話が心を掴むことができるのかの実験も同時進行で出来ました。それこそ1日に200人くらいの方と電話で話すので、営業成績を上げつつ、女性と上手く話す糸口を模索し続けました。

そして、あることに気づいたのです。
会話には2つのフェーズが存在することに。

  • 第1フェーズ:会話に対して消極的、かつ警戒心を抱いてる
  • 第2フェーズ:会話に対して積極的、かつ信頼を得ている。

第1フェーズは、あなたとの会話に興味はなく消極的です。何より警戒心を抱いています。

営業も一緒なのですが、初対面の人と話す際は、基本的に第1フェーズからのスタートとなります。初対面で相手のことを何も知らないわけですから、余程のことがない限り興味はなく、警戒心を抱いています。

そして、第1フェーズを突破すると、第2フェーズに移行します。

第2フェーズはあなたのことに興味津々で、会話も積極的です。さらに本音も打ち明ける状態で、より自然体に近い状態になります。

営業はこの第2フェーズに移行すると契約に至るわけですが、恋愛も全く一緒です。

いかに目の前の女性を、第1フェーズから第2フェーズに移行させるか。

これが、女性の心をわしづかみにするために必要なことなのです。

いかに第2フェーズに移行できるか

第1フェーズでは、まだ女性はあなたに対して警戒心を抱いていて、さらに言うと興味もありません。女性が第1フェーズの状態だと、どれだけ頑張ってもその子と恋愛関係になる事はほぼありません。

恋愛関係や肉体関係に移行するには、必ず第2フェーズに移行しなければならないわけです。この第2フェーズに移行するためにキモになる要素が、共感スキルとヒアリングスキルです。

女性を口説き落とすのに、お笑い芸人のような流暢なトークは必要ありません。

もちろんあればあることにこしたことはないですが、養成所に通ってトークを鍛えまくっているプロのスキルを、一介の素人である私たちが真似をするのは難しいでしょう。

だからこそ、話し上手を目指すのではなく、究極の聞き上手を目指すべきなのです。

2018年に大手旅行会社のJTBグループで「コミュニケーションへの苦手意識」となる調査が実施されました。

18歳以上の男女約2000人を対象にインターネットでアンケートをしたそうですが、全体の58%が「コミュニケーションに苦手意識がある」と答えたそうです。

あなたも、苦手意識があるからこそ、今まさに私のメッセージを読んでくれていると思います。

ただ一方で、77%の人が「人の話を聞くのは得意」と答えました。

何かスキルを身に着ける時、間違いなくプラスのイメージを持っている方が、よりスキルは身に付きます。意欲的にもなれるし、変な先入観も持たないですから。

本当の聞き上手は「聴き上手」

女性に困らない人生を送るには、会話術は絶対に外せません。

そして、会話術を身につけるのに必要な根本的なスキルが、共感スキルヒアリングスキルです。共感力と言われると先天的な能力と思われがちなのですが、実は後天的に身につけることのできる力です。

そして、世間一般的に言われている聞き上手は、「ホンモノの聞き上手」ではありません。

理想の会話の割合は、男性3女性7くらいと言われています。そのため、いかにして女性から話を引き出させるか。

ただし、女性の話を聞くだけの聞き上手ではなく、女性の心の声を引き出す「聴き上手」になることこそ、一歩先を行く会話術になるのです。

女性は太古の昔から集団行動を強いられてきたので、彼女たちは常に偽りの「仮面」を被って生活をしています。

そんな彼女たちが本当の自分をさらけ出してくれるような聴き上手の男がいたらどうなるでしょうか?

