【評判まとめ】i-smile(アイスマイル)にチャレンジした39歳主婦!果たして英会話を話せるようになったのか?!

【評判まとめ】i-smile(アイスマイル)にチャレンジした39歳主婦!果たして英会話を話せるようになったのか?!

「こんなはずじゃなかったのに…」
就職した私を待っていたのは、考えていた未来とはかけ離れた現実でした。

学生のときは英語が得意で高得点を何度も取っていた39歳の主婦、私。
「筆記は結構できるし、カタコトでも会話は大丈夫なはず!」

いざ仕事で外国人の相手をすると…
私の英語が下手すぎて相手に伝わりませんでした…。

でも今は海外出張で視察を任されるほど英語を話せるようになりました。

相手に伝わらないほど下手だった英語をどうやって上達したのか。
実は【i-smile(アイスマイル)】という今話題の英語教材を試したんです。

「英語を書けても話すのは苦手」
「カタコトの英語が恥ずかしい」
「英会話塾に言っても上達する気がしないし時間もない」

そんな悩みを抱えているなら、私がこれから話すことは役立つはずです。

→→公式サイトを見てみる

i-smile(アイスマイル)を始めたキッカケ

私がi-smile(アイスマイル)を始めたキッカケ、それはSNSの投稿でした。
自信を持っていた英語が、仕事を始めて苦手なものに成り下がってしまった…。
本当に悔しくて英会話塾に行こうと考えたんです。

でもレッスンに通う時間はなかなか取れそうにない、しかもプランもわかりにくい…。

みんなどうやって英語を話せるようになったんだろう?英会話塾以外にも方法ってある?

そう思ってSNSを検索していたときにi-smile(アイスマイル)のことを知りました。

「2ヶ月で驚かれるほど英語上手くなった」
「こういう英会話学習を学校に取り入れるべき」
などなど評判が良かったため、興味を持ちました。

i-smile(アイスマイル)の特徴は3つ

SNSで見かけた段階ではi-smile(アイスマイル)が何なのかすら全くわかりませんでした。
ですのでi-smile(アイスマイル)について詳しく調べてみたんです。
誰にでもわかるようにi-smile(アイスマイル)を説明しますと、この3つが大きな特徴です。

1日15分のドラマを見るだけの学習方法

i-smile(アイスマイル)はドラマを教材として使います。
しかもこのドラマ、日本語なんです。
英会話の勉強をするのに日本語ってびっくりですよね。

1日15分ドラマを見る学習方法です。
「それで英語が話せるようになるなら誰も苦労しないでしょ…」と思ってますか?
気持ちはすごくわかりますが、その点についてはこれから説明しますね。

ドラマの内容としては10分間が日本語のドラマ、残りの5分で英語をマネするという構成になります。
日本語で見ているから何を話しているのかわかるし、英語の発音や会話での使い方がわかるんです。

これだったら海外ドラマを見ながら字幕で同じようなことができそうに思えますが…実は海外ドラマでは難易度が高すぎるんです。

海外ドラマの字幕は省略形であったり文法を無視しているので、英語の学習には向いていないんです。
そもそも教材として作られたものでもないですしね。

i-smile(アイスマイル)は英語教材を前提に作られていて、今話題の【スマート字幕】を使用しています。
スマート字幕で何を喋っているのかを確認しながら学習できるので、英語初心者でもわかりやすいんです。

復習はスマホでゲームをするだけ

さらになんと言っても驚きなのが復習方法です。
ドラマを見て英会話を習得と言っても勉強ですので、きちんと記憶に定着させるためにも復習は必要です。

i-smile(アイスマイル)の復習方法はゲームをするだけ。
スマホゲームで学習したことを復習できるようにしているんです。

これが問題集を解いて復習だったら、開くことすらなくホコリをかぶらせるだけの人が多いでしょう。
スマホゲームは空き時間にでもできますし、なにより気楽にプレイできます。

ゲームはトランプの神経衰弱風のもので、ランキング機能もあります。
他の人とランキングを競っていただけなのに、復習がしっかりできている。遊びと学習を上手く組み合わせた勉強方法ですね。

最新の研究結果を取り入れた教材

i-smile(アイスマイル)は最新の研究結果を取り入れて教材を作っています。
効率よく英会話学習するための要点をしっかり押さえているからこそ、1日15分を2ヶ月で英会話習得を目指せるんですね。

取り入れている研究結果、まずは学習時間です。
人間は15分ほど集中して休憩を入れるのが、一番パフォーマンスが良いと東京大学の研究結果で出ています。

ですのでi-smile(アイスマイル)も15分で終わるように設定されています。
テレビドラマも15分ほどでCMが入りますし、同様の理屈なのでしょうね。

次にポジティブな気持ちで学習できるような工夫です。
勉強ってどうしても「やりたくない」とか苦手意識を持ちやすいですよね。
始める前に気合や覚悟もいりますし…。

ネガティブな気持ちのままやる学習って、脳の記憶力が落ちるので効率が悪いんです。
ですのでポジティブな気持ちで学習、勉強していると感じさせず楽しめるように重点を置くのが大切です。

イマイチどういうことかわからない人はこんな場面を思い浮かべてみてください。

例えば勉強で出てくる過去の偉人の名前は憶えられないけど、ゲームに登場するキャラの名前はすぐに覚えられるって経験ありませんか?

勉強させられている感じがあるときって、どうしても覚えるのに時間がかかりましたよね。
でも好きなことや興味があることは、覚える気がなくても短期間で記憶できていたはずです。

i-smile(アイスマイル)は日本語のドラマを見てゲームをするだけ。
もはや遊んでいるだけと変わりませんよね(笑)

ですので記憶として定着しやすいんです。

そして五感を利用した学習方法であること。
書いて覚えるだけの学習方法よりも、映像を見ながら声に出す方が五感の情報が多くなります。

複数の五感を使った学習方法の方が覚えやすいこともスタンフォード大学の研究で裏付けられています。

学習効果が高い裏付けのある方法を組み合わせた英語教材がi-smile(アイスマイル)です。

i-smile(アイスマイル)の講師であるデイビッドセインって誰?

i-smile(アイスマイル)はデイビッドセインさん監修のもとに作られました。
…デイビッドセインって誰?と思っている人もいると思いますので、きちんと調べましたよ!

デイビッドセインって名前、どこかで見覚えありませんか?
実はデイビッドセインさんは英語学習の著書を何冊も出版している方です!

英会話学校も経営しており、いわば英語学習のプロフェッショナルですね。
ちなみにAmazonでデイビッドセインさんを検索する300冊以上の著書がヒットします。

NHKの出版書籍にも携わっていますので信頼度は高いですね。

翻訳家や通訳としても活躍しているので、日本人は使いがちだけど変な英語なども詳しいそうです。

英語教育のプロフェッショナルであるデイビッドセインさんが監修しつつ、効果の高い最新の学習方法を取り入れている…i-smile(アイスマイル)ってすごい教材ですよね。

i-smile(アイスマイル)の口コミを集めました

i-smile(アイスマイル)を経験した私が書いているので、どうしても良い評価に寄っています。
でもそれでは参考にならないって人も多いかと…ちょっと不公平感もありますしね。

ですのでi-smile(アイスマイル)で英会話を学習した人の口コミを集めてみました。
私以外の考えや感想も見れば、総合的に判断しやすいですよね。

少し長くなりますが、i-smile(アイスマイル)を利用した人はこんな評価を持ったみたいですよ!

i-smile(アイスマイル)の良い口コミ

勉強が苦手な人こそオススメしたいです
英会話の習得って、英会話スクールに何ヶ月も通ってようやくできるものだと思っていました。ですのでi-smile(アイスマイル)の期間には驚きましたよ。だってたった2ヶ月ですよ?しかもドラマを見るだけなんて「本当に?そんなのでいいの?」と。でも今なら納得です。ポイントさえ押さえていれば短期間でも英会話のレベルは上がります。たぶん苦手意識や勉強させられている感なく勉強できたからでしょうね。勉強が嫌いな人にもオススメできる英語教材だと思いました。

カタコトだった私でもネイティブな発音で話せました!
カタコトでしか英語を話せなかった自分がこんなにネイティブに話せるようになるなんて驚きです。家族にも関心されるほど!「年末は家族で海外旅行に行こうか、頼りにしてるわ」なんて冗談も言われて(笑)大学のホームステイ留学が始まるまでにとi-smile(アイスマイル)を始めたけど、思っていた以上の成果になりました。これなら安心してホームステイできます!

英会話力アップならi-smile(アイスマイル)一択です
i-smile(アイスマイル)は無料で始められるみたいだから試しに…とやったのがキッカケです。試しにやったら「あれ?これ結構良いかも?!」と思って本格的に始めちゃいました。ドラマ見てマネするだけだし、このドラマが結構面白い!英会話教材で一番難易度低くて喋る練習になると思いました。英会話スクールに行ったこともあるんですけど、あれって気持ち良く受講できるだけであんまり練習にならなかったんですよね…。英会話力を高めたいならi-smile(アイスマイル)が一番良かったです。

アメリカ人の友人に褒められた
i-smile(アイスマイル)は勉強しているって言うより遊んでるだけって感じでした。ドラマ見てゲームやってただけですし。やっぱり楽しみながら学習するのが一番ですね。アメリカ人の友人に最近発音良くなったねと言われたのが嬉しかったです。

忙しい人はi-smile(アイスマイル)がオススメ
筆記では英語が書けるから大丈夫だろうと思って外資系の会社に就職したら大変な目に会いました。ネイティブなスピードについていけなくて打ち合わせがなかなか進まない…。だから英語力を上げるためにi-smile(アイスマイル)を始めたんです。最初こそ大きな変化は感じなかったものの、続けていくうちに「あ?言ってることがわかるぞ」と言うことが増えてきました。2ヶ月終えたときにはかなりのスキルアップに成功。毎日帰宅後や移動中に頑張ってよかったです。英会話力スクールは通ってる時間なかったし、i-smile(アイスマイル)のように空き時間にできる学習方法は忙しい人にもオススメできますね。

i-smile(アイスマイル)は英語初心者の人にもオススメ
私は中学英語も怪しいくらいの英語初心者でしたが、ひょんなことから英語に興味を持ち、そのタイミングでi-smile(アイスマイル)を知り、試しに受講してみました。ダメだったら諦めようと思っていましたが、思いのほか楽しく学べたのであっという間に2ヶ月が経ち、最後まで楽しく学べました。英語力もしっかり見について、家族にまでびっくりされるほどですw洋画も吹き替え・字幕なしで楽しめるようになったので、より映画の良さがわかる気がします。

私みたいに仕事で苦労した人って結構多いみたいですね!
就職する前に気づけるだろとツッコミたくなるかもしれないですが、日本にいると英語で話す場面がほぼ無くて気づけ無いんですよね…。
仕事が始まると英会話スクールに通う時間もありませんし、あっても上達には何ヶ月もかかります。
ですので短期間で英会話スキルを高められるi-smile(アイスマイル)は、忙しい人の頼もしい味方と言えますね。
子育てが落ち着いてパートで働こうと思っている人にもi-smile(アイスマイル)はオススメですよ。
最近日本に来る外国人旅行者は多いですし、英語が話せるってだけで接客できる幅が広がります。
問題集や英語塾はガッツリ時間を書くのしないといけませんが、i-smile(アイスマイル)の1日15分なら急な予定変更にも余裕で対応できますからね。

