英語上達を急いでいる人に対応!の英語教材

英語上達を急いでいる人に対応!の英語教材

英語上達を急いでいる人。

急いでいないとしても、早く英語を身につけるに越したことはないですよね。

急いでいる人用の英語教材として、「30日間英語脳育成プログラム」というものがあるのです。

この教材です。

2週間で英語がわかったという人が91%なんて凄いアンケート回答が出ていますよね。

「30日間英語脳育成プログラム」、まだ見たことがないという人はチェックしてみてください。

★★30日間英語脳育成プログラムの詳細はこちら

教材の口コミ等をもっと知りたい!

30日間英語脳育成プログラムの口コミ等をもっと知りたい!という方についてはこちらの記事で詳しい内容を書いています。

どのような教材なのかの中身についても触れていますのでこちらの記事も見てみてください。

⇒30日間英語脳育成プログラム 口コミ・評判はどんな感じ?効果がある教材なの?

今の時代は口コミであったり、誰かのレビューであったり、そうした第三者評価を見た上で購入を決めた方がいいですね。

ホームページだけを見てわかるものもありますが、教材であったり、購入してみなければ内容がよくわからないというものはまわりの評価を見て考えてみるのが一番です。

英語を短期間で身につけることはできるの?

英語を短期間で身につける教材はこの教材もそうですが、たまに見かけます。本当に超短期で身につけることができるのかがポイントです。

2週間で91%がわかったとか本当にこの数値は驚異的な数値ですよね。

でも、これで全員がペラペラになったのかというとさすがにそういうことはないと思っています。2週間で「今までよりも」英語がわかるようになったということで、すぐにこれでペラペラになることはありえません。

30日間英語脳育成プログラムの教材も「英語脳育成」という名前があるとおり、英語脳を作って、英語を聴きとりやすくする、今後も英会話をするにつれて相手の話していることがわかりやすくなるというものであり、これでペラペラになってすべてが完成するというわけではないのでご注意ください。

英語がペラペラになるのに必要な時間

英語をペラペラに話せるようになるのに必要な時間はどれくらいなのか?

これは諸説あるものになりますが、大体2000時間~3000時間程度ではないかと言われています。アメリカの外交関連の職員を対象とする教育で日本語をマスターするのに2000時間が必要とされていたのがこの話の根拠となっています。

日本語をマスターするのに2000時間であれば、同様に日本人が英語をマスターするのにも2000時間がかかるはずです。この2000時間はもともと外交関連職員ということで優秀な人であることをベースにしています。

普通の人がマスターするということ、ある程度幅広い範囲で会話ができることを考えると3000時間くらいは見てもいいんじゃないかなと思うのです。

1日10時間勉強して300日。1日5時間勉強してざっくり2年。3時間で3年とか、それくらいでしょうか。学校の勉強であったり、これまでの英語学習を入れたら、結構なんとかなる範囲にいる人もいるかもしれません。

いずれにせよ、普通に英語を話して英語でビジネスをする、日常会話に困らない状態にするにはこのくらいのトレーニングは必要ということです。

これを考えると特定の教材だけで1ヵ月でマスターなんていうことは夢物語だということがわかります。だからといって教材がダメということを言いたいのではありません。教材によって英語脳を身につけて、そこからまた努力をしていく、英語を自在に話すためのコツを身につける、そういうきっかけになるのが教材になるのでしょう。

どういう勉強をしていけばいいのかがわからない

普通の人は英語をマスターするのにどういう勉強をしていけばいいのかがわからないはずです。

学校で英語を勉強してきて、その勉強のクセはついていても、実際の英会話を行うにあたってのトレーニング、勉強方法は身についていません。

今までの勉強の延長で英語が身につくのであれば、今この記事を読んでいることはないでしょうし、困っているからこそ良い教材を探しているのだろうと思います。

英語学習の中級者以上であれば、とにかく英語に触れることで実力を上げていくことは可能です。今はyoutubeでもいくらでも英語の動画を見ることはできますし、英語に触れやすい環境はできてきています。