もう、その男に虜になってしまいますよね。

一部の男が第2フェーズに移行できますが、聴き上手になれば、さらに恋愛マスターの一歩手前の状態までいくことができるでしょう。

聴き上手になれば、女性からデートを誘われるのは当たり前になるし、家に泊まりたいと言われるほどの信頼関係も構築できます。女性の本音を引き出すことができるので、自分にはない新しい価値観に触れることもできます。

私はこのスキルを高めたおかげで、色んな新しい価値観に触れることができ、毎回刺激をもらっています。

女性と深い話をすることができれば、それだけで信頼を得れるし、女性にとって特別な存在になれます。

女の子の夜のオカズとして使われたりします。すると、ちょっとした貢ぎも受けることもあります。

聴き上手としてのレベルが上がり、女性の心を鷲掴みにすると、女性をある程度自分の思い通りにコントロールすることもできます。

マインドコントロールってやつですね。

もちろん、悪いことに使うのはダメですが、コントロールしておくと色々便利です。

  • ・迎えに行かなくてよくなる
  • ・家に来て欲しい時に来てくれる
  • ・女性のLINEや電話のペースに合わせなくてよくなる
  • ・夜の大運動会で自分のしたいプレイができる

など、自分のしたいことやりたいこと、こうあって欲しいことなどの願望や希望が、通りやすくなります。

あなた自身の願望を女性に要求して応えてもらうには、色んなトークテクニックがあります。それこそ、こういうフレーズを言った方が、打診が通りやすくなるのもあります。

ただ、その根本は女性が私たちに対して好意や信頼を得ているからです。

共感スキル、ヒアリングスキルによって聴き上手としてのレベルをアップし、女性の心を鷲掴みにしてしまうような男になる。

そんな事を教えていく企画をやります。

「恋愛会話の教典」概要

今回、私のこれまでの経験で得た知恵やスキルを、全て「恋愛会話の教典」として文字に起こしました。

「共感力」と「ヒアリング力」に特化したテーマで、教材として出すのは初めてです。

私はよく

「こんな話したの、シンくんが人生で初めてだよ」

と、よく女性に言われます。

また、電話営業の仕事ではお客様から

「今まで電話の営業は断っていたけど、申し込むのは君が初めてだよ」

とも、言われます。

もちろん、「女性全員、私の本音を打ち明けてくれる」なんて言うつもりはないですし、世の中には、私よりヒアリング力のあるカウンセラーの人たちも山ほどいます。

ただ、「人間が本音を打ち明け、自然体になってしまう」をずっと研究して、たくさんの女性とデートしてトライ&エラーを繰り返し、さらに20万人以上のお客様と会話をしてきた営業経験のある人間は、そうそう私は見たことはありません。

だからこそ、これは私がやるべきことなんだと思っています。

私はずっと非モテで悩む人が、どうすれば今の現状を打破できるのか考えてきました。

異性にモテたいというのは人間の根源的な本能なので、この欲求から逃れることは一生できないのです。男は年をとっても、若い女性と遊びたがりますから。

考え抜いた結果、どうしても足りないのが聴き上手としてのスキルなのです。

恋愛会話の教典は聴き上手としてのレベルを上げ、女性の心を鷲掴みにし、女性に困らない生活を送るのを目標にします。

世の中には「聞く会話術」とを教える通信講座は色々ありますが、恋愛会話の教典は恋愛面にとことん特化しています。

「俺は聞き上手だからもう大丈夫」という方もいると思いますが、女性の心の声を引き出す聴き上手に特化した恋愛の会話術を理論から学ぶことで、あなたが見ている世界が一変することをお約束します。

私は恋愛は感覚でするものでなく、理論でするものだと思っています。女の心を鷲づかみにする会話術も、理論から学んで実践したほうが、効果は何倍にも膨れ上がります。

1+1=5になるくらいの変化が出るように目指して作った教材なので、興味のある方はぜひ参加をお勧めいたします。

私と一緒に、聴き上手マスターを目指しましょう。

また、参加していただいている方からの声を反映させて、随時、ブラッシュアップさせていく予定です。

最初は聴き上手になるための理論を学び、基礎が身に付いたら、実践へ移っていきます。一生涯役に立つスキルへと昇華してほしいので、じっくり時間をかけて、教えていきます。

明日いきなり聴き上手マスターになる事は難しいので、それだけあらかじめご理解頂ければと思います。

価格

教材費用ですが、3980円となります。

よくある資格取得の通信講座やスキルアップのスクールなどの相場は、5万~30万円くらいします。

また、恋愛会話の教典で学んでもらう会話術は、女性(もしくは人間そのもの)に対して、どのような会話をすれば距離が縮まり、相手から好意を抱かれるのかを追求したものです。