→→公式サイトを見てみる

i-smile(アイスマイル)の悪い口コミ

続けるのが難しかった
思ってたよりも続けるのが難しかったです。自分でドラマを見る時間を選べるって言っても、録画したドラマすら何ヶ月も見ないで…計画性の無い人には向かないんでしょうね。毎日見る習慣を作れる人は良い教材だと思います。たしかに何回かi-smile(アイスマイル)のドラマを見たけど面白かったので。明日からでいいやってなる癖をどうにかしないと私には英会話力アップできそうにないです。私と正反対な妹が試しにi-smile(アイスマイル)をやってかなり喋れるようになっていたので、学習教材としては良いでしょうね。

会話力アップ向きで書く力は…
i-smile(アイスマイル)で結構英語を話せるようになったけど、書く能力は思っていたよりも伸びなかったです。英文を読んでも書くことはなかったので当然と言えば当然でしょうが…。i-smile(アイスマイル)ってどちらかと言えば会話力アップを重視した英語教材ですね。書く能力を高めたいなら他の教材が良いと思いました。でもリスニング力は高くなったので、音声を聞きながら筆記勉強すればかなりの能力アップができると思います。今度TOEICのテストを受けようと思っているので、それに向けて勉強していく予定です。

人によりますね
面倒くさがりにはi-smile(アイスマイル)は続けられませんね。暇な時間にドラマを見れば良いって言われても、ついついスマホゲームをやって時間を潰しがちです。気づいたら1日終わってて見ず仕舞い…。この時間にi-smile(アイスマイル)のドラマ見るぞ!って決めても、まぁあと10分後でも良いよねってズルズル時間をずらしちゃいますし…。いっそのこと英会話スクールの方が時間が確定してて良かったのではないかとさえ思っています。評判が良かったから試したけど、やっぱり良し悪しは人によりますね。

i-smile(アイスマイル)の悪い口コミを見ると、上手く続けられなかった人が多いみたいです。
見ないことには上達しませんし、習慣にするのが苦手な人は向かないのでしょう。
私は毎日お風呂上がりにi-smile(アイスマイル)のドラマを見るようにしていました。
毎日する特定の行動の後に見るようにすれば、比較的簡単に習慣にできます。
復習はゲームをするだけだから寝る前にでもポチポチすれば良いし、なんなら電車通勤中にでもできます。
ですのでやり方次第でしょうね。

i-smile(アイスマイル)の口コミからわかった情報


i-smile(アイスマイル)の口コミを見て、私では気付かなかった情報がありました。
それは苦手意識を感じずに英会話を学習できることです。
私はもともと英語の筆記は得意だったし、学習することに苦手意識もありませんでした。
だから口コミを見て「あ、そういえば苦手意識感じそうにない内容だった」と思ったんです。
苦手意識を感じるだけで学習効率は落ちますので、その点はi-smile(アイスマイル)が短期間で英会話を習得できる理由なのでしょうね。

i-smile(アイスマイル)の講座内容は?

i-smile(アイスマイル)は結局どんな講義内容になるのかをまとめます。
ちょっと長くなりましたので、情報の整理もかねて講義の流れを説明しますね。

日本語のドラマを見る

まずi-smile(アイスマイル)は日本語のドラマを見ます。
日本語だから何を話しているかわかるし、どんな場面で使う会話なのかもわかりますよね。
このときは普通にドラマを楽しんでいればOKです。
10分ほどの長さになりますので集中力も気にする必要はありません。
見ないことには始まりませんので、この先の学習は一旦置いておいて、とにかく見ましょう。

マネする

日本語で見たドラマの英語版が解説付きで5分間ありますので、このマネをします。
ドラマの内容は日本語でわかっているので、英語の意味も考えなくてもわかりますね。
むしろ英語で話せるようになってから日本語版を見直しても良いかと思います。
でもマネをするだけだとカタコトで発音も上手くならないような気がしますよね。
発音の上達には別で教材が用意されていますので心配いりません。
ポイントも解説で教えてもらえますので、ぼーっとしながらマネしていてもスキルアップを目指せますよ。

ゲームで学習したことを復習

i-smile(アイスマイル)はトランプゲームの復習アプリが無料でもらえます。
神経衰弱風で音声が出る解説付きですので、耳も鍛えられます。
外出先でゲームをするときはイヤホンを用意しておきたいですね。
解くまでにかかった時間を他の人とランキングで競えますので、上位を取ろうと頑張るほど復習も進みますよ。

i-smile(アイスマイル)を2ヶ月体験したレポート

私がi-smile(アイスマイル)を体験したレポート、まだ書いていませんでしたね。
もちろんi-smile(アイスマイル)の体験レポート書くの忘れてませんよ!
i-smile(アイスマイル)の効果を実感し始めたのは1週間ほど経ったときです。
日常生活で「あ、この場面ではあの英語が使える」とぱっと思い浮かんだんです。
まぁ声に出しては言いませんでしたが、着実に英会話力が高くなっていると感じました。
特に良かったと思ったのは歌を使った発音練習です。
ネタバレになるので若干伏せますが、誰でも知っている歌を使って発声練習をしました。
自宅では暇さえあればこの歌を練習していたので、それが発音がよくなった大きな理由でしょうね。
どうしても忙しくて毎日はドラマを見られませんでしたが、それでも続けさえすれば英会話力の上達は問題ありませんでした。

i-smile(アイスマイル)で英語学習できる理由を分析しました

i-smile(アイスマイル)は1日15分、しかも日本語のドラマを見るのが大半です。
それでも英会話が上達する…不思議だと思いませんか?
i-smile(アイスマイル)で英会話が上達した私でさえ不思議に思っているので、自分なりに理由を分析してみました。

短時間だから集中しやすい

i-smile(アイスマイル)の学習効果が高い一番の理由は短時間であることだと思います。
人間は集中力が長時間持続しないようにできていますので、短期集中でやるなら15分という長さがベストです。
いつの間にか集中していたとなるのも15分程度ですし、もし15分以上であれば面倒になったり途中で「もういいや」となるかもしれません。

記憶として定着しやすい工夫がされている

次にi-smile(アイスマイル)は記憶として定着しやすい工夫がされていることです。
苦手意識などのネガティブな感情を持ったままの学習は、記憶力を下げることが研究でわかっています。
ですので勉強しているように感じさせない、楽しんでいるうちに英語を学ぶことに重点を置いて作られています。
私も初日は「さぁ英語の勉強やるぞ!」と気合入れて取り組みましたが、まったく英語の勉強をしている感じはありませんでした。
翌日には「今回ドラマどうなるんだろう?」と目的が変わっていたほどです。
復習も「どうせだったら狙えるとこまでランキング狙ってみたい」と何度もチャレンジしていただけです。

習慣化しやすいから続けられる

「ドラマを見る」と言う誰でもやっていることを教材としているので、習慣化しやすい特徴があります。
普段の生活に組み込みやすいから、毎日学習を積み重ねやすいんです。
もし1日15分教材テキストを解いてくださいってものだったら、続かない人が多かったと思います。

→→公式サイトを見てみる

i-smile(アイスマイル)で英語学習しても英語を話せなかった人の共通点

i-smile(アイスマイル)で英語学習をした人の中には、英語を話せるようになれなかった人もいるみたいです。
i-smileは日本語のドラマをみるだけで英会話が上達していく…はずなのですが、中には上達しない人もいましたね。

でも私はしっかり英会話が上達したと実感しているので、上達しなかった人には何かしら理由があると思いました。

ですので評判を見直していると、i-smileで英会話が上達しなかった人には共通点を見つけたのでまとめておきます。

毎日やっていない

どうやら話せるようになれなかった人は、i-smile(アイスマイル)を一気にまとめてやろうとしていました。
1日15分ドラマを見るだけでOKとは言っても、まとめてやれば集中力も切れますし覚える量も多くなります。

週末にまとめてやろうとするなど、i-smileを1日の習慣にできなかったみたいですね。

ですので徐々にやらなくなって、結果的に話せるようにはなれなかったのでしょうね。
一度にまとめてやると1日15分になるように作られた意味がなくなりますし、毎日やる方が良いと思います。

i-smileは人間の集中力をもとに1回の学習が設定されています。
ですのでまとめてやるほど、学習効率は下がっていきます。

やればいいってものじゃないんですね…。

たしかに学生の時のテスト勉強を思い出しても、まとめてやったものほどすぐに忘れていました。
身になりにくい学習方法になるので、まずは毎日続けることが大前提になりますね。

テレビをみる前や入浴前にやるなど、何かの前にi-smileをすれば比較的続けやすくなりますよ。
後だとどうしても面倒くさくなってやらずじまいになりがちなので注意が必要です。

声に出して練習していない

声に出して練習していない人も上達していないようです。
英会話を上達したいのに声に出して練習していないのは論外ですね。

実家住まいの人に話せない人が多いようです。

自宅に家族がいるとどうしても練習しにくいという気持ちもわからなくはありません。
でも開き直って練習してしまえば、数日で気にされなくなります。

思い切って開き直れたら良いのですが、そうもいかない人もいるのでしょうね。
こういうのって家族にイジられるとやる気をなくしますし、家庭によるのかもしれません。

どちらにしても英会話をするには相手が必要ですし、恥ずかしがらずに開き直って練習できるだけの精神力を身につけるつもりで練習するのが良いかもしれませんね。

その数日が嫌なのであれば、カラオケボックスなど安く使える個室をうまく活用しましょう。

意外に公園も人が少ないので練習に良いですよ。

英会話は声に出さないことにはうまくなりませんので、できるだけ発声練習に時間をかけましょう。

復習をしていない

i-smileを毎日やっても、復習をしていない人は上達していない傾向がありました。
人間の記憶は反復することで長期記憶に変わっていきます。

ですので復習をしないとどうしても忘れてしまいやすいんですよね。

i-smileはゲームで遊ぶだけの復習方法ですので、せめて1日1回は遊ぶようにしましょう。

それでも少ないですが、1回遊べば何回か続けて遊んでしまうはずです。
ガッツリ覚えようと思ってやる必要もないですし、気軽にプレイして「気づいたら覚えられてた」というのが理想です。

皆さんがi-smile(アイスマイル)の受講を始めた理由

英語を学ぼうと思ったきったけは人それぞれ違いますよね。

i-smile(アイスマイル)の口コミを見ていても、皆さん様々な理由でi-smile(アイスマイル)の受講を始めているので、読んでいて楽しいです。

では具体的にどんな理由でi-smile(アイスマイル)の受講を始めたのか?をまとめてみました。
気になる人はぜひ読んでいってくださいね。

【海外ドラマや洋画・洋楽に興味を持った】
この理由でi-smile(アイスマイル)の受講を始めた人はとても多いです。
やはり趣味のために英語を学ぶ人が多いのかなと思いました。
私もi-smile(アイスマイル)で英語を身に着けてから、より海外ドラマなどが楽しめるようになりましたよ。

