【明細】リベルタサッカースクールの料金(月謝・初期費用・ユニフォームなど)

【明細】リベルタサッカースクールの料金(月謝・初期費用・ユニフォームなど)

ビジョルカ口コミ

ビジョルカ口コミ

リベルタサッカースクールを始める際に必要な費用・料金明細をまとめてみました!

一体、何にいくらの費用が掛かるのか?大きく「5つ」に費用を分類してみました。

  1. 初期費用
  2. 月謝や年会費などのランニングコスト
  3. 消耗品費用
  4. 合宿などその他費用
  5. 予期せぬ費用

はじめに超ざっくり費用を述べましょう。

  • 初期費用:30,000円前後
  • 月謝など:毎月8,000円前後+年会費8,080円
  • 消耗品:年間30,000円程度
  • その他①合宿:1回15,000円程度×年3回(任意参加)
  • その他②対外試合費用:約2,000円/月
  • 予期せぬ費用:人によりけり

これらをまとめると、結局いくらかかるかというと・・・

<初期費用>

  1. 標準で:約3万円
  2. 安く抑えると:約1.5万円(メルカリなどを利用)
  3. 新品かつ任意購入の全アイテムを揃えると:約7万円・・・。

<月々のランニングコスト>

  • 約1.7万円/月(月謝・消耗品・合宿・試合など含んだ月平均値

もう少し掘り下げて、必要な費用を具体的に見ていきたいと思います。

▼▽▼▽▼▽▼

リベルタの初期費用→3万円

初期費用も2つに分類できます。

  1. 必ず払うべき費用→入会金や指定のユニフォーム
  2. 任意購入アイテムに関する初期費用→バッグやウインドブレーカーなど

必ず払うべき初期費用→約3万円

入会金の他に、リベルタサッカースクール専用のユニフォームを揃える必要があります。

これが結構高い・・!!!(兄弟のお下がりがある場合や、別途メルカリなどで購入したものがある場合は購入不要)

また、基本的にはサッカーシューズも購入する必要がある為、初期費用に計上しています。

  • 入会金:8,300円
  • ユニフォームセット:15,300円(シャツ+パンツ+ソックス+レガース)
  • シューズ:約5,000円(指定なし)

上のきょうだいが入会している場合、入会金は8300円→800円に大幅割引となります。

無料体験当日に入会すると、ユニフォーム代金やチームジャージ代金が無料になる場合があります。

(スクールやキャンペーン内容によって異なります)

現在のキャンペーン内容を確認する

任意購入アイテムに関する初期費用

バッグや練習用のボールなど、始めに購入を勧められるグッズ達です。(リベルタも商売なので、もちろん買って欲しいと思っています。が、購入するかは任意です。)

  • チームジャージ:16,190円(ジャージ上下セット※1)
  • ウインドブレーカー(上):10,700円
  • ウインドブレーカー(下):7,500円
  • 名前入りのボール:4,700円
  • バッグ:5,600円
  • ピステ:4,200円(※)

(※1)「チームジャージ」も購入必須としているスクールもあるようです。
(※2)ピステとは、ファスナーやボタンがない頭から被る服のこと。

↑↑ピステ。
金具不使用の為、トラップするときに金具で体を傷める心配がありません。

これらは必須購入ではなく、任意購入のアイテムです。(教室によって異なる場合アリ)

なお、チームジャージは購入している人が多い印象です。

リベルタの月謝や年会費などのランニングコスト

リベルタサッカースクールの「月謝」と「年会費」は以下の通りです。

  • 月謝:8,000円前後
  • 年会費:8,080円

月謝は全国一律ではありません。サッカースクールによって実に様々。

小学生と園児で月謝額が異なるスクールもあり、練習時間もスクールによって差異があったりと、これらは月謝が異なる一因になっています。

また、都心の教室は月謝が高い傾向にあり、地方都市ほど安くなる傾向があります。(あくまで傾向です)

実際に12名の親御さんにインタビューした結果、実際に支払っている月謝額は以下の通りでした。

  1. 北海道:7,630円
  2. 埼玉 :7,580円
  3. 東京 :8,000円
  4. 東京 :10,000円
  5. 神奈川:8,000円
  6. 神奈川:8,290円
  7. 大阪 :8,300円
  8. 大阪 :6,950円
  9. 京都 :7,270円
  10. 広島 :8,290円
  11. 香川 :8,000円
  12. 福岡 :4,500円

>>インタビュー結果の詳細はコチラ

なお、年会費は年度更新時に必要で、全国一律料金8080円です。

消耗品費用→年3万円

初めにユニフォームや道具一式を揃えたら、もう何も買わなくていい!!

