この会社でダメだったらどこに行ってもダメだと辞めさせてくれない

この会社でダメだったらどこに行ってもダメだと辞めさせてくれない

yoimono

yoimono

【PR】

退職したい旨を上司に申し出たときにありがちな話ですが、

「うちの会社でダメだったらどこの会社に行ってもダメだよ、もう少しうちで修行をして結果を出してからいきなさい」なんて返答が返ってくることがあります。

退職をするときに、順風満帆でさあ辞めるぞ!となる人は少なくて、それぞれ何かの理由があって辞めるというものになっています。

人間関係であったり、仕事内容が嫌だったり、あるいは給料や待遇が悪かったり。

そこを弱みに取られて、上司から引き留められてしまうという、説得されて結局会社に残り続けることになってしまうということはよくあります。

でも、この会社でダメなら他の会社に行ってもダメというのは本当なのでしょうか?

【どうしても辞められないときは退職代行へ】

辞めさせたくないからそう言っている

他の会社に行っても通用しない、なぜそんなことを言うのか。

その理由は一つ「辞めさせたくない」からです。

本当に能力がないのであればさっさと辞めてくれになりますが、そうではないから残っていてほしいということを言っているのです。

または、上司の考えがどうであろうと、部下に会社を辞められると、その上司自体が管理不足としてマイナス点をつけられてしまう可能性もあります。

その上司の下にいる部下は辞める確率が高いという話になると、その上司の評価は下がって当然です。

他の会社で働いたときのことを心配しているのではなく、自分の保身に走っている、自分の常識の中で語っているだけであり、上司の説得に応じて辞めずにその会社での勤務を継続するなんて必要はありません。

その上司自体が他の会社を経験しているわけではない

他の会社では通用しない、どこの会社に行ってもダメという発言はよく聞きますが、本当にそうなのかを経験した上でそう発言しているのか。上司の経歴はどうなのでしょうか?

ほとんどの場合、その会社1社しか経験していないとか、他に勤務した経歴があってもまともな会社がない状態ではないでしょうか?

本当に複数の会社、しかもホワイト企業と呼ばれるような企業を経験した上で辞めるなというのであれば、それなりの材料を提示されるはずですし、説得力も違ってきます。

その上司自体も能力が無くて転職できない、もっと良い会社に就職できないので、そう言っているだけかもしれません。

今は転職の時代で多くの人が複数の会社を渡り歩いて結果を出していたりするのに、なぜ今の会社を辞めた後で他の会社で通用しないのか。ここを明確に説明できないような人の話が本当に正しいのでしょうか?

上司の言うことは常に正しいというような環境で働いてきているとついその感覚がおかしくなりがちなのですが、現実は決してそんなことがなく、発言・行動がおかしい上司なんてものはいくらでもいます。

ブラック企業で何年働いたからといっても素晴らしいスキルがつくわけでもありませんし、上司の言うことが全てではありません。

人間関係が合わない場合、能力が低下することはある

どこの会社で働きたい、この会社は嫌だななんて話があっても、実際のところの決め手になるのは仕事内容ではなく人間関係だったりすることも多いものです。

もし、今の会社の人間関係が良くないという場合、それだけで仕事に悪い影響が出て、パフォーマンスが落ちてしまっているなんてことはよくある話です。

人間関係が毎日つらい職場で働いているので自然と疲労感・ストレスも大きくなり、仕事の成績も悪くなる、発想力や調整力も付かなくなってきてしまうということも起こります。

この問題を解決するには、今の職場を改革するという方法もありますが、その人の立場や相手によっては不可能なものは不可能です。意識の低い人達、性格の悪い人達を無理やり改善しようとする前に、自分が別の職場に行って、自分が納得できる環境で働いた方が良かったりもするものです。

人間関係が根本的な原因の場合、職場を変えた方がよく、現状で頑張る方がむしろ悪い結果になることもあります。

向き不向きで急に実力をつけるなんてことはある

今の仕事で結果が出せないのあれば、満足する状態になれないのであれば他の会社でも同じということはよく言われますが、実際には人には向き不向きというものがかなりあり、環境や仕事内容によってパフォーマンスは大きく変わります。

あのときは全然仕事ができる人ではなかったのに転職したら急に仕事ができるようになった。こういう話もよくあります。

仕事内容が完全に同じということはありえませんし、本人の仕事能力の高さではなく、仕事の向き不向きの問題だったということはあります。

同じ営業であっても業界が変わる、会社が変わるとスタイルが変わるので結果を出しやすくなる、扱う商材によって変わる、チームの動き方によって変わる等のことはいくらでもあります。

一つの会社での評価が低い人が別の職場でもの凄い高い評価になるなんてことは本当にあります。オールマイティになんでもできるという人も世の中にはいますが、特定の環境で極端に強いパフォーマンスを出す人もたくさんいます。