私がこれまでに100人以上とデートをするために使ってきた費用や本などの自己投資代、さらに営業職で会話術を極める為にも自己投資をしてきました。

おそらく数百万円は使ってきたことになるでしょう。恋愛会話の教典の製作期間も2か月ほどかかっています。

スクールとかだと30万円も払って運営からのサポートがゼロとかもあるので、私個人としてはかなり安い価格かなと思います。

恋愛会話の教典の大目標をざっくりした表現で言うと「女性から好かれるための会話」ですが、本質は対人コミュニケーションのスキルアップです。

恋愛面以外だけでなく、仕事やプライベートなどあらゆるシチュエーションで応用できる会話術になるので、将来の自分への自己投資として考えてもらうのが良いです。

費用としては飲み会1回くらいですが、しっかり読んで勉強して実践して頂ければ、その何十倍の価値は生み出せると思います。

一部、効果が出ない人もいます

ただし、一部の人だけ例外があります。

それは、サイコパスの人です。サイコパスに該当する人だけは、私のTipsで会話術を学んでも、一切の効果は出ないと思います。

サイコパスという単語を一度くらいは聞いたことあると思いますが、サイコパスは身近に存在する異常人格者のことです。

サイコパスには「共感力が異常に欠如している」という特徴がありまして、他人に対してドン引きするほど冷酷です。サイコパスの人の脳は一般人のそれとは違うと言われていて、ほとんどが生まれつきの特徴です。

さすがに脳の機能については、私ではどうにもすることができないので、サイコパスだと自覚がある方は、参加をしない方がいいでしょう。

自由自在にコントロールできる集団

私はかねてより、「女性関係を自由自在にコントロールできる集団を作りたい」と考えていました。

一切、女性と関わってこなかった中学高校時代。
女性と付き合うなんて夢の話でした。

ある程度女性に対して苦手意識から解放された大学時代。
たくさんの女性と同時進行で関係を進めるなんて夢の話でした。

しかし、今は仮に彼女にフラれてしまっても、次の日にはマッチングアプリにログインをして出会いを探し、女性を口説ける訳です。

「女性の心の声を聴く」って、カウンセリングのような特別な技能が必要なんじゃないか?と思われるかもしれませんが、そんなことは全くありません。

むしろ、正しい訓練法を行うことで、誰もが聴き上手としての力を高めることができます。

そして、その力は、恋愛だけに限らず、仕事、友人づきあい、親戚づきあいなど、あらゆるシーンで応用可能です。

女性が気を許してしまい、あなたに信頼を置いてしまうのは、共通する理論があるので、それをきちんと覚えて、各シーンに応じて使い分けたら良いだけなのです。

これはまさに、「一生モノ」のスキルと言えるでしょう。

なのでまずは、基礎をみっちりと学んで頂けたらと思います。

いま見ている世界は大きく変わるのを体感いただける筈ですので、どうぞお楽しみに。

それでは、ありがとうございました。

恋愛会話の教典【本章】を受け取る

*読者の利便性を考えて、導入コンテンツを序章、メインコンテンツを本章として分けています。

このページでは本章を入手することはできないので、ご注意下さい。

恋愛会話の教典【本章】を受け取る


この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
銀行振込・コンビニ決済にも対応。
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

元レンタル彼氏|膨大な知識から、最短でモテ男になるための知恵や思考、テクニックを公開してます|恋愛教育の義務教育化が目標|2021.8からYoutube&TikTok開始。総再生回数31万回突破。

このライターが書いた他の記事

  • ”オンナ”からオカズとして使われるほどモテる男になるための教科書「恋愛強者への道しるべ」【序章】

  • 直家マスタープログラム

    ¥3,980 39ポイント獲得
  • ”オンナ”からオカズとして使われるほどモテる男になるための教科書「恋愛強者への道しるべ」【本章】

    ¥3,980 39ポイント獲得

関連のおすすめ記事

  • 【69部突破】0から学ぶ搾取防止マニュアル① 概要編 〜自衛の為のサイコパシー〜

    ¥9999ポイント獲得
    Shark_netnanpa

    Shark_netnanpa