ヒゲが濃いせいでモテない?ヒゲを薄くするためにできることは?

ヒゲが濃いせいでモテない?ヒゲを薄くするためにできることは?

ヒゲが濃いせいでモテなくて困っている。

そういった声をよく聞きます。

ヒゲが濃いといっても人によってそれぞれですが、本当に濃いと朝剃っても夜になると、結構生えてきてしまいますし、ちょっとやっかいな存在になってしまいます。

ヒゲが濃いからといって即モテないと断言するのはちょっと違う部分もありますが、無くした方がいい人、薄くした方がいい人がいるというのも事実です。

ヒゲは薄くするにはどうしたらいいのでしょうか?

また薄くなればモテるようになるのでしょうか?

1.ヒゲが濃くてもモテる人がいるということへの反論

ヒゲが濃いからモテない、薄くしたいといっても、ヒゲがあるからモテるんだ、ヒゲがある人の方がかっこいいからモテないというのは間違っている。

そのように反応する人もいるかと思います。

ヒゲに関しては本当に各自意見が異なるので難しいところです。

実際にヒゲが好きな女性というのはいますが、あくまでヒゲがあって、うまく形が作られているイケメンであったり、味が出ている人という前提。

ただ無精ヒゲとして生えているだけ、別に見た目がかっこよくないヒゲは伸びただけのヒゲであり、決してヒゲのおかげでモテるなんてことにはなりません。

ヒゲがあることによってかっこよく見えるという人もいるのは事実ですが、全員が当てはまるわけではありまえんし、ヒゲが似合わない人はいくら頑張ってもその効果はありません。

自分自身がヒゲが似合うのかどうかはもうよくわかっているかと思います。

一般的にはヒゲは良い印象を与えにくいですし、爽やかさを求めていくにはヒゲはない方がいいでしょう。

2.ヒゲのチクチク感は嫌がられる

伸びたヒゲのチクチク感は嫌がられやすいです。

きれいに剃れているヒゲと伸びてきてチクチクするヒゲでは全然違います。

ヒゲが触れて痛い!となることで、一気にイメージダウン、近づきたくないとなってしまうかもしれません。

せっかく女性とお近づきになっているような状態でヒゲのせいでマイナスイメージがついた等は避けたいですよね。

ヒゲの悩みがある人にとって、本当に微妙なところは一日の中でもヒゲが伸びてきてしまうというところ。

朝にヒゲを剃ってそのまま夜までもってくれれば何も問題はないのですが、ある程度伸びが早い人は夜になるとボーボーになったり、そうでなくても明らかに伸びた形跡が目立ってしまいます。

この問題は対処しにくいです。途中でヒゲを剃ることができるような環境が必ずあるとは限りませんし、朝から出かけている場合、出社している場合等、途中でヒゲを剃るというのは非常に難しいです。

夜にデートとなったときに、朝きちんと剃っているにもかかわらずヒゲが伸びてきてしまってイマイチな状態になってしまっている。

これはヒゲをもう生えてこないように対策をするしか方法がありません。

3.モテるヒゲは整えられているヒゲ

モテるヒゲというのもありますが、それはただ伸ばしたヒゲではないため、結局整えなくてはいけまえん。

朝整えていても夜になるとその整えたものが崩れてしまうのでは整えた意味がなくなります。

ヒゲがもともと濃かったり、結構生えるようになってしまったという場合、そんなに偶然的にきれいに生えるなんてことはなく、余計な部分まで生えてきてしまいます。

これを朝整えるだけでなんとかするというのは難しい場合が多く、結局は部分脱毛をするしかありません。

余計なヒゲが生えてくる部分はサロン等で脱毛して、そうでない部分は残すというテクニックが求められます。

ヒゲをうまく使って勝負したいという人はこの方法でもいいですが、上手くできそうもないという人は素直にヒゲ全体を減らす、薄くする方法に向かった方がいいでしょう。

4.ヒゲを薄くするためにできること

ヒゲを薄くするためにはどのようなことをするのが効果があるのでしょうか?

