この記事を紹介してアフィリエイト報酬を獲得するには?
【新時代マネタイズ】FIREを目指す個人のためのWeb3攻略バイブル

【新時代マネタイズ】FIREを目指す個人のためのWeb3攻略バイブル

※こちらは、ぺぺ様が「シロフネ」として情報発信をしていた頃の教材です。
※ミームコインについて触れる内容ではありませんが、時代の動きがわかり頭が良くなる内容だと思います。興味ある方はぜひ。

一撃でFIREできる新世界が到来・・・

今、「Web3(ウェブスリー)」の分野では、
毎日のように成功者が生まれていることを
あなたはご存知ですか?



例えば海外ではWeb3の波に乗って、
家やスーパーカーを買う若者が続出しています。


実は日本でも、戦いの場をWeb3に移して
「速攻FIRE」を叶える人が増えているのです。

※FIRE=経済的に豊かになって仕事する必要がなくなり、早期にリタイアすること


なぜこんなことが起きるのか?


それは、ウェブスリー=「一撃で人生上がりレベルの富を得る千載一遇のチャンス」と言えるから。



かなり胡散臭いですよね汗
ただ本当の話ですし、
私自身ウェブスリーの恩恵を大いに受けた張本人です。

例えば今年に入っての話ですが、
この謎のカエルのキャラクターがモチーフの
暗号資産「PEPE(ぺぺ)」に世界中が大熱狂。



このプロジェクトの値段は約15万倍という
天文学的な数字に膨れ上がりました。



実際、この暗号資産を3.6万円分買っていた
海外のとあるトレーダーさんは、
1ヶ月経たずして資産が17億円ほどに達した
ことで話題になったんです。


36000円→17億円。一瞬にして億万長者です。


まだほんの数ヶ月前の話ですよ。

その後もPEPEは快進撃を続け、

ローンチからわずか4週間で、
時価総額は1350億円を超えることになりました。




1ヶ月足らずで1000億以上ですからね。
事業をされている方なら特に、
この凄さがわかるかと思います。




NFTと呼ばれる、いわば
「スマホで買えるデジタル上のイラスト作品」
にもこうした”バグ”が起きています。



例えば「クリプトパンクス」というコレクション。


こちらは合計1万種類のイラスト作品群で、
1つ1つに値段が付けられているのですが、
ノーマルな絵柄はなんと1500万〜2000万円ほどします。




これだけでも異常ですが、レアはもっと異常です。

例えばこちらのマスクをした作品は
オークションで16億7300万円で落札されました。



この作品が、豪邸3つ買っても
お釣りがくるくらいに価値があるということです。


こんなのバグでしかないですよね笑



何がすごいのかというと、ノーマルもレアも含めて
これらのNFTは2017年に「無料で配られた」ものだということ。


つまり、その当時無料でクリプトパンクスを
いくつかゲットしていたら、数年後にはFIRE達成です。


早く情報を仕入れたもん勝ちなのです。




余談ですが、僕の海外の友人は、
売ったお金の一部を母親のバイパス手術に当てていました。※実話です。

デジタルのお金も、きちんと現実世界で使えるお金だよ、ということです。



価格が高騰する似た例はいくらでもあって、
BAYCと呼ばれる猿のNFTは


2020年に【3万円】で買えたものが、
一時は【4000万円】を超える価格に
高騰しましたし、


他のコレクションも【無料】で配られてから
2週間足らずで【150万円相当】になったり、


【800円台】から一気に【54万円相当】
になったり(200個仕入れていたら1億円)。


そういう例が、紹介しきれないくらいあります笑
もちろん価格が下落する例もありますけどね。



さらに、ゲームファイと呼ばれる、
「ゲームをして稼ぐ」という夢のような話も、
すでに現実になっています。



今はゆるゆるスマホゲームをして
1時間で1万円ほど稼ぐ人もいるくらいです。


例えば上のゲームでは、
優勝者に配られた豪華賞品には


【2億円】を超える値段がつきました。

※1000ETH = 約2.6億円

資産運用しながら一生暮らせてしまう額で、
もうFIREです笑



【一撃で人生上がれるチャンスを秘めている】
とはこういうことです。


知っているだけで引くて数多、
可能性大なのがウェブスリー。


これまでの世界とは
スペックごと違うイメージです。



どうかこれをご覧の皆様には、これを機に
これまでのロースペックな市場から乗り換えて
美味しい思いをしてほしいなと思っています。



Web3と聞いたら「優秀な人たちの巣窟」
ってイメージがあるかもしれませんが、
全然そんなことないですからね^^;