【仕事のためにi-smile(アイスマイル)を始めた】
仕事のために英語を身に着けたくてi-smile(アイスマイル)を受講した人も多かったです。
外資系の会社に勤めている方だけでなく、飲食店の人も多かったです。
近頃海外からの観光客も増えているので、英語の必要性がぐっと高まったようですね。

【海外旅行が好きなので英語を身に着けたいと思った】
海外旅行が好きな人も英語に興味を持つ確率は高いですよね。
i-smile(アイスマイル)で英語を習得してから、海外での1人旅行を始める人も多いです。
自分の英語が通じると、それはもうものすごい感動がありますよ。

以上の3点の理由が多いように感じました。

私は海外旅行のために英語を習得しましたが、皆さんは何のために英語を学びたいですか?
実践で使える英語を学ぶには、i-smile(アイスマイル)が本当にオススメです。

自分の夢を叶えるために、皆さんもi-smile(アイスマイル)を始めてみませんか?

i-smile(アイスマイル)のコスパを他の英会話学習方法と比べてみます

英語学習の方法はi-smile(アイスマイル)以外にもありますよね。
コスパを考えるとどの学習方法が一番良いのかを考えてみます。

最終目標は脱カタコト英語、英語で会話ができるレベルです。
この点を踏まえて考えていきましょう。

一番身近で手軽に始められると言えばテキスト教材。
書店に行けば簡単に手に入ります。

1冊1000~2000円ほどで販売されていますし、試した経験のある人も多いかと思います。
CDが付いているため耳もしっかり鍛えられます。

しかし発音に関する練習にはあまり重点的にされないため、カタカナ英語のままになりやすい傾向があります。
どうしてもどのように発音しているのかコツがつかみづらいのが理由です。

どちらかと言えばテキストを読む力の方が高くなりやすいです。

次に英会話塾です。
英語を話せるようになるのを目的に通う塾ですね。

英会話塾は1コマ6000~9000円ほどで、話せるようになるまで何度でも通えます。
ですので上達しなければずっと通い続けることになることも。

さらに費用はこれだけではありません。
入学金や教材費用もかかりますので、他の英会話学習方法に比べて出費が多くなります。

どうやって英語を発音すれば良いか聞きやすい状況は作れるものの、出費が多すぎるのでコスパはさほど良くないかと思います。

私も以前通ったことがあるのですが、気持ちよく英会話を話せるだけで上達は感じられなかったためやめました。
求めるレベルの英会話ができるようになるには合わなかったです。

i-smile(アイスマイル)はメールを送るだけで始められるため、手軽さは一番ですね。
発音の練習も自然にできるように工夫された教材が使われていますし、なにより楽しみながらできることが重視されています。

ですので英会話の習得もしやすいのが特徴です。
どうやったら日本人が自然に英語を発音できるようになるのかも考えて作られているため、脱カタコト英語はi-smile(アイスマイル)が一番簡単だと思います。

会話も日常で使うものを優先して作られているため、「こんな英語どこで使うの?」というような日本の教材にありがちなものもありません。

英語を話せるようになるのが目的であれば、i-smile(アイスマイル)はかなりコスパが良い英会話勉強方法と言えるでしょう。

i-smile(アイスマイル)で英会話力を高めた私のその後

私がi-smile(アイスマイル)で学習してから4ヶ月が経過しています。
最近は会社で通訳を任されたり、海外視察に行くことが増えました。
相手に英語が伝わらないこともありませんし、英語ができるってだけで仕事の幅も広がりました。
他の国の人と会話が成立するって、こんなに嬉しいことなんだとしみじみ思っています。
最近は海外からの旅行者も就職先も増えているので、今後英会話は必須スキルになるでしょう。
もし英会話スキルをラクに高めたいなら、私はi-smile(アイスマイル)しかないと思います。

→→公式サイトを見てみる

i-smile(アイスマイル)で英語学習するデメリットは?

実用的な英語を学べると人気のi-smile(アイスマイル)!
英語教材の中でも人気みたいですね!

私もi-smile(アイスマイル)で英語が上達したので、その評価にも納得です。

でも中にはi-smile(アイスマイル)で学習するかどうかで踏み出せずにいる人もいると思います。
気になるのは…デメリットかな?

ですのでi-smile(アイスマイル)のデメリットについて、私が感じたことをまとめておきます。

i-smile(アイスマイル)のデメリット

そもそもi-smile(アイスマイル)にデメリットってあるのでしょうか?
デメリットって人によってはなんとも思わないってこともあるので一概には言えませんが、これはデメリットかも?と思ったことは3つありました。

  • 筆記能力はあまり上がらない
  • 周囲の視線が気になる
  • 練習量が少ないと上達しにくい

では順に説明していきます。

筆記能力はあまり上がらない

i-smile(アイスマイル)で学習しても、筆記能力はあまり上がりません。
というのもi-smile(アイスマイル)は聞いて発声するのがメイン。

筆記自体が必要ありません。
ですので筆記能力はあまり上がらないと思って良いです。

でもi-smile(アイスマイル)は字幕が表示されますので、必要であれば書きながら発声練習することもできます。

複数の五感を使う方が記憶として定着しやすいので、学習効率アップにも良いですよ。
学校の英語ってテキストばかりなので、頭の中でテキストと音声が一致しないのも英語が話せない一因です。

ですのでテキストと音声を一致させることで、一気に上達する可能性も考えられます。
元に私はそうでした。

最初のうちは聞いて発声の練習をするだけでしたが、どうせだったらと筆記も練習するようにしたんです。
なぐり書きのようなものでも問題なかったので、書きさえすれば文字は読めないレベルでも良いっぽいです。

周囲の視線が気になる

i-smile(アイスマイル)で学習するときは、どうしても周囲の視線が気になります。
主に家族ですね。

一人暮らしであればなんともないのですが、自宅で英語の練習ってやりにくくないですか?

茶化されたりしたらモチベーションも下がってしまいます。
自室でやるにしても発声練習が必要になりますし、家族には英語を練習している声が聞こえてしまうでしょう。

何日か耐えれば何も言われなくなるでしょうが、その何日かが嫌なんですよね…(笑)

まぁ英会話って時点で相手が必要になりますし、周囲の視線を気にしていては話になりません。

ですのであまり気にせず練習することをオススメします。
大体スキルアップのために頑張っている人間を馬鹿にしてくる人はたかが知れています。

なぜか自分は成長もしてない・努力もしないくせに馬鹿にする人っています。
真面目に相手するだけ時間の無駄ですので、自分のスキルアップのために頑張りましょう。

練習量が少ないと上達しにくい

i-smile(アイスマイル)は練習量が少ないと上達しにくいです。
英語の発声は練習しないことには上達しません。

これは英語に限らず、音楽でもスポーツでもそうですよね。
すべては練習量に比例するように上達していきます。

もちろん同じことを繰り返すだけではほとんど上達しなくなりますが、改善を重ねていけば着実に上達していきます。

ですのでできるだけ練習に使う時間を増やすようにしましょう。
i-smile(アイスマイル)は1日15分でできる学習方法ですが、それ以上に学習しても何も問題有りません。

スマホやテレビを見る時間を少し削ったり、漫画を見る前にi-smile(アイスマイル)をやるといったことでも時間は作れます。

短時間のつもりで始めたとしても、意外に長い時間やってしまいがちです。
でもやり始めるまでが問題、いかに行動に移せるかが課題になります。

少し工夫するだけで練習時間は増やせますので、とりあえず何かをやる前にi-smile(アイスマイル)をするという習慣をつけるのがオススメです。

i-smile(アイスマイル)のデメリットは気にしなくてもOK


i-smile(アイスマイル)のデメリットを3つあげましたが、どれも大したものではないと思います。
ですのでデメリットは気にする必要はないでしょう。

工夫や気持ち次第で、デメリットは気にならないと思いますので。

発声練習をするときに周囲が気になるのであれば、イヤホンやヘッドフォンを使うと良いでしょう。
周囲の音がカットされるので、i-smile(アイスマイル)に集中しやすくなります。

外したあとで茶化されることはあるかもしれないですが、スルーすれば良いだけですから。

練習中に茶化されるのはモチベーションが下がりますが、それ意外のタイミングであればそうでもありません。
私も家族に少し茶化されましたが、ヘッドホンでi-smile(アイスマイル)を聞きながら発声練習をして3日ほど経ったら、もう何も言われなくなりました。

1ヶ月ほど経ったあたりで上達しているのがわかってきたのか、自分もやろうかなと父がつぶやいていたほどです。
案外なんとかなるものですよ。

→→公式サイトを見てみる

i-smile(アイスマイル)の退会方法は?

画期的な勉強法で人気の高い英語教材【i-smile(アイスマイル)】

今現在も多くの人が新たにi-smile(アイスマイル)を始めていて、
英語をマスターして仕事やプライベートを充実させている人が増えています。

私自身もi-smile(アイスマイル)で英語をマスターした内の1人。
おかげで趣味の海外旅行がさらに楽しめるようになり、海外のお友達もすごく増えました。

今の時代だとSNSで簡単に海外の人と繋がれます。
ヨーロッパ圏ではFacebookが1番流行っているので、Facebookを始めてみると楽しめると思います。

英語が読めるようになれば海外の人の投稿もスラスラと読めるようになりますし、
英語でコメントを打ったりして交流を図ることもできます。

Twitterでは海外の有名人の投稿も見れるので、英語をマスターするだけで格段にSNSが楽しくなりますよ。

他にも洋楽を意味を理解しながら聞けたり、ネイティブな発音で歌えたりと、日常がとにかく充実します。

i-smile(アイスマイル)に満足できなかった人もいる

私はとても気に入っているi-smile(アイスマイル)ですが、
実際に受講した人の中にはi-smile(アイスマイル)に満足できなかった人も少数ですがいるようです。

人それぞれ向き不向きはあると思うので、i-smile(アイスマイル)も合う人と合わない人がいるのでしょう。
i-smile(アイスマイル)のレビューを確認すると、全体の2割くらいはi-smile(アイスマイル)に満足していないようです。

でもそんな時でも安心です。

i-smile(アイスマイル)は月額制ではなく、1回の買い切りです。
なので毎月お金がかかるとか、解約方法がめんどうだとか、そういう問題もありません。

ですがすぐにi-smile(アイスマイル)をやめてしまう前に、まずは2ヶ月続けてみましょう。
2ヶ月後には英語をペラペラと話せる自分がいるかもしれません。

i-smile(アイスマイル)は短時間で行えるので、毎日スキマ時間に続けることが大事です。
1日でも英語に触れない日を作ってしまうと、英語をマスターするのも長引いてしまいます。

なのでまずは2ヶ月間毎日i-smile(アイスマイル)を試してみて、それでも英語力が変わらなければ
i-smile(アイスマイル)をやめてしまうのも1つの選択だと思います。

i-smile(アイスマイル)での学習で失敗する人の例を上げるとすると、

  1. i-smile(アイスマイル)をまとめて学習しようとする。
  2. i-smile(アイスマイル)を毎日続けていない。
  3. i-smile(アイスマイル)と同時に辞書やテキストを見ながら勉強している。