というのは大間違い・・!!残念ながら。。。

ソックスはすぐ汚れますし、劣化も早いです。

ユニフォームも何年も使っていると、生地がクタクタになったり、子供の成長でサイズが合わなくなったりします。

さらに、試合や合宿などに参加する場合、洗濯サイクルなども加味し、2着はあった方が良いと思うようになります。

なので消耗品費用は、概算として以下のようなイメージ。

  • ソックス:1年に5回新調→6,500円(1,300×5)
  • ユニフォーム:1年に1回新調→13,300円(上7,200+下6,100)
  • その他:1万円(ボールやらスネ当てやら・・)

上記の買い替え頻度は「多め」を想定しているものの、大体「年間3万円」程度は消耗品費が発生すると考えておいた方が良いでしょう。

合宿などその他費用→年7万円

合宿参加は任意ですが、割と多くの子供が参加します。

合宿代はスクールによって異なりまずが、おおむね15,000円前後です。(春・夏・冬休みの年3回)

1回15000円×年3回=45000円と見積もっておきます。

土日の試合に出る場合は、1回あたり1000円~2000円(スクールによって異なる)

月1回2000円×12か月=24000円と見積もっておきます。

年3回のランクアップテストなども行われます。受験料が1,000円掛かります。

併せて、年間約7万円です。

予期せぬ費用

ここまでは、ある意味「想定の範囲内の費用」でした。以下は想定していないであろう費用を列挙しました。

  • 食費
  • 電子機器(カメラ・ビデオカメラなど)
  • プロチーム試合観戦
  • DAZN

食費

食べます。食べます。食べます。た た た 食べます!!!!

まあ食欲旺盛なこと。サッカーは団体競技の中でも走る量が多く、カロリー消費量も多いスポーツです。

特に男の子はめちゃくちゃ食べるようになります。食費は月1万円アップと見積もっておくと、ビックリしないので安心ですよ…。

電子機器(カメラ・ビデオカメラなど)

練習風景やお子さんが活躍する試合を映像に残したい!

私はスマホで十分だと思う派ですが。動きへの追随や手振れ補正機能などは、やはり専用のビデオカメラの方が優秀です。

高画質・きれいな映像を残したい方はビデオカメラなどを購入しても良いかもしれません。

プロチーム試合観戦

Jリーグの試合を生で見たい!必ずといっていいほど言い出すと思います。

席によりますが、チケットだけで2000円前後は掛かります。

交通費や、現地での飲食、ビール、たこ焼き、フランクフルト、かき氷、グッズ購入、げそ焼き、ビール、唐揚げ、ビール、枝豆、ビール・・・・・

か、金掛かりますよ??

DAZN(欧州サッカー)

Jリーグの次はヨーロッパのサッカーを見たいと言い出します。

WOWOWやDAZNを契約すれば見れますが。。(いくら金掛かるんだ・・・!)

  • WOWOW:月額2,530円(税込)
  • DAZN:月額1,925円(税込)

DAZNの日本参入で、「WOWOW1強時代」よりは安価で契約できるようになったこと。それが僅かばかりの救いではあります。

リベルタサッカースクールに関わる料金まとめ

<初期費用>

  1. 標準で:約3万円
  2. 安く抑えると:約1.5万円(メルカリなどを利用)
  3. 新品かつ任意購入の全アイテムを揃えると:約7万円・・・。

<月々のランニングコスト>

  • 約1.7万円/月(月謝・消耗品・合宿・試合など含んだ月平均値)

<予期せぬ費用>

  • プライスレス、無限大・・・

↓↓↓

近所のリベルタサッカースクールを検索する


あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

ビジョルカ口コミ

いま気になっているモノ・サービスの概要や口コミをレビューしていきたいと思います。

このライターが書いた他の記事

  • エディケアEXの効果口コミ|スゴイと評判の実感力の真偽とは?

  • 【口コミ】ドクターフトレマックスの効果は本物?飲むだけでは太れない真実

  • テストフェン18000の効果をレビューします。ヒョロ→ガッシリで大人の関係に!

関連のおすすめ記事

  • 菅平高原スキー場(パインビーク)のコースとホテルの感想メモ 

    yoimono

    yoimono