”刺さる”をつくる。ツイート作成と差別化投稿

”刺さる”をつくる。ツイート作成と差別化投稿

※このTipsは大変好評だった為有料にしました

自動スクロールのように指を動かしながら、最後まで読まないタイムライン。

朝起きて習慣化されたようにホームボタンを「ポチっ」と押しては、目の前に現れた投稿をなんとなくいいねする。なんとなく眺める。

この経験はTwitter始めたての初心者でもない限り、誰もが経験してきたはず。

美女アイドルグループやジャニーズの顔が美しいクローンとして同じような顔に見えるように、Twitterに慣れてくると同じような投稿が映える。


140文字の世界を綴ること。
それがTwitterの使い方。

確かにこの固定化された文字数で定期的に個性を出すほうが難しい。


図解や画像付きで差別化する事も出来るが、
それ以外は文字をブランディングするしか方法はない。

だからこそ、1つ1つの文字の掛け算に拘りを持ち続けなければならない。

ここで語る文章とは、いわゆる"フォロワーを増やす"とか"ライティング"とか、そういう話ではなく、シンプルに支持され続ける表現力のこと。



なぜ、表現力を鍛えるのか?

それは「伸びる文章」「見たい文章」はイコールにならないから。

実際のところ、あなたもお気づきの通り、
月収話と体験談だけでフォロワーは伸び続ける。

ある体験や月収の話をするとこのように、いいね数よりもプロフィールクリック数を約5倍程度まで意図的に引き上げることも可能になる。

このツイートは本当の話だが、プロフィールクリック率を調べるために、投稿したもの。


通常であれば、

プロフィールクリック率/エンゲージメント数
 = 10%前後

になるのがおおよその相場。


しかし、この場合はちょうど50%にもなっていることが分かる。

この時のフォロワー増加数は
300人程度
だった。

ご覧の通り、確かに月収や体験談(ストーリーテリング)の方が伸びるがそれ以外でも伸びる方法があるとすればそれは、"表現力"しか存在しない。


実際にこちらをご覧頂きたい。(是非拡大して見て下さい)


こんな言葉が見て取れる。

「レオンさんの文章は唯一無二」と。
「格言の言葉がグサリと刺さる」と。

かなり抜粋しているが、1年で数百件レベルのツイートの褒め言葉を頂いた。

  • 誠に勝手ながら、皆様の素敵なコメント(リプライ)をこちらに掲載させていただきました。本当にいつもありがとうございます。


    僕のツイートは”伸びた”のではありません。フォロワーさんが"伸ばして"くれているのです。

    皆様の1つ1つの言葉がツイートに重みと深みを上乗せしてくれてます。感謝しかありません。

    また、こちらに掲載できなかった数百件にも及ぶコメントもございますが、いつも温かい気持ちで拝見させて頂いております。



このTipsは、
あくまでも個人的なツイート作成方法です。

月収も体験もその方の実力と経験。
尊敬されるべきもの。


個人の運用を否定したり、
批判するnoteではございませんので、
ご理解いただけますと幸いです。

補足ですが、実際のツイート作成は後半に記載しています。
前半は「刺さる」についての定義ですので
興味がない方は後半からお読みください。


この続きを見るには記事の購入が必要です

この続きは12,012文字 / 画像64枚 / ファイル0個
”刺さる”をつくる。ツイート作成と差別化投稿

”刺さる”をつくる。ツイート作成と差別化投稿

19ポイント獲得 ¥1,980

記事を購入する

すでに購入済の方は、ログイン後に続きを見ることができます。 ログインする


この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
銀行振込・コンビニ決済にも対応。
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

関連のおすすめ記事

  • 【やればできる!】副業で月10万円安定的に稼ぐ方法

    ¥4,98049ポイント獲得
    ディック

    ディック