僕とか元々フツーの会社員ですし。



Web3とは次世代のインターネット革命だ、
DAOが〜 メタバースが〜 NFTが〜
みたいな、ちょっと堅苦しい説明で溢れてますが、


キレイゴト抜きに言わせてください。


僕から言わせたら、ウェブスリーとは
シンプルに「FIREを目指す個人の近道ルート」です。


別の言い方をすれば
「個人の資産構築の最適解」とも言えるでしょう。


堅苦しい「Web3」と分けるために、
ここでは基本的に「ウェブスリー」と表記します⚪︎

【感謝】すでに多数のご感想いただいています。

販売からわずか1日で、
すでにたくさんのご感想をいただいております。

その一部をご紹介させていただきます。

直接いただいた感想↓

そもそもウェブスリーって?


興味を持っていただくために、
冒頭は胡散臭さMAXで書かせてもらいました。


ただ、全て事実であり、本音です。


じゃあそもそもウェブスリーとは何か?
と聞かれたら、


「世界規模の革命」と答えるようにしています。



例えばスマホがオワコンになるかもしれません。


スマホの機能はゴーグルに移っていくと言われています。


以下はAppleが発表した「vision pro」というゴーグル。
2024年の初頭に発売が始まります↓ ※(46秒)

Youtube再生

超ハイテクなのでぜひ見てみてください。


あとは、テレビ電話も進化して
最終的にはホログラムになると言われています。

画像はあえてわかりやすく
ホログラムっぽくなっていますが、


実際はそこにいるのと変わらない
レベルのクオリティになるでしょう。


テレワークがさらにやりやすくなりますし、
遠距離恋愛のすれ違いも
消滅するかもしれませんね。笑



もう、こういう時代が迫っています。



TikTokが熱いとか、
AIは美女生成できるからスゴイとか、
そんな悠長なレベルじゃない。



30~40年前、仕事、教育、行政にまで影響し、
のちにスマホやSNSまで生み出され、
人々の生活を一変させたインターネット革命。



ウェブスリーとは、
それと肩を並べるような大革命のことです。




そして革命ということは、
FIREして人生逃げ切るチャンスでもあります。



まるでSNSで人生を変えた人、
新たなスターたちが何人も生み出されたように、


次の時代のスタンダードで人生を変える人も
続出することでしょう。


日本はいよいよ沈没するかもしれません・・・


話は変わりますが、日本、いよいよヤバいです。


少子高齢化、税制の問題、教育・・・
色々な要因はありますが、

このままだと国ごと潰れていくんじゃないか?と本気で心配しています。


よくコンビニやファミレスで外国人が働いてますよね?


あれは自国の通貨じゃ生活できない発展途上国の人たちが
日本に出稼ぎに来ているわけですが、


これから日本がそうなると言われているのです。

日本人が、困窮しすぎて海外に出稼ぎに行く時代です。


その辺について、詳しくは以下の無料Tipsに書きました。
発表して以来、大反響いただいています。


【緊急メッセージ】日本はいよいよ沈没するかもしれません。 #Web3


とにかく、これこそが僕が
ウェブスリーで人生逃げ切りを急ぐ意味なんです。


このまま日本円だけ稼いでいたら、
日本と共に倒れてしまうかもしれない。



実際、日本と海外の差が開いてきていると感じます。


海外ではNFTで儲けて家を建てる20代や、
NYの公園でスマホをいじってAIを使い、
会社員の5〜6倍稼ぐ若者なども増えてきている。


一方日本では、窮屈な満員電車に毎日揺られて、
決して多くはない給料を稼ぐのがスタンダードです。


そしてズバリ、近年海外との差を大きく広げている
原因の1つこそ、僕はウェブスリーだと思うのです。


年収4000万の会社員?


