この記事を紹介してアフィリエイト報酬を獲得するには?
私小説【正答率100%】

私小説【正答率100%】

「ねえねえ、小学生の頃でも中学生のころでもいいけれどさ、答え合わせ好きだった?」

何もかもが唐突な君が泣き笑いそう俺に問いかける。くるくる変わるその表情を追いかけるだけでも一苦労なのに、気分は悪くない。わかっていない君はその度に謝るけれど、それがまた面白い。

高学歴のくせに、君のわがままに振り回されている俺はヘタレだって世の中に笑われているらしいけれどそれもまた面白いとさえ思っている。君だからね、なんでもいいんだ。


この続きを見るには記事の購入が必要です

この続きは1,470文字 / 画像0枚 / ファイル0個
私小説【正答率100%】

私小説【正答率100%】

JERUSALEM's

18ポイント獲得 ¥1,800

記事を購入する

すでに購入済の方は、ログイン後に続きを見ることができます。 ログインする


あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

JERUSALEM's

1997年4月、13歳の春は真っ青な空の如く今も僕達の心を悲しみで塗りつぶしている。赤く燃え上がる気持ちを見逃してしまったことが痛みとなってボクたちを西へと向かわせた。この街にたどり着いて早10年。この街を大王の都、エルサレムに喩えた理由を小説にしていく。

このライターが書いた他の記事

  • 雌馬とグリフォンの雄

  • 連載小説【エウロぺ艦隊の凱旋】

    ¥500 5ポイント獲得
  • 連載小説【汚し合い】

関連のおすすめ記事

  • なぜ、プロマジシャンは、女子にモテまくるのか❓

    リョウ

    リョウ