退職代行ガーディアンの口コミ・評判について調べた結果

退職代行ガーディアンの口コミ・評判について調べた結果

退職代行という言葉は聞いたことがある人は多いはずです。

従来はなかった仕組みですが、ブラック企業等で会社を辞めたくても辞めさせてもらえない、そんな人達を救うために退職代行というサービスが誕生しました。

本人の代わりに手続きをしてくれるということで、会社側も第三者を間に挟むことによって無理難題を押し付けることもできなくなりますし、無理に引き留めるということもできず法律に乗っ取って退職手続きを進めて行けるということになります。

本来であれば、直接会社とやり取りをして退職をしていくのが一番ですので、退職代行というのは積極的に使いたいというものでもありませんが、本人が退職できなくても困ったり、心を病んでしまう、肉体的に疲れ果ててしまうなんてことがあってはいけません。

会社に辞めたいと申し出ても会社が応じてくれない、引き留めのレベルを超えているという場合は、退職代行の制度を検討してみるのがいいでしょう。

【労働組合法人による安心のサービスです】
⇒退職代行ガーディアンの詳細はこちら

退職代行を使うのは会社に悪い?誠意がない?

退職代行を使うと会社と直接話をしなくても済むので楽になるというイメージはあるけれども会社に対して悪いのではないか?会社から誠意がないと思われるのではないか?

退職代行を使うことを躊躇する理由としてはこのようなことが考えられます。

確かに会社と円満に話し合って辞めることができるのであればそれが一番です。

会社は引き留めるようなことを言ったりすることはありますが、辞めることを止める権利はありません。法律的には2週間に退職の意思を伝えれば退職ができることになっています。就業規則に何と書いてあったとしても法律の方が当然優先されます。

そうはいっても、いきなり2週間で辞められると会社としても都合が悪いでしょうし、マナーとして早めに連絡するということは、一般的にはなっています。

それでも辞めたいとする人を完全に止めるということはできません。一般的な会話の中で引き留めたいという意思をするのではなく、完全に辞めさせないというような態度を取ってくるのであれば、それは自分自身でどういっても相手にしてくれないかもしれません。

これから辞める会社、今後もう関わらなくなる会社のことを気にしても仕方がありません。自分一人で会社と話してとても上手く辞められないと感じたときは退職代行を利用するときです。

退職代行を使うくらいなら逃げてしまえ!という声

退職代行のサービスを使うくらいであれば会社から逃げてしまえ、バックレてしまえば関係なくなる!なんてことを言う人達もいます。

あまりこのような話を真剣に信じてはいけません。

まず本人がきちんとした手続きができる状態であればわざわざ退職代行を使う必要はありません。使うという段階で会社側が相当なブラック企業であったり、問題のある状態であるという可能性が高いわけです。手続きしてやめられないから退職代行を使うのであって、これは合理的な方法です。

ただ黙って逃げたからどうにかなるというものではありません。その会社からの連絡は全て無視していたとしても、黙っていたのであってはどこに連絡されるかはわかりませんし、自宅の場所も会社は当然知っているはずですので自宅や緊急連絡先のところまで来られてしまうリスクがあります。

それに、退職に関してはきちんとした法的手続きをしておかなければ次の就職にも困ってしまいます。社会保険関係の手続きもあれば離職票をもらわなければいけないものもあります。会社で働くというのはただ無断で逃げてなんとかなる問題ではなく、相手が了承しない状態で一方的に言って帰ってきても後で問題となる可能性が高いです。

自分の力でどうにもならない状態であればきちんと退職代行のサービスを利用した方が安全です。

退職代行に頼んで失敗することはないの?