こういった人たちもちらほらと見かけます。
これは間違った学習法なので、i-smile(アイスマイル)で学ぶ時はi-smile(アイスマイル)のみにしましょう。

i-smile(アイスマイル)はクレジット決済のみ

i-smile(アイスマイル)はクレジット決済のみです。
なのでi-smile(アイスマイル)を受講するとクレジットカードから自動的にお金が引き落とされます。

i-smile(アイスマイル)は分割払いも対応しています。
分割払いにすると毎月分割分の料金が引き落とされます。

なお、i-smile(アイスマイル)は返品・返金には一切対応していないので気をつけて下さいね。

もしi-smile(アイスマイル)について聞きたいことやわからないことがあれば、電話かメールでお問い合わせするといいですよ。

i-smile(アイスマイル)の料金は、ルール上はっきりと明記することができないのですが、
だいたい新入社員のサラリーマンの初任給ほどの価格です。

10万?20万?30万?さて、どれでしょうか(笑)

まあいずれにしてもi-smile(アイスマイル)の料金は高くないことがわかりますよね。
英語教材というと高価なものが多いですが、i-smile(アイスマイル)はお手頃価格なので始めやすいです。

今はもう【英語が話せる=お金持ち】という式は成り立ちません。
i-smile(アイスマイル)を始めれば裕福でなくても英語を習得できますし、人生を豊かにすることができます。

まだi-smile(アイスマイル)を始めていない人、少しでもi-smile(アイスマイル)が気になっている人は、
この機会にぜひi-smile(アイスマイル)を始めてみて下さいね。

→→公式サイトを見てみる

i-smile(アイスマイル)で英語がマスターできなかった人の特徴

i-smile(アイスマイル)で多くの人が短期間で英語をマスターしています。
ですが、中にはi-smile(アイスマイル)で英語がマスターできなかった人もいるんです。

多くの人が成功している教材で、なぜ失敗している人がいるのでしょうか?
失敗している人について調べると、共通点が出てくるかと思います。

なのでi-smile(アイスマイル)で英語がマスターできなかった人の特徴をこの記事にまとめます。
そしてi-smile(アイスマイル)で失敗しないための改善方法も一緒にご紹介します。

これからi-smile(アイスマイル)を始めようと考えている人、
またすでにi-smile(アイスマイル)を始めているけども効率的な勉強法を知りたいという人は
ぜひこの記事を最後まで読んでいって下さいね。

i-smile(アイスマイル)で英語がマスターできなかった理由

まずはなぜi-smile(アイスマイル)で英語がマスターできなかったのか、その理由を探ります。
そのためにi-smile(アイスマイル)の悪いレビューを調べました。

多くの人がi-smile(アイスマイル)に満足しているようですが、少数ですが悪いレビューもありました。
なのでまずは悪いレビューを紹介しますね。

毎日しないと意味がないかも。
ついついi-smile(アイスマイル)をサボってしまって、2~3日に1回の頻度でi-smile(アイスマイル)をやってたけど、2ヶ月経ってもイマイチ英語はマスターできませんでした。やっぱり毎日行わないと意味がないんでしょうか?

小さい子供には早いかな
私には5歳の息子がいるのですが、早いうちから英語に触れさせたいと思い、i-smile(アイスマイル)をさせてみました。でも5歳ではまだi-smile(アイスマイル)のドラマやゲームが理解できないようなので断念しました。せめて小学生になってから始めたほうがいいかもしれませんね。

早く英語を身に着けたくてまとめてやってみたけど・・・
2ヶ月もかけるのが嫌だったので、もっと短期間で英語が身につけられるようにi-smile(アイスマイル)をまとめて10日くらいで終わらせました。でも全然英語が覚えられなくて、発音も上達しなくて散々でした。やっぱり最低2ヶ月はかけないとダメなのかなーと思いました。。。

以上は私が見つけたi-smile(アイスマイル)の悪いレビューです。

ではこのレビューの内容から、なぜi-smile(アイスマイル)で失敗してしまったのか?
失敗の理由を探っていこうと思います。

以下は私が見つけたi-smile(アイスマイル)で失敗した人の特徴です。

i-smile(アイスマイル)を毎日していない

まずi-smile(アイスマイル)を毎日していなくて失敗している人がいました。
i-smile(アイスマイル)は短時間でもいいので毎日コツコツ続けるのが大切です。

毎日続けることで知らないうちに少しずつ英語が身につきます。
1日15分でもいいので、毎日i-smile(アイスマイル)を行うのを日課にして下さいね。

i-smile(アイスマイル)の適応年齢に合っていない

i-smile(アイスマイル)は小さいお子様には理解するのは難しいかもしれません。

ドラマを見るだけなのでお子様でも楽しく学べそうですが、ドラマの内容を理解しないと英語も身につかないです。

なのでi-smile(アイスマイル)は小学生から始めるのがいいのかなと思います。

i-smile(アイスマイル)を2ヶ月続けていない

i-smile(アイスマイル)は毎日コツコツ続けて2ヶ月経つ頃には英語がマスターできているという教材です。
なので短期間にまとめてi-smile(アイスマイル)を行っても、残念ながら身につきません。

効率よく脳に英語を定着させるには、短時間で集中して英語を学習するのが1番です。
なのでi-smile(アイスマイル)はまとめてやるのではなく、少しずつを毎日続けるのが効果的です。

まとめ

i-smile(アイスマイル)で英語がマスターできなかった人の特徴を紹介しました。
そして同時に解決策も私なりに書いてみました。

解決策をまとめると、
i-smile(アイスマイル)を毎日行う
i-smile(アイスマイル)は小学生から始める
i-smile(アイスマイル)を2ヶ月間続ける

上記を気をつければ、誰でもi-smile(アイスマイル)で英語をマスターできるかと思います。
頑張って下さいね。

→→公式サイトを見てみる

i-smile(アイスマイル)のレビューをSNSでも調べてみた!

新しいタイプの英語学習教材として人気を集めている【i-smile(アイスマイル)】
Googleでレビューを調べるとたくさんの書き込みが見つかります。

ではSNSでも話題になっているのでしょうか?
気になったのでSNSでもi-smile(アイスマイル)のレビューを調べてみることに。

日本でも人気の高い【インスタグラム】【Twitter】【Facebook】の3つで
i-smile(アイスマイル)のレビューを調べてみたいと思います。

i-smile(アイスマイル)のレビューをインスタグラムで調べてみた

まずはインスタグラムから。

英語が苦手な私でも続けられました
学生時代から英語が大の苦手でした。ですが彼氏の影響で洋楽が好きになり、歌詞の意味を理解できるようになりたいと思って英語を勉強してみようかなと考えるようになりました。そんな時にi-smile(アイスマイル)と出会い、始めてみました。教材内容によっては向き不向きがあるかもと不安でしたが、i-smile(アイスマイル)は最後まで楽しく学べました。おかげで英語もどんどん理解できるようになって、洋楽も意味を理解しながら聴けるようになったのでますます好きになりました。

英語が話せる友達に憧れて
私には同い年で英語が得意な友達がいます。その友達に憧れてi-smile(アイスマイル)を始めたんです。今はその友達にも褒められるくらい英語が上達して、外国人とも普通に会話ができるほどになりました!i-smile(アイスマイル)を始めて本当に良かったです。

i-smile(アイスマイル)のレビューをTwitterで調べてみた

続いてTwitter。

本当に2ヶ月で英語をマスターできてびっくり(゚A゚;)ゴクリ
i-smile(アイスマイル)すごい!!!本当にたった2ヶ月で英語が理解できるようになりました。しかも発音もネイティブに近い英語が話せるようになって・・・スマホ1つで学んでるとは思えないほどの効果です(゚A゚;)ゴクリi-smile(アイスマイル)なら誰でも英語が得意になると思う。それだけ楽しく学べます!

今までの苦労は何だったんだろうと思いました
今までは英語の勉強といえば、テキストや辞書を使って単語を繰り返し覚えて・・・という退屈な内容ばかり。中学英語の簡単な内容はまだ理解できるけど、少し難しくなるともうちんぷんかんぷん。徹夜で勉強したこともありますし、それだけ頑張ってもテストの点数が悪くて親に怒られたりと散々でした。でも将来の夢のためには英語が必須だったので頑張ってました。ある日友達からi-smile(アイスマイル)を進められて、なんだか面白そうだからやってみようと思って始めたら、今までの頑張りが無駄だったのでは?と思うほど面白いくらいに英語がわかるようになって驚きました。

i-smile(アイスマイル)のレビューをFacebookで調べてみた

最後にFacebook。

夫婦でi-smile(アイスマイル)を始めました
夫婦で海外旅行に行くのを目標に、i-smile(アイスマイル)を始めました。毎日ちょっとした時間でできるのがいいですね。私も夫も生活リズムが全く違うけれど、i-smile(アイスマイル)は自分のペースでできるので続けられました。i-smile(アイスマイル)を始めた3ヶ月後には夫婦で海外旅行に。英語が聴ける、わかる、話せるのでとっても楽しい旅行ができました。また夫婦で海外旅行に行く計画を立てています。

値段の割にはしっかり学べる
i-smile(アイスマイル)は「楽しく学べる」と謳っていたので、たいした効果はないのかなと思っていました。それでも評判がよかったので試しに購入。始めてみてあまりの教材の充実ぶりと効果の高さに驚愕。この値段でここまで?コスパ最強すぎますね。英語に興味のある人は1度はi-smile(アイスマイル)をやってみるべきです。

まとめ

i-smile(アイスマイル)のレビューを【インスタグラム】【Twitter】【Facebook】で調べてみました。

SNSでもものすごく人気で、多くの人がi-smile(アイスマイル)を始めていましたよ。
また「英語が話せるようになった!」「理解できるようになった!」という書き込みが大量にありました。

i-smile(アイスマイル)は楽しく学べること、五感を刺激してしっかりと脳に定着させることを重視しています。
なので英語初心者の人でも簡単に学べて、あっという間に英語が身につくんですよ。

「英語を読めるようになりたい」
「英語を話せるようになりたい」
「英語を聞き取れるようになりたい」

そう思っている人は、ぜひi-smile(アイスマイル)を試してみてくださいね!

→→公式サイトを見てみる

i-smile(アイスマイル)についているカリキュラム(教材)の内容を大公開!

