すし匠系

四谷の名店「すし匠」が始めた、握りとつまみを交互に出すというスタイルがある。それまでは、まずはつまみを一通り出して、焼き物なり煮付けなりがあって、最後に握りを5~6貫、という流れが普通の寿司屋のスタイルだった。

はじめは邪道みたいな扱いだったと思うけど、これは今では「すし匠」や「すし匠」から分かれた店だけでなく、全国特に東京近辺では割と主流になっていると思う。こういう店を「すし匠系」と勝手に読んでるんだけど実際自分でもこの方が、鮨というものを楽しみやすいし、自分には合っていると思う。

独立して一本でやっていくためには、伝統を守りながらもこうした工夫で他店と差別化することが求められるんだろう。ダーウィンの言葉(と一般に信じられている)「強いものが生き残るのではない、変化するものが生き残る」を思い出す。


この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
銀行振込・コンビニ決済にも対応。
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

工藤元(kudogen)。1990年生まれの31歳。大阪府在住。 アメブロ https://ameblo.jp/kudogen1990 はてな https://kudogen.hatenablog.com/ Instagram https://www.instagram.com/kudogen1990/ Pinterest https://www.pinterest.jp/kudogen/ Note https://note.com/kudogen1990 Newspics https://newspicks.com/user/7019944

このライターが書いた他の記事

  • 鮨屋と通過儀礼

  • 握りの順番

  • ガリ

関連のおすすめ記事

  • 私がお勧めできるグルメカタログギフト…《人気17選》

    R-Style編集部

    R-Style編集部