漢方薬治療「ワクチン後遺症回復マニュアル」コロナ後遺症、ワクチン後遺症に悩むすべての人へ

漢方薬治療「ワクチン後遺症回復マニュアル」コロナ後遺症、ワクチン後遺症に悩むすべての人へ

こんにちは。

漢方薬治療専門毛髪診断士のタクヤです。

今回はコロナ後遺症、ワクチン後遺症に効果のある漢方薬、栄養サプリメント、生活上の注意点をお伝えします。

ありがたいことに販売開始直後から多くの人に購読してもらっています。 

以前の記事ではワクチン後遺症の起きる仕組みについて解説しました。

新型コロナ後遺症、ワクチン後遺症に苦しむ人達のお役に立ててるのなら光栄です。

ワクチン後遺症の原因は免疫の暴走による自己免疫疾患と細胞の慢性炎症です。

私は最大の原因はサイトカインストームだと思っています。

サイトカインストームとは、サイトカインというタンパク質が過剰に分泌されることで、異物だけでなく自分の体の正常な細胞まで攻撃してしまっている状態のことです。

コロナ後遺症の原因は炎症反応による臓器へのダメージです。

コロナ後遺症の仕組み

コロナウイルスは人体のさまざまな部分に影響を及ぼしますが、特に肺や血管の内側にある受容体(細胞の外からやってくるものを選択的に受け入れるタンパク質のこと)にくっ付くことが知られています。ですから、肺はもとより、心臓や脳など様々な器官が強い影響を受けます。


ウイルスに感染すると体内では炎症反応が起こるわけですが、それに伴うかたちで「サイトカイン」という化学物質が産まれます。免疫細胞は異物が体内に侵入してくると、炎症性のサイトカインを誘導することで生体の炎症を促します。

しかしコロナウイルスに感染した場合には、この炎症性サイトカインが過剰に分泌されることになり、体内で炎症が発生するのです。
こちらはコロナ後遺症の主な症状です。

動悸、慢性的な倦怠感、頭髪の脱毛、息苦しさなど……びっくりするほどワクチン後遺症が出た人の症状に似てるんですよね。

コロナ後遺症に多い筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群も見受けられる人もいます。

ただ脱毛症に関してはコロナ後遺症は休止期脱毛症であるのに対し、ワクチン後遺症は円形脱毛症、びまん性脱毛症が多いです。

円形脱毛症の原因は自己免疫疾患

同じワクチン後遺症でもこの自己免疫疾患による症状が強く現れるのはかなり個人差があると思います。

長々と説明しましたが、コロナ後遺症、ワクチン後遺症に対する治療のゴールは決まっています。

①免疫のバランスを正常に戻し、自分の細胞を攻撃させない

②サイトカインストームによりダメージを受けた臓器、細胞の慢性炎症を無くす

③自己免疫システムを元の状態に戻し、細胞の炎症反応を鎮め、元の身体に戻る

これがコロナ後遺症、ワクチン後遺症に対する遠回りに見えて一番近道の方法だと考えられます。

コロナ後遺症、ワクチン後遺症に効果が期待できる漢方薬 

栄養サプリメント

生活上の注意点を解説していきます。

なぜコロナ後遺症、ワクチン後遺症には漢方薬がいいのか?

コロナ後遺症、ワクチン後遺症の多くの人は血液検査やMRIなどで異常が見つかりません。

現在コロナ後遺症、ワクチン後遺症の治療を積極的にしてくれる医療機関は多くありません。

また病院に受診したものの

「異常は見つからない」

「心因性のものだからストレスを溜めないで」

「とりあえず鎮痛剤を出しとくから」

など診察を受けた医者に言われた人もいるでしょう。

私のところに相談にきた人達も何度も病院と受診する科を変え、まともに診察と治療をしてくれない事を悔しがっていました。

酷いところでは診察を拒否し、「厄介な患者」扱いするところまであります。

西洋医学における「治療」は、病気の原因を究明した上で、それに対処するという方法で行われています。

いわゆる「対症療法」です。ですから原因のわからない病気には対処する術がなく、原因がわかっていたとしても対処の手段が開発されていなければ為す術はありません。

これは西洋医学の最大の弱点と言えるでしょう。

しかし、東洋医学では、病名よりも患者さんの訴えを重視します。

漢方では、患者さんの体質やもともと持っている体力などを総合的に見極めて薬を処方するため、検査をしても原因が特定されない心身の不調、いわゆる不定愁訴など病名がはっきりしなくても対処することができ、症状が改善するのです。

「漢方は本治する事が出来ます」

コロナ後遺症、ワクチン後遺症の多くの患者は「未病」であると私は考えています。

「未病」は現代医学の検査で病気とは診断されないが、健康でもない、“不調”のことです。

コロナ後遺症外来の治療で漢方薬治療がメインなのは漢方は「未病」に効果的だからです。

漢方と西洋医学の大きな違いとしては、漢方は病名がつかない不調(未病)にもアプローチできるという点があげられます。

もととなるバランスの乱れから発せられたSOSサインが症状やお悩みにつながっていると考えますので、症状が出ているところだけではなく、根本を正そうとすることから改善を目指します。

漢方医学には「上工(じょうこう)は己病(いびょう)を治さず、未病(みびょう)を治す」という教えがあります。

「上工」 とは腕の良い名医と呼ばれているお医者さん、「己病」 とはすでにかかってしまった病気のことです。つまり、現代語に訳すと「本当の名医は、すでにかかってしまった病気はもちろんのこと、これから起こるであろう病気も予測して治してしまう」という意味です。

