私小説【君の失敗】

私小説【君の失敗】

失敗だと思うから失敗になる。それを単なる通過点と考えれば、それは失敗にはならない。

とても哲学的だと思う。とても屁理屈だと思う。僕も大概屁理屈な人間だが君の失敗論には恐れをなした。

失敗を失敗ととらえられないことはとても危険を伴う。後悔という重石の存在を認めなければ、僕たちは傾向と対策に真摯に向き合えないからだ。

君の失敗は唯一、僕を笑ったことにあった。


この続きを見るには記事の購入が必要です

この続きは1,075文字 / 画像0枚 / ファイル0個
私小説【君の失敗】

私小説【君の失敗】

芍薬椿

18ポイント獲得 ¥1,800

記事を購入する

すでに購入済の方は、ログイン後に続きを見ることができます。 ログインする


この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
銀行振込・コンビニ決済にも対応。
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

短編小説家です。通勤通学のお供にぜひご愛読いただければ幸いです。フォローいただきますと新作通知が自動で通知されます。よろしくお願いいたします。

このライターが書いた他の記事

  • THE ONLY

  • 【20219-5】No,1

  • 【20228-4】No,1

関連のおすすめ記事

  • 【20228-4】No,1

    芍薬椿

    芍薬椿