株式会社イノベーションゼロ 最先端のインターネット広告運用を手掛けるアドエージェンシー

株式会社イノベーションゼロ 最先端のインターネット広告運用を手掛けるアドエージェンシー

News Biz

News Biz

株式会社イノベーションゼロはインターネット広告を中心とした広告代理業、広告メディアの運用などを手掛けているアドエージェンシーです。既存のバナー広告やタイル広告といったものからブログやSNSを活用してセールスプロモーションを展開するアフィリエイト、さらにはインフルエンサー、ライバーによる動画を活用したインターネット広告まで、幅広いスタイルの広告を取り扱っています。同社が得意とするのは縦型ショートムービーによる広告。今回はこの株式会社イノベーションゼロについてご紹介いたします。

日本の広告費はインターネット広告が牽引する時代に

広告代理業で国内最大手の電通は毎年「日本の広告費」というレポートを発表しています。このレポートは日本の総広告費と、媒体別・業種別広告費を推定したもの。今年2月末に公表されたレポート「2022 日本の広告費」によると2022年1月から12月までの日本の総広告費は国内外の様々な影響を受けつつも、社会のデジタル化を背景にインターネット広告費が好調に成長しており、広告市場全体が支えられたことによって、通年で前年比104.4%の7兆1,021億円、過去最高の費用となったそうです。

人々に情報を伝えるメディアは昔の瓦版や掲示板から、新聞、雑誌、ラジオ、テレビ、近年はインターネットと変化し続けています。それに伴って、企業が自社の社名やブランド、商品やサービスの認知を図っていくこと、イメージアップを図っていくことなどを目的に活用する広告のメディア、そして掲載する広告形態も時代にマッチしたものとなっています。

かつての3行広告と呼ばれたものから、新聞の記事下広告や突き出し広告、ラジオコマーシャル、テレビコマーシャル、そしてインターネットの時代にはバナー広告やタイル広告、さらにアフィリエイトなど、時代と共に変化してきました。

株式会社イノベーションゼロは多様なインターネット広告を展開

株式会社イノベーションゼロは広告代理業、広告メディア業のほか、美容サプリの開発および販売などを主要事業としているアドエージェンシーです。「新しいトレンドを作り上げるイノベーターとしての最先端の広告運用」「Innovation The Next」を事業のコンセプトとして掲げています。

インターネット広告にはバナー広告やタイル広告といったウエブサイトに貼り付けるものから、ブログやSNSを活用するアフィリエイト、インフルエンサーによるライブ動画、ショートムービーを使ったものなど、その形態はさまざまです。

株式会社イノベーションゼロは多くのジャンルをカバーする自社メディアを持ち、運用してきたことでノウハウを蓄積してきました。同社のクライアントのインターネット広告が高い訴求効果を上げることができているのはイノベーションゼロが自社メディアで蓄積してきたノウハウを応用し、最適のメディアやプラットフォームを選択し、提案してきたからだと言えるのではないでしょうか。

株式会社イノベーションゼロの広告メディア事業

株式会社イノベーションゼロはメインとしている広告代理業に加え、自社でメディアを構築し、運用する広告メディア事業も展開。クライアントごとに広告を出稿する最適なプラットフォームへの配信を提案しています。

同社が運用している広告メディアのジャンルは金融から美容まで様々。現在、10媒体以上を運用しています。このメディア事業では費用対効果が高い成果報酬型の手法を採っており、多くの出稿広告主が新規顧客の獲得や売上げアップを実現しているそうです。

ASP機能も有する株式会社イノベーションゼロ

イノベーションゼロはインターネット広告を扱う広告代理業がメイン事業となっています。加えて、商品を宣伝してくれるアフィリエイターと広告スポンサーをつなぐASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)機能も持っているというのが同社の特徴だということができるでしょう。

広告は通常、広告枠に掲載されることによって広告費が発生します。しかし、アフィリエイトは掲載するだけでは広告費は発生しません。また広告がクリックされただけでも課金されず、広告をクリックしたユーザーがコンバージョンした場合に広告費が発生するシステムです。アフィリエイト広告を出稿する側からみると、コンバージョン単価であるCPAを指定できるため、費用対効果がよいことから、人気が高い広告となっています。

もちろんアフィリエイトという広告には向き不向きがあります。アフィリエイターも得意分野と不得意分野があります。株式会社イノベーションゼロはクライアントに最適なアフィリエイターのマッチングを行う機能、ASP機能も有しており、それは同社の大きな特徴になっているといえるでしょう。

Online Salon SystemのAfi.salon

株式会社イノベーションゼロが展開しているオンライン・サロン・システムの「Afi.salon」はアフィリエイトの運用に苦戦している広告主に向けたサービスです。この「Afi.salon」ではASP機能、LPのテンプレートも提供可能となっていることから、今まで効果がでなかったクライアントにもコミットが可能だということです。イノベーションゼロは広告費に対して10%で対応しているそうです。

