2/22【R.L.L】

2/22【R.L.L】

5ポイント獲得 ¥500
NOVEL OFFICE MT SECOND

NOVEL OFFICE MT SECOND

From ブリュノ

隠しておきたい気持ちを隠しておける。そんなふうに自分を過信していたんだ。デミトリが近すぎた。生まれたときから一緒にいたような錯覚にさせる。デミトリ、僕が君に向ける気持ちを生涯兄弟愛だと思い込むことができたのに、こんなふうに白状しなければならなくなってしまった。良かったと思う、いや、でも良くなかったような気がしている。どちらでもないと言われたらそうなのかもしれない。

デミトリ、君が何はどう思っているのだろうか?

僕自身はこのプロジェクトはどうでもいいんだ。どうでもよかった。どうでもよかったけれど、君があまりにも乗り気で、珍しく前のめりに目が輝いていたから嬉しくなって僕も参加することにした。こんな内幕を話しても連中は驚きもしない。君が目を輝かせた意味が次第にわかるようになってきた。ここの連中は許容する力がある。だから僕は白状することにしたんだ。

出会って共に成長するたびに君を好きになっていった、デミトリ、君が好きだ。

From デミトリ

何度か女と付き合ってみた。本当のことを言えば、実は男とも付き合ったこともある。比べている、今もなお。俺はどっちが好きなのか、男が好きなのか、女が好きなのか、


この続きを見るには記事の購入が必要です

この続きは1,216文字 / 画像2枚 / ファイル0個
2/22【R.L.L】

2/22【R.L.L】

NOVEL OFFICE MT SECOND

5ポイント獲得 ¥500

記事を購入する

すでに購入済の方は、ログイン後に続きを見ることができます。 ログインする


あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

NOVEL OFFICE MT SECOND

NOVEL OFFICE MT SECONDによるバラ売りコラム販売サイトです。

このライターが書いた他の記事

  • 2/21【Real Love Letter】

    ¥500 5ポイント獲得
  • 今日のブラック【小手始め】

    ¥500 5ポイント獲得
  • 道を繋げ合うことの意義

    ¥1,800 18ポイント獲得

関連のおすすめ記事

  • 生きてるだけで恥ずかしい人シリーズ①

    S.Watanabe

    S.Watanabe