クラウドWiFiはおすすめできる?他社と比較した場合デメリットはない?

クラウドWiFiはおすすめできる?他社と比較した場合デメリットはない?

モバイルWiFiで通信をしたいというニーズはテレワーク全盛の時代に高まってきています。

モバイルでネットに接続できれば自宅でも通信できますし、外でも持ち歩けば通信ができる。スマホのWiFiとして接続することも可能ということでいろいろとメリットが大きいものです。

固定回線を代わりに使うという人もいますね。固定回線は便利ですが、引けない環境にいる人や自宅外でもWiFiを持ちたいという人には向いていません。

今回新たに良いなと思ったサービスが「クラウドWiFi」というサービスです。
このクラウドWiFiはちょっとややこしいのですが、全体のシステムのことを言っているわけではなく商品名としてのクラウドWiFiを指しています。

クラウドの仕組みがWiFiにも入ってきていますのでちょっと複雑なので間違えないようにしてください。

このクラウドWiFiなのですが現在新プランが出て、料金が高くないのにも関わらず、縛りなしで契約できるという非常にメリットのあるものが出てきました。

このクラウドWiFiは多くの人にメリットの大きいサービスになると考えられます。

【縛りなし、解約違約金0】
クラウドWiFiの詳細はこちら

  • 当ページの情報は2021年4月時点での情報をベースにしています。WiFiサービスはサービス内容の変更が多いため、必ず公式ページで最終確認するようにしてください。

広義の意味のクラウドWiFiとは

クラウドWiFiですが、この商品名のクラウドWiFiとは違う意味で、広義で使う場合もあります。

今までのモバイルWiFiは今のスマホがそうであるようにSIMカードを必要としていました。docomoかauかsoftbankのどこかの回線と契約してそのSIMカードをモバイルWiFiルーターに差し込んで使用するとネットに接続できる仕組みだったのです。

これがクラウドWiFiになると、SIMが不要になります。クラウドサーバーという新しい技術を使うことでサーバー上で接続できるため、その場所において電波のあるキャリアに自動的に接続してくれます。3キャリアのうち、例えば1つしかつながらないような場所では、今まではそのSIMカードを持っていなければいけなかったのですが、クラウドの仕組みでは自動選択のため、どこか1つでもつながるキャリアがあれば利用できるのです。

これまでよりもつながりやすくなりますし、特定キャリアに依存しないということでメリットがあるのがクラウドWiFiです。

今回のクラウドWiFiはこのクラウドの仕組みを利用した個別のサービス商品名というものになっています。最新トレンドを利用したWiFiということで魅力がありますね。

契約期間の縛りなしのWiFi

クラウドWiFiのメリットは契約期間の縛りがないということ。以前は縛りがあったようなのですが、今回縛り撤廃ということでいつ解約しても契約解除料・違約金は発生しません。

これは本当に大きなメリットで、通常はモバイルWiFiの場合、2年や3年の縛りが入り、該当月以外は解約できず、解約する場合は違約金が発生するのが普通です。スマホは違約金は減ってきていますが、モバイルWiFiはまだまだ多くの業者が契約縛りを設定しています。契約解除料・違約金の平均は1万円強程度であり、これがあるとないとでは解約のときの安心感が違います。

契約期間の縛りありと縛りなしの両方のプランを設定している業者もありますが、そうした業者の場合、縛りなしを選択すると、月額利用料金が結構高くなる傾向があります。

クラウドWiFiの場合はシンプルな月額3,718円(税込)のプランのみ。縛りなしということを考えるとこの金額はかなり最安に近いレベルの料金です。

月間100GB可能かつ、途中の利用制限なし

クラウドWiFiの利用データ容量は月間100GBです。100GBあれば一般的な利用をしている分には問題なく使用できますよね。

公式案内ページにも100GBで利用できる量が掲載されています。

これくらい見られれば十分だという人がほとんどじゃないでしょうか。ネット閲覧はほぼ無限に近いレベルとして、ZOOMを毎日5時間以上行ったり、youtube高画質を1日5時間以上見続ける。そういうレベルでなければ100GBで大丈夫ということです。

このレベルを超える使用方法の場合、おそらく現状では固定回線を引くしかないかなと思われます。どこの業者ならOKというものではなく、モバイルWiFiの仕組み自体の限界という感じですね。

普通にビジネス用途やちょっとしたweb閲覧、youtubeもちょっと見るけどそんなに毎日大量ではないということであれば全く問題はありません。

途中の利用制限がないのは良い

モバイルWiFiの中には〇〇GBと言っておきながら、実際には3日間で10GBを使うと制限がかかりますとか、1日2GB、3GBを超えると制限がかかりますというようなサービスも多くあります。

ここには要注意です。月間の使用量が余裕があったとしても当日に制限にかかってほとんど使い物にならない速度に落ちてしまうのでは困りますよね。

人によってはそんなに均等にデータ消費をするわけではなく特定の日に多いこともあるでしょう。むしろ毎日決まったデータ量を消費する方が珍しい気もします。

クラウドWiFiは制限は100GBという月間のみで日々の制限はないということを明言していますので安心して利用することができます。

海外利用はオプションで付けられます

クラウドWiFiは海外利用に向いたモバイルWiFiではありません。ですが、海外利用の際にはオプションで追加料金を支払うことによって、事前申請なしで利用することができます。