社内の雰囲気も体育会系なのか、淡々と数字で語る雰囲気なのか、ベンチャー気質があるのか等によって感じ方、仕事のやり方も全く異なったりもしてきます。

仕事なんて同じ会社でも部署が変われば全然違うのが当たり前で、別の会社に行って通用するかしないかなんてわかるはずがありません。

自分がいる場所を否定されたくない心理

上司が他の職場でも成功しないということを主張するのは自分がいる場所が否定されたくないという心理も働いているのではないかと思えることもあります。

誰も今自分がしている選択を間違ったものとは思いたくありません。

今働いている職場がその人にとって最善だと考えているからこそその職場にいるのであって、そうでなければもう転職しているはずです。

例えその職場がつらい職場、仕事が良くない、待遇が良くないところであっても、他のところに転職できなかったり、今からだと難しい、そこまでのモチベーションが湧かないということで今のポジションを選んでいるわけです。

そこに辞めたいという部下が出た場合に、純粋におめでとう、新しい場所で頑張ってと言えるのかどうかがあります。最初から数年で転職していくのが当たり前の職場であったり、社会の上位層が働いているような職場であれば気持ちよく送り出してくれるかもしれません。

そうでないということは、本当に相手のことを心配していっているのか、それとももしかすると自分のいる職場を否定されるのが嫌なのか。あからさまには言わなくても後者の気持ちが入っていることもあるでしょう。

辞めて成功する人はたくさんいる

多くの会社は退職したいと申し出た場合に引き留められます。辞めたら成功しない的な話はどこでも言われます。

でも、会社を辞めて成功する人は実際にたくさんいます。転職してより良い職場に移ったなんて人はいくらでもいますし、職場によっては中途採用が大半、中途が前提という職場もあります。

転職した先で出世していったり、あるいは会社を辞めて独立したりして成功する人はたくさんいますが、多くの人はうちを辞めて行くのは正解で成功するよなんて言われることはないでしょう。

わざわざリスクを取って転職したり、独立したりなんていいことがない、結局やめない方が良い方向になるなんて話しかしません。

転職して渡り歩いてきた人であれば知っていることも多いので、そう言わないとことも多いかもしれませんが、無知な人ほど今の会社を辞めると失敗するという結論を出しがちです。

実際には全くそんなことはありませんし、今働いている会社に違和感を感じている、その会社を辞めたいと感じているのであればその直感を信じた方が良い結果になることが多いです。

仕事がちょっと嫌になったから辞めたいと思ったのではなくて、いろいろと検討した上で辞めるというつもりになって上司に申し出たわけですよね?それを何の責任も取ってくれるわけでもない上司の話によって覆す必要はないのです。

本当に辞めさせてもらえないのであれば退職代行へ

会社を辞めようとしたら上司に止められたということを想定して話をしてきました。

本当に辞めるのかどうかは最終的には自分の直感で決めるしかありません。

もし、本当に辞める意思を持って動いているのに、必要以上に上司が引き留めてもう辞められなくて困るというのであれば、退職代行に依頼するのも良いでしょう。

大抵の場合は一度引き留められますが、強い意思をもって辞めるということを伝えればそれ以上の引き留めというのはないはずです。

ですが、中にはブラック企業体質のところで無理やり辞めさせない、責任問題を押し付けたり、代わりがいない等ということで辞めさせない会社もあります。

そういうところで辞めたいとただ言葉で言い続けてもどうにもならない場合もあります。本当に困ったという場合であれば退職代行のサービスに相談してみるのもいいでしょう。

労働法に基づいてきちんと動いてくれるサービスを選べばスムーズに退職することができるはずです。

おすすめできる退職代行サービスの一つとして退職代行ガーディアンというところがあります。労働組合法人によるサービスということで通常の会社運営のところよりも交渉で有利になることがあるかもしれません。

もし、残業代や未払い給与等の問題で紛争があるようであれば、弁護士事務所のサービスを使ってみるのもいいでしょう。

このような弁護士のサービスも存在します。

上司や会社の圧力があっても、それに負けずに自分の意思を貫き退職する道を突き進んでいきましょう。

関連記事

退職代行ガーディアンについての紹介記事です。


あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

yoimono

良いものの紹介、また世の中の動きに対しての意見等を書いていきます。ダイエット・英語学習・サプリメント・通信・教育・働き方等のジャンルが好きだったりします。

このライターが書いた他の記事

  • かかとを叩くと身長が伸びる?刺激を与えるといいの?

  • iPhoneのバックアップ先をDドライブに変更する方法

  • セルゼロの効果は?効果なしということもある?

関連のおすすめ記事

  • 【2024年最新マネタイズ】AIインフルエンサー作成と稼ぎ方(固定の顔・DeepfakeによるSNS運用・マネタイズ方法)

    ¥69,980
    1%獲得
    (699円相当)
    わど

    わど

  • 『月間アフィ100万超え』究極のフロント教育2.0〜さよなら会社依存の日々〜

    ¥24,050
    1%獲得
    (240円相当)
    うえぶー

    うえぶー

  • コンテンツ評価総合1位【累計4,500部突破】副業初心者向けフリーランス養成講座【お得な副業フルセット】※全7万字

    ¥18,900
    1%獲得
    (189円相当)
    副業オタクにゃふ~@楽過ぎる副業

    副業オタクにゃふ~@楽過ぎる副業