僕の悲しみ

僕の悲しみ

ふたりの女性がいた。

ひとりはロングヘア、ひとりはショートヘア。

ひとりは年下、ひとりは同い年。

ひとりは未婚、ひとりは既婚。

群衆は僕にひとりめの年下の女性との縁談を勧めた。当然だ。僕はロングヘアが好きだし年下のほうが好みだから。


この続きを見るには記事の購入が必要です

この続きは1,885文字 / 画像0枚 / ファイル0個
僕の悲しみ

僕の悲しみ

LAY-RON

18ポイント獲得 ¥1,800

記事を購入する

すでに購入済の方は、ログイン後に続きを見ることができます。 ログインする


あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

LAY-RON

To Kids,To You. 2033年へ それまでの歩みをラブレターに添えて

このライターが書いた他の記事

  • BROTHERs

    ¥1,800 18ポイント獲得
  • 連載コラム小説【リーダーと七人の忖度】

  • 嘘つき

    ¥1,800 18ポイント獲得

関連のおすすめ記事

  • THE ONLY

    芍薬椿

    芍薬椿