今、ウェブスリーほどチャンスな市場はありません。


だって、これほどまでに成長が確約されている市場が他にあるでしょうか?
需要がどんどん伸びていくブルーオーシャン。



30~40年に1度のチャンスと言われてますからね。


先述の通り、海外では
その圧倒的なトレンドの波に乗ってFIREして、
人生逃げ切りを果たした人も多いです。



ちなみにアメリカのWeb3系の企業は先日、
年収1300万〜4000万で求人を出していました。





つまりチャンスというのは
一部の優秀な起業家たちだけの話じゃなくて、
フツーに働いてきたフツーの人も、
Web3という分野を知っていれば関係のある話。



少なくとも海の向こうでは、
ウェブスリーは凡人が資産を形成するための
一番の近道だと認識している人は多いです。




少し話はそれますが、僕は、

何も持たざる凡人が勝つ方法は
「新しい市場にコミットする」ことだけ

だと思っています。



数々の副業で失敗したからこそ気づいたことです。


それなりにお金と時間を投じたものの
大した結果を出せなかった僕ですが、


ウェブスリーという新しい市場では
すぐにコスパ良く成果を出すことができました。



能力が変わったわけではありません。
戦う分野、戦う場所が変わっただけです。


「新しい市場にいち早く参入する。」


僕はこれが鉄則だと本気で思っています。
凡人が人生逃げ切るための戦略です。



ところが、こうした先端分野で
最先端の情報や本質が学べるのは、
どうしても英語圏。



ウェブスリーと言う次の時代のスタンダードだって、
沈没しかけている日本にこそ必要な情報なのに、
日本に降りてこないのです。




だからこそ、新しい世界にベットできる
日本人の方に届けと言う思いで、
この有料記事を書かせていただきました。

初めまして。そして、無礼をお許しください。


今さらすぎますが、
簡単に自己紹介させてください。笑


初めまして、シロフネと申します。


ウェブスリー全般に渡って研究している、
ウェブスリー大好き人間です。




ウェブスリー全般というのは、
AI、メタバース、暗号資産、DAO、NFT・・・
などなどを含めて、一番広い意味で言っています。



海外のビジネスマンの友人が多い影響もあり、
ウェブスリーには早めの段階からに魅せられました。

それはもうどハマりしました。


一時期は24時間ぶっ通しでふらふらになりながら、
最先端のウェブスリー事業について調べ尽くしてたり・・・


それだけウェブスリーの
可能性はスゴイと伝われば嬉しいです笑



調べるだけでは飽き足らず、
実際に海外のWeb3オーナーさんにお会いしたり、
業界の関係者さんや
企業の担当者さんとお話したりしました。


おかげさまで、けっこうコアなところまで
知識を仕入れられるようになったのですが・・・



ごめんなさい。
実は、普段Twitterでは「コアな知識」「本質的な情報」はあえて発信しないようにしています。



最新のトレンドなど、わかりやすい
トピックに絞ってツイートしてます。


その方が拡散されやすいと思ったからです(本質って地味なので・・・)。


詳しい自己紹介については、
無料プレゼント中の以下のセミナー動画で
お話しています。


僕は現在、このウェブスリー分野だけに
フルベットしています。


この市場以外やる必要ある??
って思っているからです。


もう失敗したくないので、
身を置く場所、市場については
ベットする前に、とにかく慎重に
リサーチするようにしてました。



(選択肢が多すぎる分、闇雲に参入していたら
いつまで経っても結果が出ないですし、
Chat GPTなどAIに仕事を奪われる市場だったら
地獄ですからね。)


そもそも、時代の流れを読んで、
次伸びる市場にベットするのが
起業家や副業マンの仕事
だと思います。



世の中の動きや市場規模、
個人が参入してもちゃんと稼げそうかetc...


そういった要素を加味して調べてみると、
今後伸びる市場の中でも、
やっぱりウェブスリーは格別だなと。



ポジショントークとかではなく、
ウェブスリー以外やってる暇がないのでフルベット中です。笑

ついに、人間が捨てられる時代に突入?