ただ初心者・初級者の人がとにかく英語に触れるだけの勉強では、ただ英語が流れていくだけであり、英語を身につけるのは難しいです。多くの英語に触れて実力が上がるのはその英語をほとんど理解できる状態になっていることが前提であり、わからない人が英語を聴いてもただの雑音にしか聴こえないのです。

初心者・初級者は何か体系が整っている勉強方法を見つける必要があるでしょう。

まずは一つの教材を完成させる

今回話に出した、30日間英語脳育成プログラムも良い教材だと思います。企業・教育機関でも導入された実績のある教材であり、信頼性も高い教材です。

ただし絶対にこの教材が良いというつもりもありません。まずは一つの教材を完成させる、しっかりとやり遂げることが大事です。

この本はダメだ、この教材はダメだと次々に教材を変えても成功することは難しいです。どの教材であっても、おかしなものでない限りは基本的に英語を話すことができるノウハウが詰まっているはずです。一つ一つしっかりと完了させて積み上げていくのがポイントです。

どれも中途半端にしてしまうのが一番よくありません。英語の教材は基本的に網羅して作られているはず。その一つを極めれば使えるレベルにはなってくるはずですし、その能力を持てば応用が効いてきます。

その教材一つで単語やフレーズが足りていないとしても、身につけたリスニング力、覚えたフレーズ、これを使えば応用していけるでしょうし、最低限のコミュニケーションは取れるようになります。

どれかの教材を選べない、わからないという場合、ここで紹介した30日間英語脳育成プログラムを選んでみるというのもいいでしょう。

無料期間があるので試した上で決められる

30日間英語脳育成プログラムを選んだ場合、無料期間が8日間用意されています。

たった8日間にはなりますが、この8日間無料で試せる、いつでもやめることができるのは大きいです。

これはよくある買ってしまって失敗したということを避けることができます。

・レベルが全然合わなかった。
・教材の性質が合わなかった。
・教材の宣伝が誇張していて実際はそうでもなかった。
・やってみて続けられないと思った。
・商品価値がないと感じた。

買ってみないとわからないことはたくさんあります。英語教材の場合、最後までやって実力がつくかどうかというのもありますが、ちょっと始めてみればこの教材、勉強法はどうかと気づくこともあります。

8日間の期間があれば、最初の部分だけとはいえ、教材が本当に合っているか確かめられますよね。詐欺教材で失敗したとか、見当違いだったとかそういうことは絶対に起こりません。始めて中身を見てからやめてもいいというのは、それだけこの教材に自信があるということも言えるでしょう。

まとめ

ここでは、英語上達を急いでいる人に対応できる教材として名乗りを上げている30日間英語脳育成プログラムについての紹介とともに、英語上達について必要なことについて話をしました。

30日英語脳育成プログラムは良い教材だとは思いますが、必ずあなたに合っているとは限りません。

そして英語は短期間で英語脳を作ることはできるかもしれませんが、英語をマスターするには、ペラペラに話すことができるようになるには長期的な学習、トレーニングが必要になるということは理解しておいてください。

まずはどういうものなのか教材をよくチェックして考えていきましょう。

★★30日間英語脳育成プログラムの詳細はこちら

口コミ等の情報について知りたい方はこちらを見てください。

⇒30日間英語脳育成プログラム 口コミ・評判はどんな感じ?効果がある教材なの?

【関連記事】
英語耳を作っていくという意味ではこのような別の教材もあります。
⇒プライムイングリッシュの効果はあるの?音声変化を勉強できる英語教材【口コミ・評判】

この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

この記事のライター

良いものの紹介、また世の中の動きに対しての意見等を書いていきます。ダイエット・英語学習・サプリメント・通信・教育・働き方等のジャンルが好きだったりします。

このライターが書いた他の記事

  • ノビエースの口コミ・評判は?中学生・高校生の身長を伸ばすのに役立つ?

  • ミラドライを受けて後悔とか、再発して効果がないとかある?【実際の体験談】

  • スイングビートの効果で痩せることはできるの?【口コミ・評判】

関連のおすすめ記事

  •  『 心が壊れるほど好きだった”君”へ 』《コールド・ブロッサム版》  ”冷たい星に咲く” ー Secret Version編 ー

    ¥6,60066ポイント獲得
    SYU-YA 69

    SYU-YA 69