近頃、日本でも英語が話せる人が増えていますよね。
日本に観光に来る外国人も年々増えていて、アジア人だけでなくヨーロッパ系の方までよく見かけるようになりました。

東京や大阪といった都会の観光地だけでなく、知る人ぞ知るという田舎の観光地や飲食店にも外国人が集まっています。

そしてテレビを見ていても外国人をメインにした番組が増えていると思いませんか?
日本に来た外国人に着いていったり、外国人の夢を叶えてあげたり・・・。

世界共通言語である【英語】
今こそ習得するタイミングだと思うんです。

英語が話せるようになるだけで、何倍も正解は広がりますし、人生が楽しくワクワクしたものに変わります。
そして英語が話せるという優越感にも浸れます(笑)

i-smile(アイスマイル)に興味を持っている方なら、i-smile(アイスマイル)がどんな教材なのか詳しくご存知かと思います。

ドラマを見る→ドラマの内容を真似る→スマホゲームで復習する
これの繰り返しです。

ですが、まだ詳しいことまでわからない、という人のために、i-smile(アイスマイル)の教材の内容を詳しく説明しようと思います。
i-smile(アイスマイル)の良さがわかれば、皆さんもきっとすぐにでも始めたくなると思いますよ。

私もi-smile(アイスマイル)を実際に受講していますが、こんなに楽しい教材は初めて!というくらい、画期的な内容でした。
飽きることもなく、いつまでも楽しく学べるのがi-smile(アイスマイル)の良いところです。

ではi-smile(アイスマイル)の教材の内容を紹介していきますね。

i-smile(アイスマイル)のカリキュラム(教材)を1つずつ詳しく紹介します ~ドラマ編~

まずなんと言ってもi-smile(アイスマイル)の特徴である【ドラマ】についてです。
i-smile(アイスマイル)はドラマを見ながら英語を学習する教材です。

しかもドラマは日本語なんですよ。
「え?日本語のドラマを見てどうして英語が学べるの?」と思いますよね。

内容はネタバレになってしまうのでさすがに話せませんが、映像も役者もストーリーも非常にクオテリティが高いです。
なので楽しんで最後まで見れるんですよ。

字幕もとてもわかりやすく、英語がすっと入ってきます。
楽しくドラマを見るだけで、知らず知らずのうちに英語が身についているんですよ。

ドラマの登場人物もみんな個性豊かで愛嬌のある人ばかり!
自分のお気に入りの人が見つかるかも知れませんね。

ドラマの長さは1話15分です。
たった15分なので、空いた時間にさっと見やすいです。

電車の中でも15分、寝る前の15分、お風呂に浸かりながら15分・・・
たった15分なので色んなシーンでドラマを視聴できます。

私は毎日寝る前にドラマを見ています。
休日には食事を摂りながら見ることも多いです。

ドラマや映画が好きな人はもちろん、普段あまりドラマを見ないという人でもついつい先が気になってしまう内容だと思います。

ドラマを見終わった後はドラマの内容を真似ます。
ドラマの中では英語での会話が出てくるので、その部分を真似る感じです。

最初はネイティブな発音ができなくても、真似ていると雰囲気で英語が話せている気分になるので楽しいですよ。

i-smile(アイスマイル)のカリキュラム(教材)を1つずつ詳しく紹介します ~スマホゲーム編~

続いてのi-smile(アイスマイル)のカリキュラム(教材)はスマホゲームです。
ドラマの内容を復習するために行うスマホゲームなのですが、これもなかなかクオリティが高いんですよ。

トランプゲームの神経衰弱の要領で、質問に対して回答を選択するゲームです。
質問も回答も英語ですが、訳が見られるようになっているので英語がわからなくても遊べます。

このゲームがなかなか熱中するんですよ。
それもそのはず、なんとランキング機能があるんです。

カードをめくった回数やかかった時間などで他のユーザーと競うことができます。
なのでなるべく間違わずに早いスピードでクイズに正解していく必要があります。

やりがいがあって楽しいのですが、ただ遊べるだけでなく、このゲームも自然と英語が学べます。
何度も行っているうちに訳を見なくても英語が読めるようになるんです。

このゲームも合間にできるので、どこでも遊ぶことができますよ。

できればドラマもゲームも毎日続けたほうが良いです。
その方が脳への定着が早くなるので、英語を習得しやすくなります。

スマホゲームなのでお子様でももちろん遊べます。
家族でワイワイ遊ぶのも楽しいもんですよ。

私もこのゲームは大好きなのですが、なかなかランキングでは1位になれません。
他のユーザーが結構手強いです・・・(笑)

皆さんもランキング1位目指して頑張ってみて下さいね!

i-smile(アイスマイル)のカリキュラム(教材)を1つずつ詳しく紹介します ~ABCソング編~

i-smile(アイスマイル)はネイティブな英語の発音も簡単に学べるんです。
その方法は【ABCソング】を歌うというもの。

ABCソングは皆さんもご存知だと思います。
ABCDEFG~HIJKLMN~OPQRSTU~VWXYZ~♪

子供の時に歌いませんでしたか?
これを歌うとネイティブな英語の発音が習得できるんですよ。

ウソだと思いますよね?
私も「こんなので発音は良くならないでしょ~」となめてました。

・・・・・ごめんなさい。。。
本当に発音が上達したので、私はびっくりしましたよ・・・(笑)

日本語の発音での舌の使い方が定着している日本人には、英語の発音は難しいものだと言われてきました。
確かにi-smile(アイスマイル)を始めた当初は発音がぎこちなさ過ぎて、完全なカタカナ英語でした。

ですが今ではペラペラとネイティブな発音ですらすら英語を話せるようになりました。
ABCソングを侮ってはいけませんよ(笑)

日本人でもやればできるものなんだな~と自分で自分に感心したものです。
特にお子様は覚えるのが早いので、ABCソングで一気に英語の発音が上達するようですよ。

発音の練習というと、舌の動かし方を何度も何度も練習するイメージがありますよね。
ですがi-smile(アイスマイル)はそんな固定概念を払拭してくれます。

面倒な反復練習も、舌の使い方を気にする必要も一切ナシ。
楽しくABCソングを歌って、歌をマスターすればネイティブ英語も同時にマスターできます。

こんな魔法みたいな英語教材があるんですね。
いや、実際にi-smile(アイスマイル)を受講すると、その凄さを実感しますよ。。。

まとめ

i-smile(アイスマイル)のカリキュラム(教材)について説明してきましたが、i-smile(アイスマイル)の良さはわかって頂けたでしょうか?
もっとi-smile(アイスマイル)の凄さをお伝えしたのですが、記事が長くなってしまって読むのが大変になってしまうのでこの辺りで・・・。

とにかく遊びながら簡単に英語が学べる教材なんだと理解して頂ければいいかと思います。
英語学習教材と聞くとなんだかとっつきにくそうなイメージがありますが、i-smile(アイスマイル)は手軽に手を出しても大丈夫です。

普段忙しくて時間がない人でも、勉強のためにまとまった時間が作れない人でも、勉強に集中しにくい人でも、
どんな人でもi-smile(アイスマイル)なら英語をマスターできるかと思います。

この記事を読んでi-smile(アイスマイル)に興味を持った方は、ぜひ受講を検討してみて下さいね。

→→公式サイトを見てみる

i-smile(アイスマイル)の復習用ゲームは本当に勉強になるの?どんなゲームなのか調べました!

i-smile(アイスマイル)には専用の復習方法があるって知っていますか?
i-smile(アイスマイル)で英会話を学習した人に聞いたんですが、これが結構面白い方法なんですよ。

なんとi-smile(アイスマイル)の復習はゲームでやるらしいんです。
…学習教材でゲーム?なにそれ?って感じですよね。

英語教材だからテキストを表示して当てる?
虫食いになっている部分を4択の中から選択?

いいえ、i-smile(アイスマイル)の復習用ゲームはちょっと違うんです。

i-smile(アイスマイル)の復習用ゲームって?

先程軽く説明しましたがi-smile(アイスマイル)は復習をゲームでやります。
もう少し具体的に説明していきますと、復習ゲームはスマホでプレイします。

で、気になるのはゲーム内容ですね
i-smile(アイスマイル)のゲームはトランプの神経衰弱風のものになります。

さすがにトランプで神経衰弱をしたことがない人はルールから覚える必要もありますが…そんな人は稀ですよね。
ルールを覚えるにしても簡単ですので心配はいりません。

カードをめくると英語の文章が書かれていて、音声でも再生されます。
同じカードを揃えていくだけの簡単なゲームです。

ですので英文を読む能力、発音能力を高められるというわけですね。

でもちゃんと発音練習もしないといけませんよ。
当然、神経衰弱のように柄を揃えるだけだったら発音は良くなりません。

i-smile(アイスマイル)は英会話の習得が目的ですので、発声練習はとても大切です。

ゲームは学習したドラマ教材でやったことがきちんと覚えられているかの復習になります。
ですのでドラマを見直して復習というのもアリですよ。

i-smile(アイスマイル)はなぜゲームで復習するの?

でも1つ気になりませんか?
なぜi-smile(アイスマイル)はゲームで復習するようにしたのでしょうか?

復習だったらゲームである必要はないはずです。
テキストの問題集であったり、発音練習用のCDなんかでもできますから。

あえてi-smile(アイスマイル)がゲームを選んだのには理由があるそうです。
それは楽しんで学習した方が記憶として定着しやすいから。

勉強を始めるときってちょっと気合がいりますよね。
「あぁ面倒…」「嫌だけどやらなきゃ憶えられない」などなど…。

ネガティブな気持ちで勉強しても、記憶として定着しにくいことが東京大学の研究で判明しています。
…というか今までの自分のことを振り返ってもわかりますね。

テスト前の勉強よりも、楽しい授業だったときの方が記憶に残ってます。
ですのでi-smile(アイスマイル)の復習ゲームは、学習方法として理想的なのではないかと思います。

i-smile(アイスマイル)の復習用ゲームはやりこみ要素アリ!

ちなみにi-smile(アイスマイル)の復習ゲームにはやりこみ要素もあります。
普通に神経衰弱するだけだったら飽きますし、楽しむにしてはちょっと地味…(笑)

ではどうすれば楽しく復習できるのかを考えた結果、やりこみ要素を追加したみたいですよ!

解答までにかかった時間でスコアが付く

i-smile(アイスマイル)の復習ゲームには、解答までにかかった時間でスコアが付くそうです。
自分の成績がスコアとして明確にわかるのは良いですね。

正解か不正解かの、ただの100点満点の問題集だと面白みがありません。
でも時間でスコアがつくなら意味が変わってきます。

何度も挑戦できるそうですので、ハイスコアを取れるまで繰り返して挑戦んできます。
「復習しよう!」ではなく「ハイスコア取ろう!」と思ってやる方が、楽しく勉強できますよね。

以前DSで英語学習のゲームをやったことがありますが、そのときも同じように「ハイスコアを取ろう!」と頑張ったものです。
普通に学習するよりもよく覚えられたので、遊び目的でする方が学習効果は高いのでしょうね。

ランキング機能付き!

i-smile(アイスマイル)の学習ゲームはランキング機能がついています。
先程スコアが付くことは説明しましたよね。

このスコアをランキングで競うシステムです。
人間どうしてもランキングがあると上位を狙いたくなってしまうものです。

ランキング上位を目指すにはハイスコアを取る必要がある、ハイスコアを取るには何度も挑戦して早く解答できるようになる必要がある。

結果的に復習が捗るわけですね。

i-smile(アイスマイル)の復習ゲームで効率よく学習するためのポイント

ゲームで復習するだけと言っても、ポイントは抑えておいた方が効率よくできます。
早く覚えられれば、それだけハイスコアも狙いやすくなるというもの。

i-smile(アイスマイル)で効率よく学習するためのポイントを調べました。

最初はスコアを気にせずチャレンジ

最初からハイスコアを狙ってチャレンジしようとする人が多いと思います。
でも最初はスコアを気にせずやりましょう。

何度でも挑戦できますし、復習前のスコアなんて気にしても仕方ありません。
i-smile(アイスマイル)のゲームは、記憶として定着させるのが目的です。

ですので気にするべきなのは、何度も挑戦した後。最終的なスコアだけです。
最初からハイスコアを出せたなら、何度か確認で挑戦して復習することもお忘れなく!

