今回はオリジナル曲舟唄のご紹介です。

と言っても、八代亜紀さんの舟唄ではありません。

ピアノ小品のジャンルで、舟唄というジャンルがあるんです。

日本の舟唄と言いますと、エンヤコラーみたいな船の梶を使って海を行く、みたいなメロディーの曲が多いですが、私は、それとはちょっと違うイメージで書かせてもらいました。穏やかな海を船で行くような、そんな感じを表したかったなと思います。

テンポはゆっくりで、のんびりした風景を楽しむような感じで弾いてください。

のんびりゆっくり。船を漕いでどこへいこう、、、?


この続きを見るには記事の購入が必要です

この続きは154文字 / 画像0枚 / ファイル0個
舟唄

舟唄

増田朋美

4ポイント獲得 ¥400

記事を購入する

すでに購入済の方は、ログイン後に続きを見ることができます。 ログインする


この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
銀行振込・コンビニ決済にも対応。
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

琴弾き、ピアノ弾きという二つの草鞋を履いて生活している人です。 このサイトでは、お箏の事について、ピアノの事について、私が学んできた事を、列記していきたいと思います。 まだまだ未熟ですが、お付き合いくださりますとうれしく思います。 SNSでは本名で活動していますので、ご了承くださいませ。

このライターが書いた他の記事

  • 生田流と山田流、習うならどちらがよい?

  • 六段調

  • 春夢ひとつ

    ¥400 4ポイント獲得

関連のおすすめ記事

  • 六段調

    増田朋美

    増田朋美