ダーマペンの効果とは?施術の料金相場や注意点を解説!

女性にとって肌は、自分をきれいに見せるためにケアを欠かすことのできない体の一部です。

しかし、老化や紫外線のダメージ、ニキビで肌の角質がぼろぼろになり、跡ができてしまうこともあります。

どれだけ気をつけていても肌の問題はなくなることがありません。そこで、外科手術をせずに綺麗な肌を取り戻すために使われている方法がダーマペンの治療・施術です。ここでは、ダーマペンの効果や施術の注意点、副作用の痛みなどについて解説します。

ダーマペンは肌にどんな効果があるの?

美容整形や皮膚の一般的な治療に比べてダーマペンはまだ知名度がそれほど高くありません。そこでまずは、ダーマペンの概要や効果について確認します。

ダーマペンとは

ダーマペンは、人間の肌にそなわった自然の治癒力を活かした美容法です。皮膚表面には傷がつくとダメージを受けた部分を修復する力があります。

ダーマペンは、施術で非常に細い針でその皮膚に穴を開けます。それにより、皮膚の真皮「線維芽細胞」を活発にして、成長因子を浸透させ、コラーゲンやエラスチンなどを増加することで肌にできた創傷を再生します。

ダーマペンの効果

穴をあけるだけで肌への効果が見込まれると聞いて、いまいちよくわからない方もいるでしょう。

それは肌が自然に治癒して、ターンオーバーで肌細胞を入れ替わっていることにその人が普段から気付いていないためです。そして、ダーマペンは多くの方が抱える肌のトラブルに効果的です。

例えば、光によって老化する肌のエイジング効果や肌荒れ、ニキビ跡、色素沈着(シミ、そばかす、肌の黒ずみ)などの一般的な悩みを解決します。それだけでなく、治療効果としては「毛孔性角化症(上腕のしこり)」の改善や「ストレッチマーク(妊娠線)」による線跡や腫れにも効きます。

ダーマペンが女性に人気の理由

ダーマペンは高齢の方や肌質・肌荒れなどの悩みを持つ女性の方におすすめの施術です。通常の肌ケアでは改善できない問題をどうにかしてくれるのは大きなメリットでしょう。

たとえ美容のために運動や洗顔・化粧水のスキンケアに取り組んだとしても肌質やニキビ跡のクレーター、後遺症でできた跡(手術跡)などは治すことが難しいものです。

例として、若い頃にできたクレーターは歳をとってもの残っているのはそのためです。何もせずに時間が経過するだけで、できたクレーター自体は回復していないのです。

なぜなら、クレーター状になったいまの肌の状態こそが、完治した状態だからです。やけどや切り傷が元のきれいな肌の状態に戻らないのと同じです。

ダーマペンは外科手術を直接施すタイプの施術とは異なり、最後は本人の自然治癒にまかせているという点で整形手術とはまた違った美容法として注目されています。自然と治らないが、自然の治癒力に任せるというところが女性におすすめな理由です。

ダーマペンと併用したい成分

ダーマペンはそれ単体で施すこともできますが、美肌成分(コラーゲン)の入った薬剤や専用美容液と組み合わせることでさらに効果を発揮します。専用美容液にはさまざまな種類が施術用に提供されています。

具体的には、保湿成分のものや抗酸化作用のあるもの、肌ダメージを軽減するもの、ターンオーバーの再生力を活発にするものなど美肌やアンチエイジング向けに特化したそれらの美容液が肌の気になる箇所にアプローチします。

ダーマペンが受けられるのは医療機関のみ

ダーマペンは、基本的に受付先が限られており、一般的に皮膚科や美容外科などが施術をしています。ダーマペンの施術それ自体は医療行為のため、エステサロンなどが行うことはありません。

美容サービスを提供する事業者の中には、レーザーの施術で美肌や美白を謳うケースもありますが、ダーマペンとは別物です。ダーマペンそれ自体が医療器具であり、針の治療はそもそも医師にしか許されていません。

