楽天モバイル 1GB無料のメリット サブ端末機として価値がある!?UN-LIMIT VI(アンリミットシックス)

楽天モバイル 1GB無料のメリット サブ端末機として価値がある!?UN-LIMIT VI(アンリミットシックス)

楽天モバイルが新料金を発表ということで、話題になっています。

これまでに3大キャリアが月額2,980円のオンラインプランを出してきたということで楽天は対抗されてしまい苦しい立場になりました。

今までは携帯料金は高すぎる!ということで月2,980円使い放題、かけ放題は衝撃的な料金だったわけですが、各社オンラインで月2,980円、20GB、5分間かけ放題ということでこれで十分だというレベルのものが出てきてしまったわけです。

各社オンライン専用プランと楽天の料金プランを見てみても料金は同額で通信し放題、かけ放題ということで楽天の方が上回っていたのですが、あくまでそれは同品質の回線であったらの話。

楽天はまだ回線が弱く、auをパートナー回線として借りていますし、パートナー契約も終了する地域が出て中途半端な状態になってしまっている場所もあります。

ただ、時間の問題という面もあります。今はまだまだな場所は多いですが、ずっとこのままということはありえません。通信網が整うまでの準備期間として1年間無料ということもやっていたのです。

1年間利用者が解約のピンチ

楽天モバイルが始まったのが、2020年4月。2021年3月でちょうど1年となるため、このままでは月2,980円の有料化が始まるという流れでした。

果たして今まで楽天モバイルを始めたユーザーは月2,980円を支払って契約を続けるユーザーなのか、それとも無料期間だから様子見で入ったのであって、有料に切り替わったらやめるユーザーなのか。

サブで契約していた人もそれなりに多そうですし、様子見ユーザーも実態としてはかなり多いのではと思われます。

月2,980円は今まであれば他キャリアよりも安かったので、乗り換えて使われる可能性がありましたが、今はほぼ同じになってしまいました。

ここで楽天モバイルが大量に解約されるリスクが出てきます。

それが今回の発表につながったと思われます。

⇒楽天モバイルの公式情報はこちら

新しい楽天モバイルの料金

新しい楽天モバイルの料金は以下のようになっています。
Rakuten UN-LIMIT VI(アンリミットシックス)という名前がついています。

  • 1GBまで 無料
  • 1~3GB 980円
  • 3~20GB 1,980円
  • 20GB超 2,980円

これは他のキャリアと大きく差をつけた安い料金ですね。

他キャリアが20GBプランを出してきたと言っても、実際に20GBを使う人は限られています。

数GB使う人の料金は980円か1,980円。

これで音声通話が含まれているので、格安SIMにも対抗できる料金になりました。

むしろ下手な格安SIMよりも楽天モバイルの方が条件はいいでしょう。

1GB無料のため解約しなくてもいい

今回の楽天モバイルの料金で注目したいのは「1GBまでが無料」というところです。

月いくらかかかるのと無料は意味合いが全然違います。

無料であれば、今まで契約していて使わなかったという人も解約しなくてもいいということになります。

使わないなら無料で1GB以上使ったときにだけ料金が発生するのであれば、とりあえず契約は続けておく、または新規で契約しておいてもっておくという選択肢が出てきます。

サブSIMとして使うこともできます。

1GBまで無料なので、他のキャリアの契約が契約している通信容量ギリギリになったときに楽天モバイルに切り替えてちょっと使うという方法。

ちょっとオーバーしても月980円であれば許容範囲ですよね。

通話専用SIMとして持てば1GBを使い切るなんてことはほぼないでしょう。

ほとんど使わない人が楽天モバイルにするのもあり

今回の楽天モバイルであれば、ほとんど携帯を使わない人、ガラケーでまだスマホに乗り換えていない人等に使ってもらうというのもありかなと思っています。

通話を月に何回かしか使わないけど、連絡手段がないと困る。

こういう人の場合、月々2,980円で他のキャリアの携帯を持たなくても楽天モバイルで良さそうです。

多少使用するという場合も、まず980円か1,980円で収まります。

使わない月は料金も下がりますし固定契約よりもお得です。

ヘビーユーザーにとっては通信品質等が気になるので、サブ機、サブSIM的な使い方になるかとは思いますが、ライトユーザーにとっては、かなり使える存在となるのではないでしょうか。

まとめ

今回は楽天モバイルが新プラン発表ということで、その条件や使い勝手等を書いてみました。

3大キャリアがオンライン専用プランで追い上げてきましたが、これで再び楽天モバイルが戦える土俵ができてきそうですね。

これで後は通信網が整ってくれれば完璧になるはず。

今後も楽しみに動きを追っていきたいです。

⇒楽天モバイルの公式情報はこちら

関連記事
Rakuten Handをテザリングとして使用すればほぼ無料レベルに!?


この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

この記事のライター

良いものの紹介、また世の中の動きに対しての意見等を書いていきます。ダイエット・英語学習・サプリメント・通信・教育・働き方等のジャンルが好きだったりします。

このライターが書いた他の記事

  • Rakuten Handをテザリングとして使用すればほぼ無料レベルに!?

  • ノビエースの口コミ・評判は?中学生・高校生の身長を伸ばすのに役立つ?

  • Rakuten WiFi Pocketが大人気!まだブラックは購入できる!

関連のおすすめ記事

  • ユニクロペイがスタート 使うメリットはあるの?

    yoimono

    yoimono