この術は、周易の一つのバリエーションとして、大島中堂師が大正年間に発表したものです。

私(林巨征)は、方位術の研究と並行して、大島中堂や真勢中州、新井白蛾の周易を研究してきました。その中でも、今回発表する、天眼通(八陣易とも呼ばれる)に非常に強く興味を持ちました。

その理由は、周易のバリエーションではあるものの、九星で用いる3×3の盤を用いるからです。

これは専門とする方位術に連動できるのではと考えたのです。

使用方法は、本筮でも略筮でも構わないが、立卦して本卦、之卦及び互卦を出し、これらを元に様々な事象判断を行います。その時、卦を並べるのではなく、一定の法則に従って、3×3の盤(八陣盤)に卦を展開するのです。

原著には、「この術をもって一切を占えば百発百中、実に鬼神を驚かすに足る。故にこの伝を得たる者は尊い秘して、濫りに伝授するなかれ」との文言もあります。

最大の特徴は、易経の文言を使用せず八陣の象意を判断の根拠にします。九星気学に親しんでいる術者には、非常に習得しやすいと思います。

                   八陣

本卦、之卦及び互卦を基に八陣に小成卦を配して、それぞれの宮ごとに判断していきます。

今まで、周易を勉強されてきた方には、目からウロコの占法だと思います。以下章立てを紹介します。

 第1章 易卦の八陣配布

 第2章 人事百般の判断

 第3章 家相判断

 第4章 対象人物占

 第5章 方位術への応用

 今回、皆様にこのような形で発表できること、望外の喜びです。


この続きを見るには記事の購入が必要です

この続きは7,389文字 / 画像3枚 / ファイル0個
八陣天眼通 虎の巻

八陣天眼通 虎の巻

林 巨征 令和陽新堂主人

89ポイント獲得 ¥8,900

記事を購入する

すでに購入済の方は、ログイン後に続きを見ることができます。 ログインする


この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
銀行振込・コンビニ決済にも対応。
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

東洋占術家 |単行本計7冊 トータル2万冊以上売上 |ムー誌など雑誌記事多数|方位術をはじめとする様々な開運技法の専門家| 他に占い本の論評が得意|金函玉鏡・納音法・八陣の秘法・挨星法・断易・九星気学 etc. 開運方位術に取り組んで40年。今までの試行錯誤の結果、蓄積してきた本物のノウハウを発信していきます。

このライターが書いた他の記事

  • 究極の開運方位術 納音法 虎の巻

    ¥39,800 398ポイント獲得
  • 九星気学より一歩先を行く 日盤挨星法 虎の巻

    ¥19,800 198ポイント獲得
  • 林巨征 単発講座 001 応用気学用神論

    ¥980 9ポイント獲得

関連のおすすめ記事

  • シェルティに合うドッグフードおすすめ7選|特徴に合わせた餌の選び方

    メディアMAX