結婚は勢い!実体験から断言できる理由とは

結婚は勢い!実体験から断言できる理由とは

「結婚に必要なのは勢いだ」って昔から言われていますよね。
実際どうなのだろう?と結婚前は自分も思っていました。
超慎重派だったので、勢いで結婚なんてしちゃっていいのかな?と疑問に思っていました。

今回のコラムは、この疑問の答えについてのコラムです。

結婚するために必要なもの、それは本当に「勢い」

「結婚するのに必要なものは何か?」この問いを自分自身の婚活で検証したところ、正解がわかりました。

「マジで結婚は勢い、というか勢いでないとできないのが結婚」。

次の項から、その理由を見ていきます。

結婚するのに「勢い」が必要な理由

① 相手を吟味しすぎてはいけない

婚活が長期化する人の特徴に、「相手を選り好みしてしまう」ところがあります。
せっかく婚活に本気出すのだから、相手をじっくり選びたい気持ちはよくわかります。
でも、そんなことしている場合でしょうか。

選り好みしてきたこれまでの人生の結果が、本腰入れて婚活しないといけなくなっている今です。
相手だって選り好みしたいだろうし、いちいち相手の減点ポイント探してる場合じゃないんです。

現実を見て、「妥協」とは思わなくていいから「歩み寄り」だと思って、相手を加点法で見ましょう。
相手をよく観察してたいら、粗なんていくらでも出てきます。人間なのですから。

でも自分だって相手に査定されているということをお忘れなく。
謙虚になって、お互いの欠点を許し合う姿勢で。
でないと、どっち道長い結婚生活耐えられないですよ。
(もちろん、モラハラとかDVするような相手はアウトですが。)

② 相手に考える隙を与えるな

婚活はスピードが命だってつくづく感じます。
出会ってから、あんまりだらだらお付き合いを続けない方がいい。
①で見たように、相手をよく見るようになってしまうし相手にも考える隙を与えてしまうからです。

考え出したら躊躇し出すし、結婚へ向けてのフットワークも鈍る。
考える隙を相手に与えないことです。
この人と結婚するといいかも!と思ったら、畳みかけるように結婚まで持っていく。
デートを頻繁にし、告白されたら結婚前提でなければ付き合わないとごね
早めに相手の家族や友人に会って周りを固めていく。そのようなしたたかさが大切です。

③ 熟考していたらどんどんタイミングを逃す

②と被るところもあるのですが、いちいち「この人と結婚して幸せになるのだろうか?」と
ゆっくり考えていたら、時間ばかり過ぎて行って、結婚に踏み切るタイミングを失います。
考え出したら、結婚することによるネガティブな側面なんてどんどん出てきてしまう。
「私はこの人と結婚して絶対に幸せになる!」と強い気持ちで進みましょう。

そもそも、「幸せになれるのかな」なんて気持ちで結婚しても、幸せになれない。
主体的に幸せになろうとする姿勢が大切です。

「畳みかける」が結婚には必要

結婚にたどり着くまでには、スピードと行動力が必要です。
相手に深く考えさせすぎず、段階を着実に踏んでいく。
まめに連絡しまめにデートし、周囲の人に紹介してもらい、
将来の話をどんどんして、結婚のイメージを確かにしていく。
その過程で相手が尻込みして逃げ出したら、それはそれまでのご縁だったということ。
自信を持ってコトを進めましょう。

まとめ・婚活はスピーディに

婚活はわりと直感的に、駆け足で進めていくのがおすすめです。
良い意味で、自分も相手も考えすぎないことが重要です。
「人間は判断力の欠如によって結婚する」、まさにその通りで、
そうでないと考えすぎる人間という生き物は結婚なんてできない。

判断力、欠如しよう。
大丈夫、それでもたくさんの人が結婚で幸せになっているから。

【この記事の著者】Bebe関西在住の主婦ライター。婚活と美容のジャンルで活動中。30代から始めた婚活で、20代のパートナーと出会い入籍。経験を元に、リアルなアドバイスを心がけ執筆しています。

この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

この記事のライター

初めまして♪ 【街コンまとめ】は「街コン」をはじめとした婚活パーティー、カフェ会等の出会いを目的としたイベントの総合検索サイトです。

このライターが書いた他の記事

  • 好きだったのにどうして?急に冷める片思い。こんなときの対処法は?

  • 「一緒にいると癒される」と言われたら好意があると期待していいの?

  • 年上女性に魅力を感じる男性が多数!惚れる瞬間と好きのサインとは

関連のおすすめ記事

  • 好きだったのにどうして?急に冷める片思い。こんなときの対処法は?

    街コンまとめ

    街コンまとめ