一気に覚えようとしない

勉強が苦手な人に多いのですが、一気に覚えようとするのはお勧めしません。
一気にやるよりも、1つずつ確実に覚えた方が良いです。

10問あるうち1問を確実に覚える。これを10回繰り返せば10問全部解けるようになります。
解いているうちに前回の復習をすることになるので、結果的にしっかり記憶として定着しやすくなります。

このやり方が面倒だと言って一気にやろうとすると、大抵余計に時間がかかります。
私が両方の方法を試して出た勉強方法がこれでした。

1つずつ確実に積み重ねましょう。

体を動かしながら声に出す

体を動かしながら声に出してi-smile(アイスマイル)のゲームをやりましょう。
i-smile(アイスマイル)は聴覚や視覚といった五感を意識して作られています。

だからこそ英会話の習得率が高いと言われているのですが、より効果を高めるには体を動かすのがオススメです。

動かすのはウォーキングでもOKです。
あ、だからと言って歩きスマホはやめましょうね。

特に外でi-smile(アイスマイル)を復習するときって、イヤホンを付けてやる人が多いと思います。
イヤホンを付けて音声と画面に集中すると怪我であったり事故に遭う可能性が高くなります。

家の中や庭であれば誰かにぶつかる心配もないので、人の迷惑にならないところでやりましょう。

体を動かすと刺激される五感が増えるため、より記憶に残りやすくなります。
私も学生のとき英単語や方程式を覚えるとき、ためしにウォーキング+発声でやったら早く覚えられました。

この方法は東大を目指す漫画のドラマでやってたので真似しました(笑)
本当に効果があるとは思ってなかったのですが、やってみて良かったので丸暗記が必要なときなんかには活用していました。

最初こそスコアが低くてやる気が出ないかもしれませんが、i-smile(アイスマイル)のゲームは繰り返すだけでハイスコアを狙えます。

他のゲームのようにテクニックや課金なんて必要ない、誰でもハイスコアが目指せるゲームです。
自分の努力次第でランキング上位を狙える上に英語力も高められる。まさに一石二鳥ですね。

→→公式サイトを見てみる

i-smile(アイスマイル)の販売会社株式会社Creajoyは信頼できる?詐欺ではないの?

i-smile(アイスマイル)って知っていますか?
英語学習の教材なんですが、公式サイトを見るとどうも詐欺っぽいんですよね。

i-smile(アイスマイル)の講師はデイビッド・セインというアメリカ人です。
英語教材の本を数多く日本で出版しており、確かに実績のある先生のようです。

ですがi-smile(アイスマイル)の謳い文句が
たった2ヶ月で英語がペラペラにとか、ドラマを見るだけ、1回15分やるだけという内容ばかりで
いかにも「手軽に英語を学べますよ」感を出しているんですよね。

あまりに良いことばかり書かれていると、詐欺なんじゃないの?とどうしても疑ってしまいます。

本当にi-smile(アイスマイル)に効果があるのかどうかを確かめるには
i-smile(アイスマイル)を実際に受講するしかありません。

ですが、お金を支払う前にしっかり信用を得たいので、
i-smile(アイスマイル)の販売会社である【株式会社Creajoy】について調べてみることにしました。

徹底的に調べて、株式会社Creajoyの本性を暴いてやりますよ!

Googleで株式会社Creajoyについて調べてみた

まずはGoogleで【株式会社Creajoy】を検索してみます。
すると出てきましたよ、会社のホームページが!

株式会社Creajoyのホームページには、
【講師】【企業理念】【人材募集】【i-smileについて】【お問い合わせ】
以上のページがあります。

1つ1つ見ていきましょう。
まずTOPには外国人の女の子の写真が出てきます。

そして大きく【Create Your Joy.】の文字が。
英語教育で人々の喜びを創造する、という意味らしいです。

CreateとJoyを合わせて、Creajoy。
これが会社名の成り立ちというわけでしょうか?

会社の大きな目的としては、英会話スクール【i-smile(アイスマイル)】を通して、
コミュニケーションの壁を崩し、人が繋がって、喜びがあふれる世界を創ること。

言葉や人種の違いを超えて、人と人とが繋がるお手伝いをするという感じでしょうか。
その思いが【Create Your Joy.】という英語に全て含まれているんですね。

株式会社Creajoyのホームページの講師のページについて

さて、では次は講師のページを見てみましょうか。
講師のページにはもちろんデイビッド・セインさんが載っていました。

デイビッド・セインさんのプロフィールや、著書の紹介、
またデイビッド・セインさんが監修した英語学習サイトの紹介もありました。

文章は少ないものの、簡潔にデイビッド・セインさんのことが紹介されていますね。

なんとベストセラー本も多数あるようで、日経新聞や朝日新聞、毎日新聞ではコラムも連載しているのだとか。
テレビに出演した経験もあるようで、NHKの日本語学習番組にレギュラー出演していたようです。

デイビッド・セインさんは英語ではDavid Thayneと表記するようです。

このページに関しては嘘は書いていないようなので、軽く見るだけにします。

株式会社Creajoyのホームページの企業理念のページについて

続いて企業理念のページを見てみます。
ここでは株式会社Creajoyの使命について書かれていました。

英語は世界共通語です。

英語を公用語とする国は数多くあります。
イギリスなどのヨーロッパやカナダなどの北アメリカ、ジャマイカなどの中央アメリカ、ガイアナなどの南アメリカ、
オーストラリアなどのオセアニア、ガーナなどのアフリカ、セントヘレナなどの大西洋地域などです。

そして英語を準公用語とする国も多いですね。
アイルランドやスリランカ、インドなどです。

英語を第一言語とする口は世界に12カ国あり、英語を公用語(または準公用語)とする口は世界に50カ国もあります。
つまり英語をマスターできれば世界中のほとんどの人とコミュニケーションが取れるというわけです。

英語を学ぶことはそれだけ大きな意味があり、英語を学ぶことでそれだけ世界が広がります。

株式会社Creajoyが作るi-smile(アイスマイル)はただの英語学習教材ではなく、
人との繋がりやコミュニケーションを通して、新たな喜びや人生の楽しみを見つける手助けをするというのも目的のようです。

非常にわかりやすく、奥の深い企業理念だなぁと感じました。

株式会社Creajoyのホームページの人材募集のページについて

続いて人材募集のページを見てみます。
このページを見る必要性はないかもしれませんが、まあ念のために…。

人材募集のページの最上部には「One for all, All for one」の文字が。
ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために。という意味の言葉ですね。

このページに書いてあることを簡単にまとめると、

「人生の中で、職場で過ごす時間は非常に長い。
家族よりも仕事仲間と過ごす時間の方が長いかも知れない。

なので私達は、働いて楽しい会社を作ることを心がけている。

お互いに認め合い、支え合い、助け合い、自分の居場所を見つけられる
そんな職場を目指しています。」

これだけ見ると非常にキレイ事に感じますよね~。

それはなぜか?

求人サイトを見たことがある人ならわかると思いますが、
「アットホームな職場です」という言葉が信用できない人は少なからずいると思います。

それは経験上そうなってしまった人もいるでしょう。
なので良いようにしか書いていない職場=危険、という認識が刷り込まれているんでしょうね。

まあ株式会社Creajoyがそれに当てはまるかどうかはわかりませんが。

話は戻しまして、
株式会社Creajoyが募集しているのは英語講師と事務職のようです。(記事を書いている時点での情報です。)

書類選考後の面接の仕方が、スカイプ面接と対面での面接の2種類あります。
私はスカイプ面接をした経験がありませんが、なんだか近代的だな~と思いました。

確かに遠方の人はスカイプ面接の方が楽ですし、そういう面も気遣える会社なのかなと感じました。

まあ求人については私には関係のないページなので、深く掘り下げることをやめておきますが、
もし気になる人は株式会社Creajoyの人材募集のページを1度ご覧になってみて下さいね。

株式会社Creajoyのホームページのi-smileについてのページについて

続いてはi-smileについて、というページです。
このページでは当然、i-smile(アイスマイル)について紹介されています。

このページにどんな事が書いてあるのかを簡単にまとめるために、見出しをピックアップしていきますね。

①大切なのは、楽しくドラマを見ること。
②プロ品質のドラマ制作チーム
③ドラマの字幕には「スマート字幕」を採用

以上のことについて解説してあります。

ドラマを15分見る→ドラマの内容を15分真似る→空いた時間にゲームで復習をする
1日30分、2ヶ月で英語がマスターできますよという内容です。

i-smile(アイスマイル)についての詳しい紹介は他の記事で行うのでここでは軽く紹介するだけにしておきますね。

株式会社Creajoyのホームページのお問い合わせのページについて

最後にお問い合わせのページです。

ここでは、
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
タイトル
お問い合わせ内容
を入力します。

ちなみに先ほどのi-smileについてのページから【お申込はこちらをクリック】というボタンを押すと、
お問い合わせのページに飛ぶので、お申込みもお問い合わせからするのかもしれませんね。

余談ですが、株式会社Creajoyの管理責任者はデイビッド・セインさんのようです。
つまりデイビッド・セインさんの会社というわけですね。

東京都文京区のビルにある会社のようです。

以上、株式会社Creajoyについて調べてみました。
ホームページを見る限りでは怪しい部分は特に見つからなかったので、詐欺ではないのかも?