これからの時代、実力の乏しい人間は
社会からポイっと捨てられる
と僕は考えています。


歴史を振り返ってみるとわかりやすいです。


戦後の焼け野原から高度経済成長期にかけては、
とにかくモノが足りませんでした。


逆に言えば、モノを作れば売れました。
車や家電など、モノが大量生産されました。


やがて、平成にもなるとモノが余るようになり、
モノが選ばれ、捨てられるという事態に。



この頃からインターネットが登場し、
スマホやSNSが登場し、
今度は「情報」が溢れるようになりました。


当然、情報も取捨選択され、一部は捨てられるように。


テレビや雑誌が昔より見られなくなっているのは、
まさに捨てられた結果だと思います。



次に余って捨てられるのは「人」です。

最新のシステムやAIなどで、大抵の仕事はできてしまいます。


実際に、大企業を含めて多くの会社で
リストラが多発してますよね。


つまり、人間も選ばれ、一部の人は
社会から捨てられてしまうのです。




中途半端なポジション、実力にいる人も
やがて淘汰されていくと思います。


アルバイトや会社員の方に限らず、
起業家の方なども含めて。



僕がウェブスリーを勉強しているのは、
可能性があってワクワクすると言うのもありますが、

「変化しないと、学ばないと瞬時に捨てられる」

と言う恐怖心も強いです。




残念なことに、僕は凡人なので。


取り立てて優秀なわけでもなければ
才能に溢れているわけでもないからこそ、


絶対にこれから需要がある先端分野を
早めに勉強しておこう

そしてFIREで人生逃げ切ってしまおう
という、危機管理をしています。

キレイゴトの多いウェブスリーの情報


今回僕が28000文字を超える
このTipsを書こうと思った理由でもあるのですが、


正直、日本にはウェブスリーの
本質的な情報が少なすぎます。



英語の壁もありますし、リテラシーも
身につける機会が無いのでしかたないのですが・・・

・・・それでも海外との差はヤバいです。



例えば日本で副業の解禁が大幅に
進んだのは2018年ですが、


これってアメリカでは
35年前の常識なんですよね。



そう考えるとめちゃくちゃ遅くないですか?



ウェブスリーのトガった情報などほとんど入ってきません。


ネットを検索すれば、簡単なワードの解説や
表面的なトレンド、断片的なニュースにあふれています。


書籍などを読めば、確かに教科書として
価値のある情報は多いです。


でも逆に言えば、全部検閲が入って
まるーい結論になった「キレイゴト」のようにも感じるんですよね。

(個人の感想ですが)


実際、このTipsの冒頭のような
トガった書き方をしている人は
ほとんどいないでしょう。たぶん。



僕なんかに言われるまでもなく、
「Web3は勉強しておかなきゃ!」と
思ったことがある方は多いと思います。



でもキレイゴト情報が多くて
堅苦しくて、ハードルが高くて、
一から勉強するのもかなり面倒だと思うんですよ。



僕たちが本当に知りたいのは、

結局稼げるの?
何が一番大切なことなの?
時代がどう変わるから、どうポジションを取ればいいの?


っていう部分だけなはずです。


キレイゴトなんかを抜きにした、実用的な部分。



だから、それをサクッと学べるこのTipsを作りました。

『FIREを目指す個人のためのウェブスリー攻略バイブル』具体的な内容は・・・


圧倒的なトレンドの波に乗り、
個人が効率よくFIREを目指すバイブル
として、今回のTipsを作成しました。


教科書的な説明・キレイゴトには留まらず、

結局稼げるの?
何が一番大切なことなの?
時代がどう変わるから、どうポジションを取ればいいの?

という重要な部分にフォーカスしています。


FIREを目指す個人のための
ウェブスリー攻略バイブル
 目次

  • ウェブスリーってつまりなに?どうしてFIREへの近道ルートと言えるの?
  • 「メタバース」「暗号資産」「NFT」「DAO」「ゲームファイ」・・・基本用語をわかりやすく解説
  • 有象無象の情報が飛び交うAIの”廃れない本質”とは?
  • 95%の人が間違えているAIの正しい活用法について
  • AIに奪われる仕事は〇〇、逆に伸びる仕事は〇〇。本質を公開。
  • ウェブスリーで収入を底上げする3つの方針
  • 100倍、1000倍に膨れ上がる値段、、一撃FIREを狙えるバグとは
  • 99%の日本人が知らずに資産をすり減らしている理由とは?
  • なんの努力もせずに資産価値を上げるウェブスリー式貯金術
  • 今すぐ備えるべきウェブスリー時代の働き方とは?
  • 〇〇で仕事ができている人は今後通用しなくなります。


