docomo・au・Softbankの料金が横並びに!どれを選ぶか?または楽天か?

docomo・au・Softbankの料金が横並びに!どれを選ぶか?または楽天か?

yoimono

yoimono

docomoのahamo(アハモ)が先行して20GB2,980円の料金を発表し、携帯電話業界の料金基準が一気に揺らぎました。

そしてSoftbankがLINEブランド追随し、ついにauもpovo(ポボ)ブランドを発表。

これで3社とも実態は同料金となりました。

では今から携帯会社を選ぶ、または変更を考えている人はどこを選べばいいのでしょうか?

1.各社条件を振り返る

各社条件を振り返ると以下のようになっています。

※あくまで現時点の情報です。

docomoの条件

ブランド ahamo(アハモ)20GB2,980円
5分以内無料通話を含む
月1,000円でかけ放題
テザリング制限なし
5G通信可能海外ローミングあり、海外でも自由に使用可
キャリアメール非対応

Softbankの条件

ブランド LINE(従来のMVNOのLINEではないとのこと)
20GB 2,980円
5分以内無料通話を含む
月1,000円でかけ放題
テザリング制限なし
5G通信可能
海外はアメリカ放題、アメリカのみ無料
キャリアメール非対応
LINE利用量が無料

auの条件

ブランド povo(ポボ)
20GB 2,480円
5分以内無料通話は別料金で500円
月1,500円でかけ放題
200円で24時間データ通信使い放題
他にもトッピング追加予定
テザリング制限なし
5G通信可能海外ローミング検討中
キャリアメール非対応

2.料金は事実上の同一結果に

料金を見ると、事実上の同一料金20GB2,980円になりました。

auのpovoのみ2,480円という料金が出ていますが、5分以内通話かけ放題が切り離されているのみ。

5分以内通話かけ放題をするのであれば、3社ともに同一。

またこのかけ放題が不要だというのであればauにして500円削減するという方法はあります。

実際のところどうなのでしょうか?

学生では絶対にキャリア通話はしない、通話は全部LINE等でという人もいるかもしれませんが、ちょっとお店に電話しただけで30秒20円の通話料金が発生します。

500円では12分半しか電話できません。

ほとんど電話をしないと言う人でも月に10分程度もしないのかというと、微妙なところもありそうです。

お店の予約を月に1~2回くらい、どこかへの問合せを月に1~2回くらいしていたり等と考えると、安易にこの500円のかけ放題を外すのはむしろ高くなるかもしれません。

3.現行プランよりも変えない方がいい人

現行の携帯電話契約プランから変えない方がいいという人もいます。

・各種割引を利用している人

家族割引や光回線割引、学生割引等で多額の割引が入っている人の場合、これらのプランにしたときに本当に安くなるかは検討した方がいいでしょう。
※1/14追記 ahamoはファミリー割引のカウント対象という話が出てきました。

・オンラインが苦手な人

今回の3社のプランはすべてオンライン専用プランです。

オンラインでの手続きが苦手だということ、また今後もショップにお世話になるのを前提としている人の場合はやめておいた方がいいでしょう。

・キャリアメールが必要な人

これらのプランはすべてキャリアメールが使えなくなっています。

今も現役でキャリアメールを使っていて変更が効かないという人の場合、プラン変更によって問題となってしまうかもしれません。

4.各社の差別化できる部分

今回のauの発表で3社が横並びに極めて近い状態となってしまったため、他社との違いを見つけるのが難しいです。敢えていう違いとすればこうなります。

・docomo

海外でも同プランのまま自由に使える。他社の追随は未定。
NTTとNTTドコモとの合併により経営体力トップへ。今後の回線品質もトップクラスを期待できる。

・Softbank

LINEがフリーカウントのため、LINEをよく使う人には便利。

・au

5分かけ放題が別料金のため、全く電話しない人は2,480円の最安での契約が可能。
200円で24時間データ通信使い放題を使い一時的に大量データを使うのに便利。

今のところこのような違いになるかと思われます。

5.第4のキャリア楽天の優位性

携帯電話会社はこの3社だけではありません。

今現在は楽天も第4のキャリアとして稼働しています。

楽天については
・データ容量 完全無制限(エリア外は月5Gまで、超過後1Mbps)
・通話 完全無制限(専用アプリ利用)
・料金は2,980円
・300万名まで1年間無料(現在200万名は突破)

ということで、細かい条件なしに使い続けることができます。

ただデメリットとしては、エリア範囲がまだまだ狭く通信不安定ということがあり、そのため1年間の無料期間が用意されています。

楽天の1年後のエリア拡大、普及を狙って無料のうちにとりあえず申し込んでおくというのはある程度ITに強い人であれば得策であると思われます。

⇒楽天モバイルの詳細はこちら

今現時点で、主要キャリア3社の料金が出揃ったということでまとめてみました。今後のプランをどうするのか、変更するのか、キャリアを乗り換えるのかよく考えておきましょう。

関連記事
Rakuten Handをテザリングとして使用すればほぼ無料レベルに!?
Rakuten WiFi Pocketが大人気!まだブラックは購入できる!

あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

yoimono

良いものの紹介、また世の中の動きに対しての意見等を書いていきます。ダイエット・英語学習・サプリメント・通信・教育・働き方等のジャンルが好きだったりします。

このライターが書いた他の記事

  • かかとを叩くと身長が伸びる?刺激を与えるといいの?

  • アイプリンの現在の口コミは?クマ・たるみに悩んでいる人への効果はある!?

  • CARE パーソナルファスティングというダイエット方法はどう?【口コミ】

関連のおすすめ記事

  • 月収400万天才プログラマーあいが教える「プログラミング初心者が『無料&最速』でpythonを極める方法」

    ¥3,60036ポイント獲得
    あい

    あい