「現在の未病の状態から未来の病気まで予防する事が出来る」

日本国内でのコロナ後遺症外来で積極的に漢方薬での治療が行われています。

ここで解説している漢方薬は基本的にコロナ後遺症外来で処方されている漢方薬と同じです。

漢方外来、コロナ後遺症外来の病院に受診出来ない人達のお役に立てると思います。

頭痛、倦怠感、自律神経失調症、脱毛症、動悸などに効果のある漢方薬を解説しています。

※自律神経失調症に効果のある漢方薬を新たに2つ解説しました。

気象病と呼ばれる気圧の変化に対して頭痛や吐き気、めまいに効果のある漢方薬も新しく解説しました。

まず初めに免疫システムの調整作用、体内の自然免疫力向上の作用を持つ漢方薬を紹介します。

そしてコロナ後遺症、ワクチン後遺症に効果のある漢方薬も解説します。

コロナ後遺症で脱毛症になった方の写真

コロナ後遺症の休止期脱毛症、ワクチン後遺症の円形脱毛症。

どちらにも効果のある漢方薬を解説します。

これから紹介する漢方薬はAmazon、ドラッグストアで購入出来る万人向けの安全な漢方薬なのでご安心ください。

※初めての有料記事販売記念という事で10月13日まで通常価格1600円を980円で販売します。

病院外来での診察料以下で販売します。

実際にコロナ後遺症外来で処方されている漢方薬7つを頭痛、脱毛症、動悸など症状ごとにわけて解説しています。

記事のクオリティにはかなりの自信を持っています。

無料部分、最初の漢方薬の解説を読んで興味を持ったら購入して頂きたいと思います。 

漢方薬、サプリメントとのお得なセット記事はこちらです。

では最初の漢方薬の解説です。

こちらの漢方薬は免疫調整機能、自然免疫力向上だけでなく、自律神経失調症にも効果があります。

自律神経が乱れると免疫力、身体のバランスも下がり、症状が悪化してしまいます。

自律神経、自己免疫疾患などによる免疫調整、自然免疫力を向上させる漢方薬とは……

1 人参養栄湯

人参養栄湯の効能・効果は「手足の冷え, 病後の体力低下, 疲労倦怠, 食欲不振, ねあせ, 貧血」であり, 実地臨床 において冷えの治療に用いられている. 人参養栄湯は, 血管拡張, 血液流動性亢進, 貧血改善に働き, これらの作用に より循環を改善することで, 内臓や末梢を温めるなどの効能があります。

以下の薬理作用が認められています。

1. 骨髄造血系細胞に対する作用 マウスの末梢血白血球数、脾細胞数と骨髄多能性幹細胞(CFU-S)の数を増加した。


2. サイトカイン誘導作用ヒト末梢血単核球を用いたin vitro 実験で、本エキス粉末はGM-CSF産生2)およびIL-6産生3)を増強した。IL-6産生増強は粘着細胞のみの培養で顕著であり、また、骨髄粘着細胞の培養でも同様に認められた。


3. 自己免疫マウスに対する作用、自己免疫疾患モデルマウスMRL/lprの腎、動脈、皮膚の炎症病変を抑制し、生存期間を延長させた4)~6)。このとき、炎症性サイトカインである血清中IL-6や活性型TGF-βが抑制された。また胸腺萎縮あるいはリンパ節、脾臓の腫脹を抑制し、T細胞マイトジェンであるConAに対する増殖反応およびIL-2産生を回復させた。

などの研究結果が認められています。

主要文献

Nakai, S., et al. : Int.J.Immunopharmacol., 18, 271 (1996)
川喜多卓也ほか:Progress in Medicine, 19, 2113 (1999)
 Miura,S., et al. : Int.J.Immunopharmacol., 14, 1249 (1992)

漢方薬の中でも「補剤」に分類され、体力、気力回復に効果的な漢方薬です。

また円形脱毛症にも効果があります。

2 マクロファージを活性化させ、人間の持つ免疫を底上げし、抗がん治療後の体力低下にも用いられる漢方薬


この続きを見るには記事の購入が必要です

この続きは3,889文字 / 画像17枚 / ファイル0個
漢方薬治療「ワクチン後遺症回復マニュアル」コロナ後遺症、ワクチン後遺症に悩むすべての人へ

漢方薬治療「ワクチン後遺症回復マニュアル」コロナ後遺症、ワクチン後遺症に悩むすべての人へ

タクヤ@自己免疫漢方治療専門の毛髪診断士

3ポイント獲得 ¥300

記事を購入する

完全版「コロナワクチン後遺症完全回復マニュアル」

タクヤ@自己免疫漢方治療専門の毛髪診断士

5ポイント獲得¥500

セットを見る

すでに購入済の方は、ログイン後に続きを見ることができます。 ログインする


この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
銀行振込・コンビニ決済にも対応。
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

漢方薬での毛髪再生、自己免疫疾患による慢性細胞炎症などの治療を得意としています。 分子栄養学、自己免疫療法の専門家です 新型コロナ後遺症、ワクチン後遺症に対する対策と治療方法をお伝えします。

このライターが書いた他の記事

  • 「世界一わかりやすいコロナワクチン後遺症が起きる仕組み」

  • びまん性脱毛症、コロナワクチン脱毛症患者向けの育毛剤とおすすめシャンプーの紹介。

    ¥300 3ポイント獲得
  • サプリメント治療「ワクチン後遺症回復マニュアル」コロナ後遺症、ワクチン後遺症に悩むすべての人へ

    ¥300 3ポイント獲得

関連のおすすめ記事

  • ラグジュアップのバストアップ効果がすごいってホント?口コミ80件から分かった驚きの真実!

    ビューティーみのり

    ビューティーみのり