私小説【ストーカーさんへ】

私小説【ストーカーさんへ】

敬称をつけるのも馬鹿らしいがこの呼び方がどうやらお気に入りなようで、あなた方に言語を合わせて差し上げる。長らくのご愛顧ありがとうございました、ストーカーさん。語弊があるな、正しい日本語を使おうか。

才能のないクリエイター気取りのバカ女へ

俺からの最初で最後のラブレターだ。金を払って読んでくれ。損はさせない。仕事にもつながるだろう。


この続きを見るには記事の購入が必要です

この続きは1,341文字 / 画像0枚 / ファイル0個
私小説【ストーカーさんへ】

私小説【ストーカーさんへ】

JERUSALEM's

18ポイント獲得 ¥1,800

記事を購入する

すでに購入済の方は、ログイン後に続きを見ることができます。 ログインする


この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
銀行振込・コンビニ決済にも対応。
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

1997年4月、13歳の春は真っ青な空の如く今も僕達の心を悲しみで塗りつぶしている。赤く燃え上がる気持ちを見逃してしまったことが痛みとなってボクたちを西へと向かわせた。この街にたどり着いて早10年。この街を大王の都、エルサレムに喩えた理由を小説にしていく。

このライターが書いた他の記事

  • 私小説【復讐】

    ¥1,800 18ポイント獲得
  • 雌馬とグリフォンの雄

  • 私小説【寝顔】

    ¥1,800 18ポイント獲得

関連のおすすめ記事

  • 【20228-4】No,1

    芍薬椿

    芍薬椿