成果を出す営業マンほど、「断る」という真実

成果を出す営業マンほど、「断る」という真実

こんにちは。かざぐるまです。

今日は、成果を出す営業マンほど、はっきり「断る」ことができる、という真実をお伝えしていきます。BtoB企業の営業マンとして、約10年間、勤務している経験から、私なりの見解を述べていきたいと思います。

結論、営業で成果を出すためには、ざっくりと、この3つを意識することが重要です。

  1. 適度に強い意志(要所で、ぶれない)
  2. 両面からの視野(自分目線・相手目線)
  3. 感情のコントロール(喜怒哀楽)

 まず、一つ目に適度に強い意志ですが、ここぞ!という場面で、相手の意見に屈しないという姿勢が大切です。柔軟な対応もいいのですが、柔軟すぎると、発言に重みが無くなってしまいます。要するに、都合のいい人ってことです。

だからこそ、要所で、自分の意志をはっきり示すことが大事であって、仮に、その場では険悪な雰囲気になったとしても、長い目をみると信頼されるようになるのです。

 そして、2つ目の「両面からの視野」ですが、自分目線ではなく、相手目線で徹底的に考え抜くことで、圧倒的な成果に繋がります。当然だよ!そんなことは。と思った、あなた。本当に、相手目線で、考えることができているのでしょうか?

相手が社内で、どう怒られているのか?相手の社内評価は、どの部分が重要なのか?相手が今すぐに欲している成果は何なのか?言うことは、はったりなのか・真実なのか?

いろんな角度から、相手目線で考えることができます。なんならビジネスではなく、プライベートの部分も重要です。結局は人間関係や社内とのやりとりが課題になる部分が多いので、様々な情報を集めることが大事なのです。

あらゆる情報は、「雑談」から生まれます。「雑談を制するものこそ、相手目線を制す」のです。

 最後に、「感情のコントロール」をあげてみました。ここで言う喜怒哀楽は、自分自身だけでは、ありません。時には、相手の喜怒哀楽をコントロールするのです。

よく不動産の営業マンが、やる戦法なのですが(私は、好きではありません)、あえて、お客様を罵倒することがあります。メンタルがボロボロになるぐらいまで、相手を罵倒して感情を揺さぶった後、優しい言葉を投げかけるのです。

普段、営業マンをしていると、「あ~、こんな戦法か!この人は」という感じで、バレバレなのですが、営業の経験が少ない人は、まんまと騙されてしまうでしょう。

営業をする上で、「相手の感情を揺さぶる」ことは、それぐらい大事であって、感情を揺さぶられると、正常な判断ができなくなるんです。だから営業の成果に、直結するのです。

結論。この3つを簡単に出来る方法が、あります。

それは、「断る」ことです。

「熱心に営業してきていたのに、急に断られた」。「ちょっと脅したつもりなのに、響かなかった。今後の取引に影響が出たら、まずいかも。。」「この人は、屈しない人だから、言っていることは本当かも」

そんな感情を湧き起こすことが、出来るんです。

あまり「断った経験が無い」という人は、要注意!断っていくうちに、だんだん、線引きが出来るようになっていきます。失敗しながら、学んでいきましょう!

今後も、火曜日・土曜日に、記事をアップしていきます。興味がわいた方・応援してくれる方は、ぜひ、フォローをお願いします!以上、かざぐるまでした。


この記事が気に入った・役に立つと思ったらチップを送りませんか?
ライターの支援と励みになります!

あなたも記事の投稿・販売を
始めてみませんか?

Tipsなら簡単に記事を販売できます!
銀行振込・コンビニ決済にも対応。
登録無料で始められます!

Tipsなら、無料ですぐに記事の販売をはじめることができます Tipsの詳細はこちら
 

この記事のライター

吃音と共存する営業マン 相談できない悩みを抱えている人に伝えたい。 ビジネスを諦めたくない人・挑戦が不安な人・自信が無くなった人。。いろんな人の。 大人になってから「言葉が喋りにくくなった。。」と気づき、吃音の存在を知る。 「今まで簡単に出来たことができなくなった」という劣等感に苛まれ、自信を喪失するも、 諦めたくないという信念を持って、自分なりのメンタル術で克服する。

このライターが書いた他の記事

  • 「統計知識」と「営業」の親和性は?統計学を学んで得られた成長を書き記します。

  • 下準備のおかげで、吃音持ちの私でも、プレゼンを好きになれた。

  • かざぐるま@吃音との出会い

関連のおすすめ記事

  • 月の土地は詐欺だったりしないの?その値段なら購入するのもあり?

    yoimono

    yoimono