インフルエンサーを支援するイノベーションゼロ

株式会社イノベーションゼロはインフルエンサー、ライバー側からも高い評価を得ているアドエージェンシーです。イノベーションゼロは広告主だけでなく、インフルエンサーとの連携も密に行い、商品の宣伝だけでマネタイズできていないインフルエンサーの人たちを支援する事業も展開しています。

SNSやブログでの商品紹介だけではなく、広告と繋げた新しい形のマネタイズの方法を提案しています。このことは広告主の広告訴求効果向上に大きく貢献していると言えるでしょう。

イノベーションゼロは広告のプランニングなどで「TikTok For Business Agency Award 2023」を受賞

世界中の若年層から利用されているのが、動画に特化したソーシャルネットワーキングサービスの「TikTok」です。縦型のショートムービーという市場を作ったプラットフォームです。「TikTok」は中国のByteDance社が運営しており、2016年のサービス提供開始から瞬く間にユーザーを増やし続けています。動画に特化しているサービスですから、掲出・表示される広告ももちろん動画。広告主が作成した広告のショートムービーを表示するという形式になっています。

TikTokに掲載される広告のショートムービーはアプリの起動時、全画面に表示される「起動画面広告」、ユーザーに表示される「おすすめ」チャンネルに組み込まれて表示される「インフィード広告」、企業がハッシュタグを設定し、そのハッシュタグに関連する動画投稿をユーザーに促すユーザー参加型のコンテンツ「ハッシュタグ(#)チャレンジ」があります。

TikTok for Businessは「TikTok for Business Japan Agency Awards 2023」を2023年2月2日に開催しました。このイベントは2022年のTikTokのビジネスを振り返り、日頃から積極的にTikTok活用に取り組んでいる広告代理店各社に対して、TikTokから感謝の意を伝えるというもの。年間を通じてTikTok for Businessを積極的に活用し、売上げで高い成果を実現し、社内外での中長期的な取り組みをしてきたことで、ビジネスインパクトを創出してきた広告代理店にアワードを授与しています。

株式会社イノベーションゼロは「TikTok For Business Agency Award 2021」のパフォーマンス部門において、成果報酬型メディアで唯一、「ブロンズパートナー」に認定されたことに続き、今年の「TikTok For Business Agency Award 2023」ではPangle特別賞を受賞されています。

ショートムービー広告に強い株式会社イノベーションゼロとTikTokにおける広告がマッチしやすいのはいうまでもないでしょう。このPangle特別賞の受賞という快挙は同社がクライアントの広告プランニングや運用で効果を上げているという証であるといえるでしょう。

表彰式は、TikTokのフォロワー数1000万人超え、テレビ番組にも多数出演し、モデル・女優としても活躍をされている景井ひなさんがゲストMCを務められました。

表彰式では、「総合部門」「Rising Star部門」「Strategic Vertical部門」の3部門、延べ19社が選出されました。2023年の受賞企業は以下の通りです。

■プラチナムアワード

株式会社電通グループ

■ゴールドアワード

株式会社サイバーエージェント

博報堂DYグループ

■シルバーアワード

株式会社CyberZ

株式会社アドウェイズ

■ブロンズアワード

株式会社オプト

■Pangle特別賞

グリーンワークス株式会社

株式会社orevo

株式会社イノベーションゼロ

まとめ

株式会社イノベーションゼロは「新しいトレンドを作り上げるイノベーターとしての最先端の広告運用」を事業理念に掲げています。クライアント企業のインターネット広告を展開していく上で、最適の広告形態を考え、メディアやプラットフォームを選択し、広告を展開していくことによって、クライアント企業のブランド力の浸透や売上アップなどのビジネスに貢献し続けています。

企業概要

  • 社名:株式会社イノベーションゼロ
  • 所在地:〒107-0062 東京都港区南青山6-12-2 AOYAMA612ビル3階
  • 電話:03-5962-7868
  • 公式ウエブサイト:https://innovation-zero.co.jp/
  • 代表取締役:熊谷 元哉
  • 取締役:菊地 基樹
  • 監査役:大澤 勇太
  • 主要事業:広告代理業、広告メディア業、美容サプリの開発及び販売ほか
  • 主要取引会社:株式会社ByteDance、Google合同会社
  • 顧問弁護士:新生綜合法律事務所

あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

News Biz

「News Biz」編集部が今話題の日本の会社や社長、商品、サービスを取材した記事のほか、アフィリエイト、広告収入等を目的としたPRコンテンツを掲載しています。

このライターが書いた他の記事

  • 株式会社YOSA  YOSAPARK(ヨサパーク)は温熱施術で健康と美しさをサポート。創業者の馬面祐二氏、社長の馬面仙江氏についても。

  • もんぐち社長 SNSをフル活用した営業スキルを向上させるオンラインスクール「eduGate」を運営

  • イネイト活性療法はどんな療法?怪しい?調査しました!

関連のおすすめ記事

  • コンテンツ評価総合1位【累計4,200部突破】副業初心者向けフリーランス養成講座【お得な副業フルセット】※全7万字

    ¥18,400184ポイント獲得
    副業オタクにゃふ~@楽過ぎる副業

    副業オタクにゃふ~@楽過ぎる副業