よくある、Web3について解説した
教科書的な内容ではありません。


大切な部分のみを抜粋しています。


それゆえ分量は少なくて、
無料部分も合わせて28000字〜29000字くらいです。



なので量の多さではなく、質の高い情報に
価値を感じてもらえる方向けとなります。




基本的に、ググったりAIに聞いて
出てくるような内容ではありません。



文字通り全ての日本人に学んでほしい、
特に起業家さんや副業を頑張る方には
なおさら知ってほしいなと思ってます。

※注意

本書は「稼ぐ方法」を解説した
Tipsではございません。

ウェブスリーが個人がFIREを目指す上での
最適解であることは信じていますが、
まだまだ新興市場です。

つまり、具体的な稼ぐ方法が
確立されているわけではないです。
(だからこそ、今入った人が美味しい思いをできる)


歴史を見れば、「次に伸びる市場」に
早く参入できた人から勝ち逃げをしているのは明らか。


大衆より先に動くことの
重要性がわかる方に、届いてほしいです。

スペシャル特典『ウェブスリー時代のSNS攻略』

さらに本Tipsの購入者特典として、

『ウェブスリー時代のSNS攻略』

と言う特別なコラムを書き下ろしました。
数千字に渡る大作となっています。
(※受け取りには条件があります。)


現在SNSは、世界の人口の60%が利用しており、
全体ユーザー数はなんと48億人にもなります。


統計的にも、「人の生活になくてはならないもの」
という位置付けになっているわけですが、、、



実はウェブスリーが普及すると、
SNSの様相はかなり変わると予想できます。

しかも、これからの時代はますます
SNSの重要性が増すと言われているんです。



要するに、FIREを目指すためにも
きちんと備えておくべき分野ってことですね。


ここは解説すると長くなるので、
特典としてコラムにまとめました。


ここまで追えている人はなかなかいないでしょ、
と言えるレベルまで深掘りして本質を言語化しているので、


読むだけで、今後有利な立ち位置に
ポジショニングできるのではないでしょうか。

ウェブスリーは日本の「国策」です。


ご存知の通り日本は今、沈みかけています。

国力は落ち、世界の中の格付けも下がり続けています。


物価は上がっていくのに賃金は上がらないって
冷静に考えてキツイですよね。


そんな日本が国力回復の切り札としているのが
まさに「ウェブスリー」なのです。

(※国策として掲げています。)



世界中がWeb3の波が来ています。
日本も馬鹿ではないので、
その分野でポジションを築きたいはずです。


当然、ウェブスリーに詳しい人材は
これから優遇されていくと考えられます。




逆に言えば、これからウェブスリー分野に
参入する日本人も増えていくと思います。



基本、早ければ早いほどチャンスです。


フィーバータイムは今だけでしょう。


そんなことは抜きにしても、
シンプルに美味しい市場です。

知らないでいる機会損失が
もったいないと思うほどに。


本Tipsは、なんだかわかりにくい、
堅苦しいウェブスリーを
キレイゴト抜きで本質だけまとめました。


まずはぜひ、ウェブスリーと言う
新世界を覗いてみてください。


では本編でお待ちしています(^ ^)


この続きを見るには記事の購入が必要です

この続きは20,691文字 / 画像20枚 / ファイル0個
【新時代マネタイズ】FIREを目指す個人のためのWeb3攻略バイブル

【新時代マネタイズ】FIREを目指す個人のためのWeb3攻略バイブル

ぺぺ様

54ポイント獲得 ¥5,480

記事を購入する

すでに購入済の方は、ログイン後に続きを見ることができます。 ログインする



この記事の平均レビュースコア

(0件)

レビューを書いて、この記事を紹介しませんか。

レビューを書く

あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

ぺぺ様

準富裕層達成。6ヶ月で万垢→SNS伸ばすラットレースから降りました。今は人生に一度の新バブル銘柄(ミームコイン)に全集中してます。

関連のおすすめ記事

  • ローソク足の哲学~How to Beat Binary Options~

    ¥30,000
    1%獲得
    (300円相当)
    Profilingk

    Profilingk

  • 米国発行のクレジットカードを取得して一流ホテルの最上級会員になる方法

    ¥99,800
    1%獲得
    (998円相当)
    ヒロ

    ヒロ

  • 暗号資産(仮想通貨)とNFTの利益を正攻法で0円にする節税対策パーフェクトガイド(最新版2024年):税務調査済み

    ¥77,000
    1%獲得
    (770円相当)
    山下健一

    山下健一