退職代行のサービスが流行り出した時期は多くの退職代行サービスが乱立し、宣伝をしていたので、知らずに質の悪い退職代行サービスを使い、トラブルになるというような話もありました。

・退職代行が動いても会社が相手をしてくれずに途中でさじを投げられてしまった。

・結局自分のところに会社から連絡がきて余計に立場が悪くなってしまった。

・料金が不明確が結局高い金額を支払わなければいけなくなった。

このようなトラブルが起こったのです。

退職代行と名乗るだけであれば誰でもできてしまいますので信頼のおけない退職代行サービスを使うということはリスクがあります。

どのような退職代行がいいのかということで調べてみましたが、良いと思ったものとしては、「労働組合法人による退職代行」「弁護士による退職代行」というものがありました。

これは代理人になるのは、法適合組合の合同労働組合か弁護士でないと法律違反になってしまうからです。

普通の株式会社が対応している退職代行はあくまで使者として動いてくれているだけであり、本当は代理人として交渉する権限がないというのが法律です。相手がスムーズに動いてくれれば問題がありませんが、いざトラブルとなったときに正規の法律に適した退職代行サービスでないと対応出来なくリスクがあります。

労働組合法人の退職代行サービスとして、退職代行ガーディアンはきちんと適合しているため、問題がないというものになっています。

退職代行ガーディアンとは

退職代行ガーディアンというのは上記のとおり、法適合組合の合同労働組合が運営しています。運営者を見ると、「東京労働経済組合」となっています。

退職代行ガーディアンなんて名前から民間の一般の会社に見えてしまうのですがこれはサービス名であって、労働組合の公的機関色の強い組織です。

会社側としてもよくわからない会社から退職代行を申請させるのと公的な労働組合から申請されるのでは対応を変えざるを得ないところもあるでしょう。法律に則った退職手続きを進めてくるものを、辞めたら手がまわらなくなる等で無理やり引き留めることはできません。

本人であれば強引に話をして止めることができても、第三者機関にそれは通用しませんし、違法企業だということを自らアピールすることになり、目を付けられてしまいます。

労働組合タイプの退職代行ガーディアンを使えば、リスクは限りなく低く、弁護士事務所に依頼するよりは安く済ませられるという退職希望者にとってかなり理想的なサービスだと考えられます。

退職代行ガーディアンのメリット

退職代行アーディアンの利用に関しては以下のようなメリットが打ち出されています。

  • ・違法性のなく安心・確実に退職できる。
  • ・明日から出社せずに退職できる。
  • ・料金一律で追加料金なし。
  • ・会社や上司への連絡は不要。郵送で対応可。
  • ・代理人として交渉可能。
  • ・辞められないというケースは過去一度もない。

当たり前のことではあるのですが、この内容がきちんと実行できるというのは素晴らしいですね。退職代行を依頼するのに自分で会社とやりとりをしなければいけないことが出てくると大変です。

自分で退職するのが難しいから退職代行サービスを選ぶわけですので、きちんと最後まで手続きをしてくれる。自分自身が会社に行くことも電話等することもないというのは精神的にも本当に楽になります。

・退職代行ガーディアンと他の退職代行との比較

退職代行ガーディアンのサービスの立ち位置がイメージ図として掲載されています。他の退職代行と比較しやすくなってきています。

この図を見ると手軽さ・費用という面で退職代行ガーディアンが有利に、また確実性・リスク無しという点でも有利だというポジションに置かれています。

価格に関しては弁護士事務所の退職代行よりは安く、他の退職代行サービスとは同じか若干高いくらいの位置づけになります。弁護士に依頼すればそれは高いのは当たり前ですが、安心度は高くなります。そこまではしたくない人がお手軽に利用するのが退職代行ガーディアンです。

そして、違法性については労働組合法人として存在し、しっかりと交渉できる権利を持っているという点で退職代行ガーディアンの安心感はあります。他の退職代行では一般企業が運営していたりと違法性も怪しいものがあったり、実績が十分でない等の不安点というところもあったりします。

この絶妙なバランスが取れていて安心して使えるというのが退職代行ガーディアンだということです。これは実際に公式サイトが掲載している図ですが、まわりの評判状況を確認してもこの通りかなと感じられるところがあり、信用できるものになっていますね。

退職代行ガーディアンに依頼しない方がいいケースは?

