私小説【同族嫌悪】

私小説【同族嫌悪】

※最下部に新作オリジナルバナーあり

手が早い男があいつの好みだということは重々承知している。規則の中で生きる常識しか知らない女だから、とりあえず悪いことをしているような、悪いことを肯定してくれるような男が好みだった。

失敗したよ、局部に刺青でも彫っておくんだった。「SAME FAMILY」ってね。きっと相手もそういうジョークが好きだと思うから。


この続きを見るには記事の購入が必要です

この続きは1,285文字 / 画像1枚 / ファイル0個
私小説【同族嫌悪】

私小説【同族嫌悪】

JERUSALEM's

18ポイント獲得 ¥1,800

記事を購入する

すでに購入済の方は、ログイン後に続きを見ることができます。 ログインする


この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
銀行振込・コンビニ決済にも対応。
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

1997年4月、13歳の春は真っ青な空の如く今も僕達の心を悲しみで塗りつぶしている。赤く燃え上がる気持ちを見逃してしまったことが痛みとなってボクたちを西へと向かわせた。この街にたどり着いて早10年。この街を大王の都、エルサレムに喩えた理由を小説にしていく。

このライターが書いた他の記事

  • 過去形

    ¥1,800 18ポイント獲得
  • 私小説【復讐】

    ¥1,800 18ポイント獲得
  • 雌馬とグリフォンの雄

関連のおすすめ記事

  • 【20228-4】No,1

    芍薬椿

    芍薬椿