デイビッド・セイン自らが作った会社のようなので、実績のある先生が詐欺をすることもないでしょうし。
なのでi-smile(アイスマイル)は安心できる英語教材なのかなと思いました。

→→公式サイトを見てみる

i-smile(アイスマイル)は子供でも英語をマスターできるの?中学生の息子で試してみた

楽しく遊びながら英語が学べる教材、i-smile(アイスマイル)。
私はi-smile(アイスマイル)を2ヶ月受講し、見事英語をマスターしました。

私は英語を半年ほど勉強していて、自己流の勉強法ではさすがに限界を感じ、
i-smile(アイスマイル)を始めたという経緯になっています。

つまり私はもともと英語を勉強していたので、i-smile(アイスマイル)も始めやすい環境にありました。

ドラマを見て、真似て、ゲームで復習をして、歌を歌って発音を練習するという、
全く新しいタイプの教材だったので、飽きずに毎日続けられましたよ。

本当に遊んでいるような感覚で英語を学べるので、これは子供にも向いているかも?と思ったんです。
なので私の息子にやらせてみよう!と思ったわけです。

私みたいなマイペース人間でもできたんだから、子供にもハードルは低いはず…。
というわけで、息子のi-smile(アイスマイル)を勧めてみたいと思います!

i-smile(アイスマイル)を息子に勧めてみた結果…。

私には中学1年生の息子がいます。

ですが全く英語に興味はなく、学校が終わっては部活を頑張り、
家に帰ってすぐに宿題をし、寝るまでYouTubeを見て過ごすという、至って普通の男の子です。

そんな息子でもi-smile(アイスマイル)で英語をマスターできるのでしょうか?
1日15分だけなら子供も頑張って続けてくれるのではと、ささやかな希望を持って、息子に頼んでみました。

すると「やってみてもいいよ」といかにも仕方なくという返事をもらいました(^_^;)
まあやってくれるだけでも良しとしましょう…。

最初はi-smile(アイスマイル)になかなか興味を持たなかった息子ですが、
i-smile(アイスマイル)がどんな教材なのかを説明するうちに興味を持ってくれました。

  1. 1回15分のドラマを見る
  2. ドラマの内容を真似る
  3. 空いた時間にゲームを復習する
  4. ABCソングを歌って発音を練習する
  5. たった2ヶ月で英語をマスター!

そんなi-smile(アイスマイル)の説明を聞き、今すぐにでも始めたそうな息子。
家にいる間はずっとスマホを触っている息子なので、そのスマホを使って英語を学ぶ教材なら続けてくれそうです。

i-smile(アイスマイル)を始めた息子の様子

まずはi-smile(アイスマイル)のドラマを見せてみました。

私は1話目からとても楽しく拝見させてもらって、すっかりドラマのストーリーに引き込まれましたが、
子供は子供でまた感性も違うと思うので、どのように感じるのだろう?と気になっていました。

するとニコニコしながらドラマを15分間見続けていたので、息子はどうやら気に入ったようです。
その後もドラマの内容を真似て英語を話していました。

子供もハマるなんてすごいな~と改めてi-smile(アイスマイル)に感心しました。

ドラマのあとはゲームで復習です。
息子はスマホゲームも大好きなので、これは絶対気にいるはず!と思ったんです。

すると案の定ハマってました。
ランキングがあることで、結構燃えるみたいです(笑)

数個間違えてはいましたが、最後まで楽しんでくれたので良かったです。
明日からも毎日続けてくれよ~!頼むから!(-_-;)

ドラマが15分で終わるということもあって、夜更かしもせずにちゃんと寝てくれました。

そして次の日、起きてそうそう、朝ごはんを食べながらi-smile(アイスマイル)のドラマを見ていました。
これで息子も英語をマスターしてくれたら、思い切って一緒に海外旅行でも行きたいですね。

旦那は全く英語を話せないので、旦那にもi-smile(アイスマイル)を勧めたほうがいいかも?(笑)

i-smile(アイスマイル)を2ヶ月間受講した息子の様子

さて、息子がi-smile(アイスマイル)を始めて2ヶ月が経ちました。
果たして息子の英語力はどれくらいなのでしょうか?

私「How is it going?」
息子「It’s going well. 」

私「What is your hobby?」
息子「I like playing football.」

私「What time do you wake up?」
息子「I wake up at seven o’clock. 」

私「What did you do yesterday?」
息子「I went to school.」

私「How is school?」
息子「School has been quite busy recently.」

簡単な英語ですが、こんな会話を軽くしてみました。
我が息子ながら「おぉぉ~!すごい!」と心の中で感動していました(笑)

だって英語のテストで0点を取ったこともある息子ですからね…。
そこからの急成長に驚いています。

英語の発音もかなり良い感じなんですよ。
毎日ABCソングを歌えば、これからももっともっと上達すると思います。

私がわざと早口で英語を話したときなんて、
とっさに「Hold on. Could you speak more slowly?」って言ってきましたからね。

中学生なので学習のスピードも早いのかも知れませんが、i-smile(アイスマイル)の効果に本当に驚いています。

旦那が私と息子の英語での会話を聞いて、まったくのちんぷんかんぷんの様子。
「あなたもi-smile(アイスマイル)やってみる?」と聞くと、食い気味に「やります」と言ってきました(笑)

旦那が英語をマスターする頃には家族で海外旅行に行きたいので、今年の夏の予定をさっそく立てておこうかな~♪

番外編:i-smile(アイスマイル)を2ヶ月受講した旦那の様子

旦那は会社員で、土日以外は朝から夜まで働いていて、一般のサラリーマンの方と同じように忙しい毎日を送っています。
でも時間の合間を見つけてi-smile(アイスマイル)を毎日続けていました。

そして2ヶ月後には旦那も英語を話せるように!
今では家族で英語で話す機会も増えています。

余談ですが、この間旦那が仕事帰りに外国人の方に道を聞かれたそうです。
内心ドキドキしながらも流暢な英語で説明し、案内をしてあげたそうです。

その時に相手から「You are good at English!」と言ってもらえたようで、
その日の夜はニコニコしながら家に帰ってきて、自慢するかのようにこの話を聞かされました(^_^;)

よっぽど嬉しかったんだろうなと思います(笑)

私も同じような経験がありますが、実際に外国人の方と会話する機会が普段はまったくないので、
こういう機会で英語で普通に会話ができるという経験をすると本当に嬉しいものです。

なので旦那の気持ちはよーーーくわかりますよ!

息子も英語の授業の成績が良くなって、三者面談の時は息子の英語力を先生にも褒められました。

息子はサッカー選手になるのが夢なので、海外でサッカーをプレイする夢も持っています。
英語は世界共通語なので、どのクラブに行っても言葉は通用するでしょうね。

まあサッカーが上達しないことには、プロのサッカー選手にはなれませんけど…(-_-;)

何はともあれ、i-smile(アイスマイル)で家族3人、見事に英語をマスターできました!
たった2ヶ月で本当に英語が聞けて話せて理解できるようになりました。

家族みんなでi-smile(アイスマイル)を始めて本当に良かったなと思います。

→→公式サイトを見てみる

i-smile(アイスマイル)が怪しいと思う点をまとめました!

「i-smile(アイスマイル)で英語をマスターした!」というレビューを目にしました。

ですが本当にi-smile(アイスマイル)で英語が身につくのかは疑問なんですよね。
だって公式サイトにもおいしいことしか書いていないじゃないですか…。

私は以前英語を勉強しようと高い教材を購入したことがあります。
初めてヨーロッパに海外旅行に行って依頼、英語を話せるようになりたくて仕方なかったんです。

でもその高い教材を使っても一向に英語も発音も身につかず…
私が悪いのか教材が悪いのかはわかりませんが、私には向いてないと思い3ヶ月で嫌になって投げ出しました。

そんな経験があるため、英語の教材はイマイチ信用できないんですよね。。。

でもまたヨーロッパに行って、次はスマホの翻訳に頼らずに旅行をしたいという夢があるんです。
なので英語が身につくのであればi-smile(アイスマイル)を始めてみたい気持ちはあります。

とはいえ、やはり納得してから始めたいので、i-smile(アイスマイル)の怪しい点を1つ1つ洗い出してみようと思います。

私と同じように「i-smile(アイスマイル)って怪しくない?本当に英語が身につくの?」と疑問に思っている人は、
ぜひこの記事を最後まで読んで下さいね!

i-smile(アイスマイル)の怪しい点はココ!

まずはi-smile(アイスマイル)の怪しい点を書き出してみますね。

私が一体どこに疑問を抱いているのか?
その全てを暴露します!

  1. 1日15分でOK
  2. 日本語のドラマを見るだけ
  3. ゲームで復習する
  4. ABCソングを歌ってネイティブな発音になる
  5. 2ヶ月で英語をマスターできる

ざっとまとめても5つも怪しい点が見つかりました!
なんだか胡散臭いし詐欺のようなニオイもするんですよね~。

だってi-smile(アイスマイル)の公式サイトを見ても、
【楽しい】【簡単】【短期間】【空いた時間で】【まるでマジック】なんて宣伝してるんですよ?

いやいや、怪しいでしょ…(笑)

良いことばかり書かれると、ますます疑いが強くなってしまいます。
きっと私と同じように感じている人って多いと思うんですよね。

1度でも英語の教材で失敗している人は特に慎重になっていると思います。
だって安い買い物ではないですからね…。

私も自分の経験から、お金をかければいいというものでは無いと学びました。
なのでi-smile(アイスマイル)が信用できるまでは始められません!

i-smile(アイスマイル)の怪しい点を1つ1つ調べていこうと思います。

i-smile(アイスマイル)は1日15分だけやればOK!

「1日15分?ありえない!」
そんな気持ちが真っ先に飛び出しました。

たった15分でなにが学べるの?英語なんて身につかないでしょ?
そう思っていた私ですが、ある事実を目にしました。

なんと東京大学の研究で、
【人間の学習は15分ごとに1回休憩して、複数回に分けて学習したほうが長期的に記憶を定着させることができる】
というのです!!!

人間の集中力は40分を過ぎると極端に低下するらしく、
集中力を最後まで維持するためにも15分おきに休憩するのが良いのだとか。

これは初耳でしたね~。
勉強なんて、じっくり時間をかけてする方が脳に定着しやすいのかと思ってました…。

有名な大学の研究で証明されてるなら、信用できますよね。
15分経ったら休憩ができるというのは、勉強のハードルもグッと下がります。

勉強のためにまとまった時間が作れない人にも嬉しいですよね。
15分なら通勤途中の電車の中でもできちゃうじゃないですか!

もしくは寝る前の15分、朝食後の15分、湯船に浸かりながら15分…などなど。
たった15分なら生活の中に取り入れやすいですよね。

また「集中力を維持するためだから15分でやめてもいい」という理由があるので、罪悪感もありませんし(笑)

i-smile(アイスマイル)は日本語会話のドラマを見るだけで英語を学べる!

英会話のドラマを見て英語を学ぶならまだしも、日本語の会話を見てどうして英語が学べるの?!
と頭がハテナになってしまいました。

どうやら日本語で繰り広げられるストーリーを見ながら英語が学べるようです。
日本語なので内容が理解しやすくて、意味がわかるから続けやすいんだとか。

さらに内容に凝ったドラマなので、次々見たくなるほどのクオリティなんだんとか…。

海外ドラマを見ながら英語を学ぶ勉強法もありますが、実はあまり効果的ではないようです。
海外のドラマは英語の文法もめちゃくちゃで、略語も多いため、辞書で調べても出てこないんだとか。

さらにとても早口なので聞き取りにくいという…。
字幕も意訳されたり省略されたりしているため意味がないようです。

しかしi-smile(アイスマイル)のドラマは英語学習用の作られているので、英文も字幕もわかりやすくなっています。
こういう英語学習用の字幕のことを【スマート字幕】と言うんだとか。

このスマート字幕はマサチューセッツ工科大学が研究論文で発表したものなので、
英語学習に効果的だと証明されているようです。

スマート字幕は一般的な英語学習法の2倍以上の学習効果があるんだとか!
さらにテキストを見て勉強をするよりも、映像を見て勉強するほうが学習効果がアップするとの研究結果も。

i-smile(アイスマイル)のドラマはドラマ作成会社とデイビッド・セイン先生が会議を重ねて作成されていて、
構成や脚本、撮影、編集、プロの役者さんなど、全てプロの腕で作られているようです。

ドラマの長さは15分。
そのあとに15分間、ドラマの真似をします。

「英語を勉強している」という感覚がなく、自然と英語が身につくようですよ。

i-smile(アイスマイル)はスマホゲームで復習をする!