退職代行ガーディアンは理想的なサービスに見えますが、絶対に全てを依頼して良いということではなく、デメリットの部分もあります。

それは弁護士事務所ではないということです。当然中には顧問弁護士はいるかと思いますが、直接弁護士が交渉してくれるわけではありません。

そのため

  • ・会社に残業代請求をしなければいけない、したいと思っている
  • ・会社との請求等のもめごとがある。
  • ・単純に退職をする以外にも会社とやりとりしなければいけないことがある

こういう場合には料金が上がっても弁護士事務所に依頼をした方が良いということもあるでしょう。

弁護士事務所としては以下のところが大きく退職代行サービスを扱っています。

⇒弁護士法人みやびの退職代行サービス

退職代行ガーディアンの口コミ・評判は?

退職代行ガーディアンを実際に利用した人達の口コミ・評判等はどのようなものが出ているのでしょうか?

・弁護士に依頼するよりも安く済んだので良かった。

・会社にいかずに無事に退職することができました。

・やめられないというケースはないということを聞いていましたが本当にスムーズに退職をすることができました。

・転職活動先の話が動いていたので、早くもめずに退職したいと思い利用しました。無事に退職することができました。

・上司との関係上手くいかず辞めたいと思っていました。このサービスで辞めることができ苦痛から解放されました。

・入ったみたら全然条件が違う会社で辞めたいと思っていました。とても言える空気ではなかったので退職代行ガーディアンを利用しました。

このような口コミ等が確認できました。

特に退職代行ガーディアンを利用して問題になったというような話はなく、スムーズに退職できていることがわかります。

労働組合系の退職代行サービスですので、相手がどんなブラック企業であっても、対抗して来にくいところもあるのでしょう。依頼するのであればこういうところがいいですよね。

よくある質問と回答

退職代行ガーディアンについてのよくある質問と回答について紹介しておきます。

・本当に退職することができますか?

このことについて「はい。辞められます。今まで数々のご相談に対応させていただきましたが、退職できなかったことは一件もありませんのでご安心ください。」ということが書かれています。

一件もないというのは凄いことですよね。退職する権利は守られるのが当然ですが、それができない会社が多いというのも本当に問題です。

間に入ることによって自分ではできない部分もできてしまいますし、会社側も事実上対抗できないのでしょう。

・会社から訴えられるリスクはないの?

会社から訴えられないのかということについても、「実際に訴えられたケースは一度もありません。」と明記されています。

これも会社側としては担当者は怒るということは合っても、訴える理由が存在しないということがあります。退職する権利があるわけで、訴えても何も得るものがありません。訴訟すること自体にお金がかかりますし、勝つ見込みもない(本人が不法行為等していない前提)わけです。会社にいる人がいなくなっては困るので引き留めることはあっても、退職代行を使ってもういなくなってしまったという人を訴えるメリットがありません。

・書類のやり取りなどの問題は起こらないの?

書類のやり取りについての問題ですが、全て郵送で行うことで対応できます。書類ですので直接手渡しをしなければいけない理由もありません。

保険証は会社に郵送すればいいですし、離職票は後から受け取ることができます。離職票の場合、退職代行ガーディアンからも本人に郵送するように伝えてくれます。

これも法律違反にならないためには会社も対応するしかありません。意地悪でどうにかできるようなものではないので心配はいりません。

・会社から直接連絡がきたり、親に連絡される心配はない?