世界134ヵ国ということで日本人が行くような主要な国であれば問題なく使用できます。容量は1日1GBまでで1日700円~(地域によって異なります)。1GBを超えた後は384kbpsになりますので、ギリギリWEBが閲覧できるくらいの速度は出てくれます。

決して大容量を使えたり、激安というわけではありませんが、ちょっとした旅行、出張で連絡を取るくらいなら問題はありません。

海外であればホテルではWiFiがあるはずですので移動中の連絡手段に使うような感じでしょうか。

決して海外メインではありませんが、そのまま持っていって使える、新規で他の海外用WiFiを契約しなくてもいいというのは便利かもしれません。

端末はU3

端末は今のところU3という機種を使用することが想定されています。
機種はその時期によって新機種等変更となる可能性はありますので、必ず公式でチェックをしてみてください。

今のところクラウドの仕組みを使った端末としては最新のものでほとんどのWiFi業者がこの端末を使用しています。

下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
同時接続台数10台
使用時間12時間

このようなスペックです。速度数値はあくまで理論値になりますが、このくらいの数値があれば、実務上も動画配信等でも問題が起こるということはほぼないといえるでしょう。

端末はレンタルタイプ

クラウドWiFiは端末はレンタルです。レンタルのため契約が終了したら返却しなければいけません。購入タイプと異なり端末購入費用はかからないので割安で済みますし、条件もないのですが、その代わり故障・紛失リスクはあります。

補償に何も入っていなければ、端末に問題があった場合27,500円も費用が発生してしまいます。補償プランは2つ用意されていて
・安心補償フル 月額550円 すべてのトラブル全額補償
・安心保障ライト 月額275円 故障・水没は全額補償 補償外:紛失・盗難、バッテリーの劣化が発生した場合、端末代金として16,500円の負担

このようなプランがあります。これは補償に入るのか、入らないのかが悩ましいところです。実際には壊れるケースはかなり少ないと思いますが、壊れたときはちょっと痛いことになります。だからといって月550円を支払うとそこまでの最安感はなくなってきてしまいます。

ここはリスクをどう考えるかのところになりますのでお好みで判断ということですね。

他社と比較した場合にクラウドWiFiはどうなのか?

他社とクラウドWiFiを比較した場合にはどうなのでしょうか?実はほとんどのWiFiサービスがクラウドWiFiよりも料金が高くて、サービス内容は同等であったり、同じ料金であればサービス品質が悪いというようなものばかりです。

同じ料金でも解約で違約金が発生したり、データ使用量の上限があったりとクラウドWiFiよりもメリットがあるようなところは非常に少なくなっています。

競争相手になるところとすれば、「それがだいじWiFi」というところはあります。

ここのサービスを見ると100GBで月額3,718円(税込)。全く同じです。
そのかわり、それがだいじWiFiには雑誌・漫画読み放題のアプリビューン@がついてきます。

これだけだとそれがだいじWiFiの方が良さそうですが、実際には端末買取型で2年以内に解約すると、残債の支払いが発生、また解約月以外の解約も4,950円発生します。

雑誌漫画アプリのオプションはついてきますが、純粋なコストだけを見た場合はクラウドWiFiの方が良いように思えますね。

通信品質・速度であったり、顧客対応であったり、特に両者とも悪い話は聞きませんが、見えにくい部分でもありますので、そうしたところでの差はないとはいえません。

本当に確認できる差としてはこれくらいなので、純粋なWiFiサービスのみ、短期解約の可能性あり、違約金制度は嫌だというのであれば、クラウドWiFiの方が良いですね。

まとめ

ここではクラウドWiFiのサービスについて紹介しました。

WiFiサービスを考えているのであれば、現時点においてはかなりお得で良いサービスであることがわかるかと思います。

レンタルのため故障のときのリスクという部分はありますが、それを上回る圧倒的なメリット、それが解約の縛りなし、違約金なしです。短期間でやめることになっても費用が発生しない。それにもかかわらず月額料金が高くないというのは今のところクラウドWiFiくらいになると考えられます。

ぜひ公式のページもチェックして検討をしてみてください。

【縛りなし、解約違約金0】
クラウドWiFiの詳細はこちら

【関連記事】
比較で出したそれが大事Wi-Fiについての解説記事です。
それがだいじWi-Fiの口コミ・評判は?サービス改善でお得になった?


この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

この記事のライター

良いものの紹介、また世の中の動きに対しての意見等を書いていきます。ダイエット・英語学習・サプリメント・通信・教育・働き方等のジャンルが好きだったりします。

このライターが書いた他の記事

  • Rakuten Handをテザリングとして使用すればほぼ無料レベルに!?

  • ノビエースの口コミ・評判は?中学生・高校生の身長を伸ばすのに役立つ?

  • Rakuten WiFi Pocketが大人気!まだブラックは購入できる!

関連のおすすめ記事

  • ユニクロペイがスタート 使うメリットはあるの?

    yoimono

    yoimono