つまり、美容皮膚外科の中でも施術メニューとして採用している病院のみ、治療を受けることができます。

ダーマペンの料金はいくら?相場は1回1.8~3万円

ダーマペンの施術には、当り前ですが料金がかかります。顔に使用する事例では、ダーマペン施術のみの治療で1.8~3万円が相場です。

窓口で払う費用が他の皮膚科治療に比べて高いのは、料金が自費診療となっているためです。これは美容外科ではよくあることです。

ダーマペン施術の場合、3割負担ではなく10割(100%)負担となります。ダーマペンは必ずしもけがの治療などに必要ではないため、保険が適用されない自由診療です。

ダーマペンを受ける流れ

ダーマペンの施術には決まった流れが用意されています。まず皮膚科や美容外科を受診して、問診を受けます。いきなり施術に入ることはありません。

その理由は女性の肌に治療を施すため、事前に特定の成分が入ったメイクやスキンケア用品、治療薬などを使っていないことを確認するためです。使用している場合には1週間ほど間隔を空けてからの治療開始となります。

治療当日は、最初に洗顔で顔の汚れを落とし、麻酔クリームを塗布します。肌の部分に針を当てる施術が始まります。それが完了すると患部を冷却してその日の治療は終わります。時間は30分前後の日帰りと手軽に済むことが魅力です。

ダーマペンを受けるときに注意したいこと

美容にメリットのあるダーマペンは、肌に高い効果のある施術ですが、注意しなければならないこともいくつかあります。

ダーマペン後の制限

まずダーマペンの施術を受けた後は、メイクや洗顔ができないことに注意が必要です。外出の多い女性や会社で働く女性にとっては想像よりも制限が厳しいものと受け取られます。

また、太陽のもとに出て日焼けすることは避けるように言われることもメイクの出来なときには難しい課題です。

そして、術後しばらくして痒みや赤みが出る場合もあるため、自分で毎日肌の状態をチェックし、異常があれば医師に相談する必要があります。

肌が弱い、金属アレルギー持ちの人は受けれない

メイクやスキンケア成分を使った人は一時的に施術を受けられませんが、皮膚炎や金属アレルギーがある人はそもそもダーマペンの施術ができないように指導されます。

ダーマペンには針の部分に金属が使われており、皮膚表面に穴を開けるため強い刺激もあります。そのため、肌質に何かしら重大な問題を抱えている人はダーマペンを使った治療を断られるのです。

ダーマペンの副作用は痛みがきついこと※個人差あり

ダーマペンを初めて利用する人が気にする点は、施術中や施術後の副作用です。基本的に負担のそれほど大きくないダーマペンでは、施術中に強い痛みや痒みはないとしています。

しかし、痛みや痒みは感覚的な部分が大きいため、個人差あります。実際に施術を受けた最初の日は痛みを全く感じなかったのに、次回来院して施術を受けたときは痛みを感じたというケースもあるほどです。

つまり、人によって違う繊細な感覚の違いにより痛みがることもあります。また同じ人であってもその日の気分や体調などで痛みを感じやすくなっていることは十分にあり得るのです。このように施術の副作用は痛みが主なものですが、もともと痛みが強烈というわけではないため、ダーマペンを怖がる必要はありません。

肌トラブルの改善にはダーマペンがおすすめ!

今回はダーマペンについて、その治療効果や施術の注意点を解説しました。ダーマペンは肌への負担が少なく、自然の治癒力を活かした美容法です。

肌に傷があるとまではいかない人でも気軽に施術を受けて美容効果を狙えます。ダーマペンの施術や組み合わせ治療を受けたい方は皮膚科や美容外科で医師に相談してみましょう。

参考サイト
https://idea-clinic.jp/blog/dermapen001/
https://www.clinicfor.life/articles/beauty-037/


あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
銀行振込・コンビニ決済にも対応。
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

このライターが書いた他の記事

  • 【名古屋】ダーマペン口コミ人気クリニック8選!安いおすすめはここ

  • 【大阪】ダーマペンが安いおすすめクリニック10選!口コミ人気はここ

  • 【東京】ダーマペン口コミ人気クリニック10選!安いおすすめはここ!

関連のおすすめ記事

  • ノアルフレシャンプーを使った私の口コミ!感想から解約方法まで全て暴露します!

    湊さゆり

    湊さゆり