退職代行ガーディアンの場合、明確に代理人となりますので、会社から直接連絡がきたり、親に連絡をされるということはできなくなります。ただし法律上の話だけであり、会社が無理やり連絡してくることはあるかもしれません。

そのため会社からの連絡があっても電話に出ない、余計な電話は取り次がないようにした方がいいでしょう。会社側としても約束を破って本人側に連絡し続けると問題となるので、連絡は止まるはずです。

・会社が辞められると仕事がまわらないと言われた

会社から辞められると仕事がまわらないと言われて困っている、人手不足だから代わりの人が入るまで待てと言われた。このような話もありますが、人手不足であることは会社の責任であり、辞める人が考える必要も義務もありません。

会社と円満に話をしていて任意で辞める時期を調整するのは自由ですが、退職代行を使ってすぐに辞めることは可能ですし、退職代行を使わなければいけない状況において、そのような会社都合の話を聞く必要はありません。

まとめ

ここでは退職をしたいけれど会社がなかなか辞めさせてくれない、とても退職を申し出ることができない職場への対応方法として退職代行ガーディアンのサービスについて紹介しました。

退職代行のサービスを使うことによってスムーズにやめることができて助かったという人はたくさんいます。退職するというのは労働者の権利であって、その権利を守ることができない会社の言うことが素直に聞く必要はありません。

自分自身ではなかなか難しいという場合、退職代行サービスの利用を考えてみるのがいいのではないでしょうか。

補足事項

補足事項、追加質問等について掲載していきます。

・極端に安すぎる退職代行サービスには注意

退職代行のサービスでいろいろなサービスを比較してみたいという人は多いと思います。会社を辞めるとなると今後のことも考えてなるべくお金を使いたくないと考えるのも当然です。

ここでは退職代行ガーディアンをおすすめしていますが、他の退職代行サービスを探すともっと安いところというのも出てきます。では一番安いところに依頼すればいいのかというと必ずしもそうとは言えず、安ければ安いほどリスクは高まると考えられます。

運営側は決してそんなことは言いませんが、極端に安いということはそれだけ人件費をかけられないということです。何かちょっとした問題が起こったとしてもそのまま放置されたり、自分で解決しなければいけなくなるリスクが出てきてしまいます。

もし何か複雑な問題を抱えているのであれば弁護士の運営する退職代行サービスに依頼するべきですし、そうでないとしてもこの退職代行ガーディアンくらいのランクは抑えておいてほしいものです。

自分の人生にとって大事な選択となる退職です。あまりに安易に安いサービスを使うというのは控えてよく考えて選ぶようにしていきましょう。

・会社の備品がある場合はどうしたらいいですか?

会社からの備品がある場合はどのようにすればいいのでしょうか?会社のロッカーに置いておけばいいのでしょうか?

備品を本人に渡している会社も多くあり、急に会社を辞める場合にはどうしたらいいのか迷うかと思います。

こうしなければいけないルールがあるわけではありませんが、備品は返すことが前提になるので最終出社のときに会社に置いてある状態が望ましいです。会社のロッカー等に置いてあってそのことを通知できればOKです。

また自宅にあるものも郵送で送り返せばよく、直接会社に行く必要はありません。自宅にたくさんの備品がある、送るのが大変な備品があると面倒ですのでなるべく退職の意思表示をする前に会社にすべての備品を置いておくようにしましょう。

退職代行を利用する場合には備品がある場合は必ず伝えるようにしてください。


この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
銀行振込・コンビニ決済にも対応。
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

良いものの紹介、また世の中の動きに対しての意見等を書いていきます。ダイエット・英語学習・サプリメント・通信・教育・働き方等のジャンルが好きだったりします。

このライターが書いた他の記事

  • かかとを叩くと身長が伸びる?刺激を与えるといいの?

  • 身長を伸ばすサプリメント 中学生・高校生の場合はどれを選ぶ?

  • プラステンアップαの口コミ・評判は?中学生・高校生への効果が高い?

関連のおすすめ記事

  • 令和最強の錬金術Twitterマネタイズ運用法 (共著あい&ARMAND)

    ¥20,000200ポイント獲得

    あい&ARMAND