これは実際のところ

  • 脱毛エステに行って脱毛をする
  • 家庭用脱毛器を購入する
  • 抑毛ローションを使って薄くする

これくらいしかないように思います。

日常の行動の中でヒゲの伸びを遅くする、薄くするというのは濃い人にとっては現実的ではありません。

濃いヒゲをどうすればいいのかということで調べていると、普段できることとして食生活を見直す、睡眠の質を上げる、ストレスを受けないようにされる、ヒゲの剃り方を変えるというようなことが出てきます。

ヒゲは剃り方を工夫してきっちりと剃って剃り残しを防ぐ、肌荒れしないように電気シェーバーを使う等は常識の範囲で対応が可能です。

ただし、今ヒゲで悩んでいる人の問題はそんなことで解決できるようなものではないですよね。

電気シェーバーは電気シェーバーの問題としてヒゲの剃り残し等が出てきますが伸びてくるヒゲをどうにかできるものではありません。

また、ストレスを軽減する、睡眠をきちんと取る等も、確かにその方が肌の調子は良くなりますし、ヒゲもおとなしくなるかもしれませんが、これはあまりにも副次的な話であって、ストレスのせいでこんなに伸びるようになりました、減らしたら伸びなくなりましたなんてものでもありません。

そして食生活ですが、ホルモンバランスによってヒゲは伸びてきますので、大豆イソフラボンを摂るようにすれば女性ホルモンも増えてきて、伸びが収まるなんてことも言われています。

ただこれも、直接食事で摂る量のレベルでは、影響は正直かなり微妙な範囲でしかなく、サプリ等で摂るにしても、そこまでするのであればもう直接ヒゲにアプローチする方が効率的であると言えるでしょう。

5.脱毛サロンでの脱毛が1番効果がある

ヒゲを薄くしたい、無くしてしまいたいのであれば、脱毛サロンで脱毛するのが一番効果があります。

これは本当に間違いありませんし、長期間脱毛サロンに通い続けていけばヒゲはだんだんと無くなっていきます。

ヒゲを整えて一部分はデザインとして残しておきたいというような希望であったり、薄くするだけで完全に無くしたくないという場合の希望も聞いてくれます。

結果として一番良い状態になるのが脱毛サロンではあります。

一番効果があるのが医療脱毛、そして永久脱毛ではないけど効果があるのがサロン・エステでの脱毛というものになります。

医療脱毛として有名なものとしては

・ゴリラクリニック
・メンズリゼ
というようなところがあります。

一番効果があるのであれば脱毛サロンでやるのがいいのでは思いますが、問題がないわけではありません。

・長期間通わなければいけない
脱毛はすぐにその場で終わるわけではなく、毛周期の関係で一度に全ての毛を脱毛できるわけではないため長期間通い続けなければいけません。1~2年間、そのお店に定期的に行くということでそれなりに面倒なものにはなります。

・痛みがある
脱毛はとにかく痛みとの勝負というようなところがあります。特にヒゲ部分は非常に濃い、太い毛の場所になり痛みが発生します。

麻酔も使用できたりしますが、それでも痛いということで、抵抗がある人もいるかもしれません。

・お金がかかる
これが一番のネックになる人も多いはず。とにかく脱毛サロンでの脱毛はお金がかかります。各社料金はそれぞれ違いますし、部位別ということで一部分であれば安くなったりもしますが、数万円から始まり、10万円台は当たり前、ヒゲだけではなく全身になると数十万円はかかり、なかなか社会人といえどもお気軽な料金ではなくなってきます。

