ご存知のように骨延長には様々なリスクがあります。世界中の病院で事の大小があるものの失敗が見受けられます。日本の病院も日本人患者もこの限りであります。この情報商材では、私が骨延長手術を受ける際にウルヴァリンのように体を治すために建てた戦略を皆様にお伝えしたいと思います。骨形成が悪いと、骨移植や、仮骨に補強のプレートを入れる追加手術が必要になります。もし傷口の数を減らすためにLONの倍の値段するPRECICEを選んだとしても、追加手術で傷跡が増えてしまっては、LON一回分のお金が実質的に無駄になります。尚、本記事で治癒力を高めるのは骨だけでなく、周りの軟部組織、筋肉、腱、肝臓等々多岐に渡ります。そして、免疫力も上げるので骨髄炎になる確率も下げられます。他にも、体の柔軟性を上げたり、関節を労わる方法、より深く寝る方法なども書いています。

今回は、使う薬、サプリ、機械の①投与量 ②接種タイミング ③購入先 ④その効果 ⑤食事の食べ方(サプリ含む) ⑥その他手術前に知っておきたいこと を詳しく誰でも理解できるように解説していきます。

まず筆者のバックグラウンドを紹介します。私はThe Bachelor of Sport Coaching(スポーツコーチングの学位)を取得する為にsport scienceを勉強しました。具体的には解剖学、生理学、動作分析などをいろいろ学びました。特にWADA(世界ドーピング防止機関)に引っかからないようにアスリートの故障を治すというニーチェな分野では、医師や医学博士が普段扱わない、そして何よりWADAが認識していない未承認薬等について学ぶ機会がありました。
このユニークな情報は日本語ではどこを探しても存在しません。英語でのみ、またかなり限られた方しかこれらの情報を学んだ方はないでしょう。

よってこの情報商材は骨延長手術を受けるすべての方が目を通すべきだと考えます。これは、気持ち程度に骨形成が良くなる方法ではありません。オリンピックやプロスポーツ選手が試合や練習に一秒でもはやく復帰できるように考え練られたプロトコルです。私は平均の2倍以上は早く元の生活に戻れると確信しております。スポーツの世界では毎年は何兆というお金が動きます。細分化されたリーグですら何十億です。そんな世界の裏舞台で活躍したいと思い今回お伝えする情報を今まで学んできました。ネットで調べれば出てくるようなノウハウを完全に凌駕した完成度になっている自信があります。骨延長における偽関節のリスクを極限までさげられるので、執刀医にも是非読んでいただきたいところです。またこの情報商材は健康増進を目的とするものであり、治療方針等について、主体的に判断を行い、これを伝達する目的は一切ございません

尚、CBT以上の知識を有する方には校閲に協力して頂きたいので無料で配布します。DMに連絡の程よろしくお願いします。 


この続きを見るには記事の購入が必要です

この続きは15,958文字 / 画像14枚 / ファイル0個
骨延長を有利に進める戦略

骨延長を有利に進める戦略

ショーン

69ポイント獲得 ¥6,980

記事を購入する

すでに購入済の方は、ログイン後に続きを見ることができます。 ログインする


この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
銀行振込・コンビニ決済にも対応。
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

関連のおすすめ記事

  • ラグジュアップのバストアップ効果がすごいってホント?口コミ80件から分かった驚きの真実!

    ビューティーみのり

    ビューティーみのり