クリスマスプレゼント

クリスマスプレゼント

俺が煙を吐くように彼女はレッドリップにこだわる。

日常を常に赤で彩ろうとする。華やかではないことの代償なのと真顔で俺を見つめる。責めるような視線に俺はたじろぐ。

俺のタバコの煙が目に染みると文句を言いながらいつも煙のつたう方向にいたがることを知っている。どうしてと聞かない俺の君への愛しさなど君は知らないふりをしているのかそれともそんなにも君は本当は鈍感なのか。


この続きを見るには記事の購入が必要です

この続きは1,671文字 / 画像0枚 / ファイル0個
クリスマスプレゼント

クリスマスプレゼント

DEAD SCREENING

18ポイント獲得 ¥1,800

記事を購入する

すでに購入済の方は、ログイン後に続きを見ることができます。 ログインする


あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

DEAD SCREENING

経験に基づく私小説ばかりですがよろしくお願いします。 Please follw us!!!!!!!! 【today's message】 I excited tonight.

このライターが書いた他の記事

  • 連載小説【我、汝が飼い主なり】

    ¥500 5ポイント獲得
  • 連載小説【We are】

    ¥500 5ポイント獲得
  • 私小説【6年以上の片思い】

    ¥1,800 18ポイント獲得

関連のおすすめ記事

  • 生きてるだけで恥ずかしい人シリーズ①

    S.Watanabe

    S.Watanabe