勉強した内容を脳に定着させるには、復習が不可欠です。
でも復習ってほんとーに面倒くさいんですよね!

やる気も集中力も無くなり、眠気にも襲われ、テキトーになってしまう作業です。

でもi-smile(アイスマイル)の復習方法はなんと【スマホゲーム】!
ドラマの内容をスマホゲームで復習するんです。

ゲームの内容は神経衰弱のような感じ。
ドラマで見た英語の会話が題材になっていて、クエスチョンが出るのでそれに対して回答を選ぶというもの。

もし英語の意味がわからなければ訳が読めるので、意味がわかるようになっています。

このゲームにはやりこみ要素やランキングもあるんだとか!
カードを裏返した回数やかかった時間などで他のユーザーと競うことができます。

このゲームはi-smile(アイスマイル)を始めれば無料でプレゼントしてもらえるんだとか。
無料プレゼントですが、動きも音声もしっかり作られているようです。

ゲームも短時間でできるものなので、空き時間でパパっと復習ができるようになっています。
遊びながら英語を学んで、知らず知らずに英語が脳に定着して身についていると。

スマホでできるのでいつでも復習できていいですね。

i-smile(アイスマイル)はABCソングを歌ってネイティブな発音になる!

ABCソングと言えばアレですよね。
子供でもよく歌っている「ABCD~♪」ってやつですよね。

誰もが知っている曲でネイティブな発音が練習できるようです。

知っている曲なので歌詞を覚えなくてもいいですし、わざわざ発音の練習をする必要もないんだとか。
本当に歌を歌うだけでネイティブな発音が身につくようです。

ABCソングを歌えるようになるとネイティブな発音ができるようになっているようです。

i-smile(アイスマイル)はたった2ヶ月で英語をマスターできる!

いやいや、2ヶ月は無理でしょ…。
だって他の英語教材で私が学んだ時は、3ヶ月経っても一向に英語を理解できなかったんですよ?!

しかもi-smile(アイスマイル)は発音までも2ヶ月でネイティブになるんだとか。
さすがにそれは嘘でしょ…。

と思ったのですが、【東京大学】【MIT】【マサチューセッツ工科大学】の研究結果に基づき、
様々なノウハウが詰め込まれているので、本当に2ヶ月でネイティブな英語をマスターできるようです。

【楽しい】【簡単】【短期間】【空いた時間で】【まるでマジック】
というのは、あながち嘘ではなさそうですね。

i-smile(アイスマイル)の怪しい点を調べると、裏付けもあって信頼もできるようなので、
私もi-smile(アイスマイル)を始めてみようかなと思いました。

2ヶ月で英語をマスターして、またヨーロッパに旅行に行こうと思います!

→→公式サイトを見てみる

i-smile(アイスマイル)の講師デイビッド・セインって何者?本当に実績のある先生なの?

i-smile(アイスマイル)の公式サイトを開くとトップに現れる男性。
まさにこの人がi-smile(アイスマイル)の講師である【デイビッド・セイン】先生です。

私はこの人を存じ上げていませんでしたが、英語の勉強法を紹介する書籍ではそこそこの有名人のようです。

試しにデイビッド・セインさんが作成した本の表紙を複数パーっと見てみましたが、確かに本屋で目にしたことがあるかも…。

でも私はわざわざ書籍を購入して英語を勉強しようと思ったことがなかったので、購入して読んだことはありません。

さて、話は戻りまして…。

デイビッド・セイン先生の正体を探っていこうと思います。
この先生はi-smile(アイスマイル)の要でもありますからね。

デイビッド・セイン先生の人物像

デイビッド・セイン先生は1959年生まれのアメリカ人です。
計算すると60歳…?

カリフォルニア州のアズサパシフィック大学で社会学修士号を取得し、その後は証券会社で働いていたようです。

のちに来日し、英語教師の他に翻訳や通訳としても活動していたようです。

なんと30年前から日本で英語を教えていたようですよ。
人生の半分になりますね。

日本では350冊以上の本を出版していて、売上数は延べ400万部以上だとか。
めちゃめちゃ売れてるじゃないですか…。

見た目も話し方も穏やかで、普通のおじさまって感じですが、どうやらすごい人のようです。

Amazonのランキングで常に上位にランクインしているようで、レビューも★5や★4がほとんどですよ、すごい。

デイビッド・セイン先生の本は、英語を学ぶ時の鉄板って感じなんでしょうか?
今まで知らなかった私はなんだか損した気分です…。

ここまで調べると、ちゃんと実績のある先生なんだなと感じましたね。
しかもネイティブな英語を話す先生なので、安心感もありますよね。

デイビッド・セイン先生の書籍はなぜ売れているの?

日本で多くの書籍を出したからと言って、必ず売れるわけではありませんよね。
ではなぜデイビッド・セイン先生の本は400万部以上も売れているんでしょうか?

その理由はズバリ「内容がわかりやすい」こと。
英語が苦手な人でも英語の仕組みについてしっかり理解できると評判なようです。

日本には多くの英語勉強用の書籍が存在しますが、文法や単語を覚えるだけではネイティブに外国人と会話をするのは難しいようです。

ですがデイビッド・セイン先生はネイティブ英語を話せるアメリカ人。
デイビッド・セイン先生の本で英語を学べば、ネイティブな英語がマスターできるようです。

ネイティブな英語が話せるようになるのって憧れますよね~。
でも中学英語すら難しいと感じてしまう私にはかなりハードルが高いです。

でもデイビッド・セイン先生は今までに1万人もの日本人に英語を教えてきたようです。
なので英語を教えるという経験は十分。

ということは私みたいな超超超英語が苦手な人間でも、ネイティブ英語を話せるようになるってこと…?

デイビッド・セイン先生の書籍のレビューを見てみた

「デイビッド・セイン先生の本はすごく売れていて評価が高い!」
と言われても、どれほどわかりやすい教え方をしてくれるのかイマイチわかりませんよね。

なので一体どんな本を出版しているのかをもっと具体的に調べてみることにしました。

まずはデイビッド・セイン先生の本の中で特に人気のある書籍を紹介しますね。

  1. ネイティブはこう使う! マンガでわかる形容詞・副詞
  2. 朝から晩までZOOっと英会話
  3. 基礎英語ができない大人の英会話
  4. いつでもどこでも聞き流すだけ英語サンドイッチメソッド
  5. ビジネスパーソンが英語で語るマイストーリー100

この辺りの書籍がメジャーどころのようですね。

それぞれの本のレビューも複数書き込みがあったので、簡単に紹介します。

「楽しく英語を学べる」40代女性
「わかりやすい」20代男性
「日本人が陥りやすい英語のミスや今までの疑問が解消されると思います。」30代女性
「大人から小学生の子供まで、家族みんなで読んでいます。」40代男性

レビューを見る限りでは、本当にわかりやすくて楽しく英語が学べるようですね。
レビューを読んでいると、私もデイビッド・セイン先生の本を購入して読んでみようかなという気になりました(笑)

でも日本人がわかりやすいということは、本当に教え方がお上手なんでしょうね。

日本一の英語講師デイビッド・セイン先生が作ったi-smile(アイスマイル)

30年も前から日本人に英語を教えているデイビッド・セイン先生。

そんな先生が長い月日をかけて作成したi-smile(アイスマイル)…
きっとこれまでの経験や実績が詰め込まれた教材なんだろうなーと感じています。

実際にi-smile(アイスマイル)の公式サイトでも【楽しい】【わかりやすい】【空いた時間で】という言葉が並んでいて、いかにも手軽そう。

英語の勉強というと、私みたいな知能の低い人間にはハードルがかなり高かったですが、
デイビッド・セイン先生が作ったi-smile(アイスマイル)なら手が出せそうです。

と、すでにデイビッド・セイン先生のことを信用しきっている私です(笑)

i-smile(アイスマイル)はドラマを見ることで学ぶ英語教材ですが、
そのドラマのストーリーを考えたのも、字幕を考えたのも、全てデイビッド・セイン先生ですからね。

そう聞いただけでめちゃめちゃ興味が湧いてきますよ。

今までも手軽さを謳う英語教材はたくさんありました。
「見るだけ~」とか「聴くだけ~」とか。

ですがイマイチ信用できなかったんですよね。

でもi-smile(アイスマイル)はまた一味違った教材なのかなと感じています。

しかもたった【2ヶ月】で英語をマスターできちゃうんですよ?!
やっぱりデイビッド・セイン先生の力はすごいですね。

ちなみにGoogleで「デイビッド・セイン」と検索すると、先生のTwitterを発見しました。

ツイートを少し拝見しようとしましたが、英語ばかり…。
今の私にはさっぱり読めませんでした。

知っている単語がちらほらある程度で、文法もちんぷんかんぷんの私には理解不能でした。

でもi-smile(アイスマイル)で英語を2ヶ月学べば、先生のツイートも翻訳無しで読めるようになるかも?!
何だかやる気が出てきましたよ(笑)

i-smile(アイスマイル)でどれほどの英語力が身につくのか、実践してみようと思います!
ではまた2ヶ月後にお会いしましょう!

まとめ

この記事ではデイビッド・セイン先生について色々と書いてみました。
デイビッド・セイン先生のことを何1つ知らなかった私ですが、調べてみると実績や経験が豊富な人なんだとわかりました。

そんなデイビッド・セイン先生が月日をかけて、思考を凝らして、ノウハウを詰め込んで作ったi-smile(アイスマイル)。
しかも勉強している感覚を無くし、知らず知らずのうちに英語が身についているという魔法のような教材。

今までは英語を学ぶというと、分厚い辞書やテキストとにらめっこをして、
リスニング用のCDを繰り返し聞いて英語や発音を練習するというイメージでした。

そんな英語学習の常識を覆すような教材、i-smile(アイスマイル)。
今まで1度でも英語を学んで挫折した経験のある人は、試す価値があると思います。

疲れない、飽きない、眠くならない。
空き時間にできるので生活リズムを崩さなくていい。

なのでi-smile(アイスマイル)は誰でも手軽に始められる教材だと思います。

→→公式サイトを見てみる


この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
銀行振込・コンビニ決済にも対応。
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

このライターが書いた他の記事

  • ビーグラマーのバストアップ効果がすごいってホント?口コミ75件から真実を暴く!

  • 【口コミ】I・B・O ハトムギ配合リッチエッセンスでイボは消える?実際に使ってみた結果・・・

  • 【画像あり】ワンズアップ(ONE'S UP)の口コミが怪しい?マッチョ目指して効果を徹底検証!

関連のおすすめ記事

  • フィジカルメンテPROの口コミ・評判は?成長・アミノ酸サプリ

    yoimono

    yoimono