6.家庭用脱毛器で脱毛する

家庭用脱毛器ということで、通販で自宅で脱毛ができる器具を購入することができます。

有名なものであればケノンが一番ですね。昔からずっと家庭用脱毛器といえばケノンだと言われています。

最近ではサロンが開発したような家庭用脱毛器も出てきています。

脱毛ラボが開発した「Datsumo Labo Home Edition」。脱毛サロンが開発となると信用力は上がってきますね。

家庭用脱毛器のメリットとしては、自宅でいつでも使える、好きな場所に使えるので全身脱毛ができる、一人でこっそりと脱毛できるので恥ずかしくないということがあります。

価格としては6~7万円台。家庭用脱毛器といえどもそれなりの価格はするという感じです。特にメンズ用というのはありませんので、男女共用で使っていくことになります。脱毛サロンに通うのと違って複数人で使うことができますので、家族、恋人同士で使っていくとコスパはかなり良くなっていきます。

家庭用脱毛器にも欠点はあってとにかく時間がかかる、本当に脱毛できるのかどうかがわからないというところがあります。

サロンに行くのと同じで、脱毛する箇所全部に当てなければいけないのでその時間、手間が結構かかるということ、根気よく続けていかなければいけないというところが大変です。

家庭用は業務用よりも照射レベルが低く作られていて、安全度は高いのですが、その分脱毛効果が落ちてしまいます。

本当に時間をかけなければいけませんし、男性のヒゲの場合、特に同じ毛といっても、女性のうぶ毛とは次元が違う強さになるので、本当に脱毛できるのか、どれだけやればいいのかというレベルの戦いになるかもしれません。

ちなみに安い脱毛器もamazon等で見かけますが、これらはこれらでかなり問題があります。効果もさらに怪しくなってきます。

男性がセルフ脱毛 2ヵ月後の効果 やはり家庭用脱毛器の価格の差はある?

家庭用脱毛器もいいとは思いますが、サロンで脱毛器を使うことに比べると確実性が劣るということ。本当に自分が最後まで続けられるのかということを考えなければいけません。

7.抑毛ローションを使用するということ

抑毛ローションというのも流行ってきている方法の一つです。

毎回塗ることによって、少しずつ毛が生えてくるスピードを抑えられる、毛を生えて来にくくするというものです。

抑毛ローションとして有名なものとすると

・エピナイザーゼロ

というものがあります。

少しずつ毛が目立たなくなるので、使いやすいですし、他の脱毛等のようにかなりの高額費用がかかったり、強い痛みがあるということもありません。

その代わり、この方法はあくまで抑毛ではなく脱毛ではないため、手入れをしていないとまた毛はどんどん生えてきます。永久的なものではありませんので、最終的には脱毛をした方が個人的にはいいのではと思うのですが、脱毛は長期間の戦い。

短期的な範囲でヒゲを薄くしたい、ヒゲを薄くしてモテたい、脱毛まではしたくない、抵抗があるという人にとっては良い選択となるのかもしれません。

口コミ・評判についてはこちらの記事で書いています。

⇒エピナイザーゼロの口コミ・その効果について調査!購入はありか?

8.どの方法を選ぶのがいいのか

ヒゲを薄くするにはどの方法を選べばいいのか。

本当にどれも一長一短ありますし、お金もかかることになりますので非常に難しいです。

それぞれの予算であったり、時間であったり、痛いのはイヤだったりということで、絶対にこれだということはありません。

最初は抑毛ローションで試してみて、結果を見つつ脱毛に移行するというのでもいいですし、家庭用脱毛器から始めて状態を見てからというようにする方法もあります。

脱毛はやってみてわかりますが思っているよりも大変です。

根気よく長期戦で進めていくということを理解して取り組むようにしていきましょう。



この記事のライター

yoimono

良いものの紹介、また世の中の動きに対しての意見等を書いていきます。ダイエット・英語学習・サプリメント・通信・教育・働き方等のジャンルが好きだったりします。

このライターの他の記事

  • Rakuten Handをテザリングとして使用すればほぼ無料レベルに!?

  • ブラビオンSの効果は?口コミ・評判から考えてみるとどうか?

  • ミラブルケア 口コミは良い?悪い?化粧水は本当に変わる効果があるの?

関連のおすすめ記事

  • ガガドラスの増大効果は本当にあるのかを分析してみる【口コミ・評判】

    yoimono

    yoimono